FC2ブログ

博多豚骨ラーメンズ  木崎ちあき  読書感想

博多豚骨ラーメンズ

著者 木崎ちあき

読書2


福岡は一見平和な町だが、裏では犯罪が蔓延っている。今や殺し屋業の激戦区で、殺し屋専門の殺し屋がいるという都市伝説まであった。福岡市長のお抱え殺し屋、崖っぷちの新人社員、博多を愛する私立探偵、天才ハッカーの情報屋、美しすぎる復讐屋、闇組織に囚われた殺し屋。そんなアクの強い彼らが巻き込まれ、縺れ合い紡がれていく市長選。その背後に潜む政治的な対立と黒い陰謀が蠢く事件の真相とは―。そして悪行が過ぎた時、『殺し屋殺し』は現れる―。第20回電撃小説大賞大賞受賞作。

木崎/ちあき
第20回電撃小説大賞“大賞”を受賞し『博多豚骨ラーメンズ』でメディアワークス文庫デビュー

殺し屋。

現代社会とかけ離れた話である。

アンダーグランド、アングラの世界は小説でしか知ることは出来ない。

それが小説の醍醐味でもある。

我々は日頃平和の時代を生き、平和な暮らしをしている。

生きる!

とは何なのか?

一生懸命いきるとは?

仲間とは?


博多豚骨ラーメンズ (メディアワークス文庫)

新品価格
¥594から
(2015/6/27 10:49時点)




博多豚骨ラーメンズ [ 木崎ちあき ]

価格:594円
(2015/6/27 10:50時点)
感想(3件)








忍者AdMax

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本