FC2ブログ

僕が七不思議になったわけ 小川晴央 読書感想

僕が七不思議になったわけ

著者  小川晴央

読書2


石橋を叩いても渡らない心配性の高校生・中崎夕也はある夜、七不思議を司る精霊・テンコと出会う。深夜の校庭に桜が舞い散る中、宙に浮かぶ袴姿の彼女は、高らかに不吉な言葉を彼に投げかけるのだった。「おめでとう、お主はこの学校の新しい七不思議に選ばれた」なんと彼は七不思議の引き継ぎに、仮登録されてしまったのだ!生きながらも七不思議の一つとなった少年の日々を綴った、思わずもう一度読み返したくなるミステリアス・ファンタジー。第20回電撃小説大賞金賞受賞作。

小川/晴央
第20回電撃小説大賞“金賞”を受賞。作家デビューを果たす

七不思議をもとにトラブルを解決していく。

解決する意味は?

中身を持たせている小説でラスト付近は胸が動き出します。

あなたにはどんな響きがありましたか?


僕が七不思議になったわけ (メディアワークス文庫)

新品価格
¥594から
(2015/6/23 20:00時点)




僕が七不思議になったわけ [ 小川晴央 ]

価格:594円
(2015/6/23 20:01時点)
感想(1件)








忍者AdMax

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本