FC2ブログ

不動産投資 業者のリアル 著者 藤本好ニ

不動産投資 業者のリアル
著者 藤本好ニ

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
世の中には必ず善と悪がある。
不動産投資にも善と悪が存在する。
不動産投資をするにあたりこの善と悪の区別を見抜かなければならない時代になってきた。
それは不動産投資がブームとなったからである。
ブームとなったからこそ、極悪の業者が生まれてきたのではないかと思われる。
この本は、ウィステリア・グループ株式会社会長兼代表取締役社長である藤本さんが書かれた本である。
1980年生まれで、大阪府出身、日本大学卒業後、新築区分マンション販売する不動産会社に就職、金融コンサルティング企業を経験してついに今の会社にいたる。
つまり不動産業界で生きている人間の実体験を書かれた本であるからこそ説得力がある。
世の中多くの理屈がたくさん存在する、世の中億の理論はたくさん存在するそんな中で大切な事はやはり自分で体験したことを語っているかどうかである。
そして不動産投資が縮小化するのが始まってきている。
金融引き締めが始まってきているのである。
金利の上昇が始まってきているのである。
そんな中不動産投資で成功するにはたくさんの情報集めて、自分なりに考えて行動起こす必要がある。
不動産業者の言う言葉だけを信用していたら騙されたり、詐欺にあったり、するかもしれない。
最近で行けば、かぼちゃの馬車事件である。
シェアハウスの不動産投資で一世風靡したが、蓋をあけてみれば倒産と言う驚きの結末であった。
事件の黒幕にはスルガ銀行が存在したと言われているが、確かにお金を借りる権利のない人たちにお金を貸していたのは問題であるが、それでも何も考えずに投資をしていた投資家にも問題あるのかもしれない。
よって不動産投資は投資ではなく1つの事業だと考えると言う言葉が生まれているのである。
最終的に損をするのは投資家である。
「かぼちゃの馬車事件」これで損をしたのは不動産投資家である。
それでも不動産投資と言うものは欠かせないものである。
不動産投資は江戸時代からあったと言われており、今もなお存在し続けるビジネスである。
賃貸と言うニーズがある限り、そこに提供すると言う1つのビジネスが成り立つ。
そのことにより社会に大きなメリットを生み出すと言うふうに信じている。
不動産投資をするにあたり会社の歴史は「信頼の歴史」とも言われている。
だからこそ古い会社を信用しろと言うわけではなく古い会社には信頼が高いと言う見方もできるのである。
それでもどのようにハンドリングするかは自分次第である。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?





にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「かぼちゃの馬車」事件で不動産投資ブーム、終結
新築1R業者、客付仲介会社、管理会社、買取販売会社……etc.
ブームの陰で暗躍していた「極悪な業者」の実態を大暴露

2013年4月、日本銀行の総裁に就任した黒田東彦氏が量的・質的金融緩和を導入し、
金融機関からの融資を受けやすくなったことによって「不動産投資」がブーム化。

かつて地主の専売特許だった不動産投資は、今や普通のサラリーマンでも実践可能な投資手法になりました。

こうして不動産投資ブームが過熱するなかで、収益不動産を扱う業者の数も一気に増えました。

しかし、そういった業者のなかには、投資家を食い物にして荒稼ぎをし、
責任をすべて投資家になすりつけて逃げ切るような悪徳業者も存在します。

実際に、その被害に遭う投資家は後を絶ちません。

そうした悪質な業者を見抜き、適切なパートナーを選んで不動産投資で成功するためには、
まず現在の不動産投資業界の構造やビジネスモデルを知る必要があります。

悪徳業者がどういった手口で投資家のお金を狙っているかという「リアル」を把握していれば、
被害に遭うリスクを下げることができるのです。

不動産投資の成否というのは、結局のところ、業者選びで決まります。

本書では、悪徳業者の手口やそのチェックポイントを明らかにし、
不動産ブームの陰で利益をむさぼる悪徳業者の餌食にならずに済む方法を解説していきます。

そして、本当に利益の出る不動産投資を行うための極意も示します。

悩める不動産投資家たちの一助となる一冊です。

-------- 目次 --------

第1章 拡大を続けるマーケットでのさばる
「モラルなき不動産投資業者」たち

第2章 黎明期からブーム絶頂期まで
独立と統合を繰り返す業者たちの系譜

第3章 エリートサラリーマンをカモにボロ儲け
「新築1R業者」のリアル

第4章 物件情報をネットワークビジネス方式で拡散
「客付仲介会社」のリアル

第5章 修繕工事でぼったくりを繰り返す
「管理会社」のリアル

第6章 瑕疵担保責任を負わない「四為業者」が登場
「買取販売会社」のリアル

第7章 その業者は悪徳か、優良か?
「パートナー選び」が不動産投資の成否を分ける

不動産投資業者のリアル

新品価格
¥1,512から
(2018/9/29 07:36時点)




スポンサーサイト

改訂新版「99万円以下」の資金で儲ける “ワッキー流”「ボロ物件投資」術! 著者 脇田雄太

改訂新版「99万円以下」の資金で儲ける
“ワッキー流”「ボロ物件投資」術!
著者 脇田雄太


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
不動産投資をするにあたり、ローンを組むことがネックとなることが多い。
そんな中ローンに頼らない、強い不動産投資家を目指しているのがこの本である。
サラリーマン投資をするのとサラリーマンではない人が投資をするのでは話は変わってくる。
それは当然の話である。立場が違うのである。
そこでローンを組む度胸があるのか10日が試される。
ローンを組むと言う一方踏み出せるかどうか、これが不動産投資家にとってとても大切なことになる。
しかしローンを組まずに不動産投資をすることもできるということを知らなければならない。
それはボロ物件を手に入れることである。
こちらの本ではボロ物件なら銀行融資がしまった時代でもスムーズに購入できると言うことを教えてくれている。
何よりも大切な事は、いろいろな方法論があると言うことを知るべきである。
自分の知ってることだけが方法論ではない、自分が知らないことも方法論の1つとしてなりえる事があると言うことを学ばなければならない。
そしてこの本は長崎県での不動産投資を紹介している。
こちらの著者にとっては長崎県と言うのはとても都合の良い土地だったのかもしれない。
これは長崎県に投資をしなさいと言うことではなく、自分に合った土地を見つけなさいと言う受け取り方ができる。
ローンを組まないから不安がないし、石を払うこともない、さらに資産税も安い。
うまく運営できる人にとってはこれほど良いやり方は無いかもしれない。
だからこそ一棟アパートや、区分マンションの投資ではなくボロ物件の投資を勧めているのである。
しかし大切な事は運営をしていく力である。
だからこそ仲間を作らなければいけないし、メンターと呼ばれる師匠を作らなければいけないかもしれない。
そこがネックとなるかもしれない。
よって大切な事は自分がどのような不動産投資家になりたいかを明確にしなければならないということである。
どのやり方が正しいのではなく、どのやり方が自分に合っているのかを探さなければならない。
今の時代選択肢はたくさんある、どのようなやり方を選ぶか、どのような選択をするのかはその人次第である。
だからこそ不動産投資は面白いのであり、人生は楽しいのである。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

<目次抜粋 >
■巻頭カラー 最新ボロ物件投資のリフォーム公開!
長崎港を一望できる50万円の戸建。周辺は瀟洒(しょうしゃ)な洋館が立ち並び、高級車が停まる高級住宅地ですが、この物件はエリアの外れにあり、車が入らない階段立地だったため、50万円という破格値で購入できました。
■新章 2017年夏以降、最新「30万円物件」購入事例&「ボロ物件投資」最新事情
1.ボロ物件なら、銀行融資が締まった時代でもスムーズに購入できる
1)二〇〇段以上も階段を上らないと辿り着かない家広めの戸建なら条件が悪くても「ファミリー需要」が狙える/2)個人売買で購入した斜行エレベーターの上の物件/3)長崎では「駐車場のオーナー」に嫌われてはいけない! 3万円で購入した民間駐車場の脇の物件について…ほか
2.最新の不動産投資業界の動きとボロ物件投資の関係について
1)区分マンション一棟アパート、一棟マンションそれぞれの投資利回りが上昇に/国交省、低価格物件の仲介手数料引き上げ! /「かぼちゃの馬車」問題、スルガ銀行が社内調査の結果を公表/西日本豪雨 各地で甚大な被害相次ぐ…ほか
■第1章 どんな属性の人にもメリットのあるボロ物件投資
■第2章 99万円以下のボロ物件購入で小金持ちになった方たちの実例!
実例1 坂本龍馬ゆかり、亀山社中近くの「30万円」戸建
実例2 「30万円」の一見とても接道が良い戸建
実例3 「60万円」4世帯2Kアパート
実例4 「15万円」個人間売買の戸建
コラム 12世帯で500万円のアパートを購入した友人の事例
■第3章 激安・ボロ物件の探し方「7つの鉄則! 」
■第4章 ボロ物件投資を始める前のチェックポイント!
■第5章 ボロ物件投資での融資活用
■第6章 99万円以下激安リフォームで投資費用を抑える
■第7章 ボロ物件でも満室経営を維持する方法
■寄稿 私が長崎の大家さんになったワケ! ママ投資家 岩崎えり さん

改訂新版「99万円以下」の資金で儲ける“ワッキー流"「ボロ物件投資」術!

新品価格
¥1,674から
(2018/9/26 23:54時点)




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

ガツガツしなくても月50万円以上稼げる不動産投資法 著者 安藤正高

ガツガツしなくても月50万円以上稼げる不動産投資
著者 安藤正高


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
不動産投資成功するには、成功した人の真似をすることが大切であると言われています。
例えば調査の体験が気をつけていたこと、不動産投資で失敗成功している人、不動産投資金融機関の関係者、不動産投資に関わりがある税理士表紙などから見解した内容と照らし合わすことが大切です。
不動産投資で失敗する原因は、投資金額の回収見込みがない、キャッシュフローがマイナスになっていく状況であります。
逆に不動産投資で成功する事は、投資金額の回収見込みがある、キャッシュフローがプラスになっていく状況この提供前提で話が進んでいくのです。
不動産投資は名前こそ投資となっていますが、正確には不動産投資ビジネスとなります。
投資ではなく事業となるのです。
価値の提供=入居者に満足いく居住空間を提供することです。
対価を得る=その対価として家賃収入をいただくのです。
このように不動産投資は社会に役立つ1つの事業となるのです。
不動産を購入した後は、不動産の賃貸経営をしなければなりません。
そこでポイントとなるのが設備の充実さです。
ウォシュレットの取り付けや、テレビドアホンの取り付け、インターネット回線の設置等はとても大切なことです。
これがあるのとないのとでは格段と差がつくのです。
不動産投資で失敗する人に決定的に欠けている2つの事は何かといいますと、①知識②経験である。
それを攻略するためには自らが不動産物件を購入して試行錯誤を繰り返しと言うことで経験をつまなければならないし、実際に不動産投資を経験している人から直接指導受けることも大切なことです。
高学歴、やる気や根性体力が尋常でないレベル、不動産投資をやる以前にその他の分野においての成功体験を積んで生きている、前職などで特別なスキルを身に付けているなどがある人たちが有利でしょう。
不動産投資をするにあたり自らの力だけではどれだけ時間や費用をかけたとしても到達できない領域があります。
不動産投資で失敗する人は、非効率的な試行錯誤を繰り返し結果失敗する人たちが多いです。
逆に不動産投資で成功する人は、そもそも凡人レベルでない力量があり、不動産投資で成功している人から直接指導を受けているものです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

ガツガツしなくても月50万円以上稼げる不動産投資法

新品価格
¥1,728から
(2018/9/26 23:46時点)




誰しも自分や家族の人生において、多かれ少なかれ経済的は不安はあると思います。
例えば、「給料が下がったら、どうしよう…」、「健康を害し働けなくなったら…」、「年金が将来もらえなかったら…」、「老後に備えて十分な貯金ができるだろうか…」と。
だからこそ、そういう人たちに、私は声を大にしてお伝えしたいことがあります。
「不動産投資をやりましょう! そして、経済的不安をなくし自分や家族の人生を守っ ていきましょう! 」と。
不動産投資は、今あなたが思っているほどリスクは高くなく、どんな事業や投資に比べても経済的に成功しやすいということを知っていただきたいと思います。

【本書は、次のような項目に該当する方のための本です】
・「株式投資などの他に投資を考えている」
・「労働以外での収入を毎月30万円以上確保したい」
・「自由な時間をつくり家族や自分のために使いたい」
・「余裕資金を家族や旅行、趣味、学資資金にまわしたい」
・「脱サラや独立起業、フランチャイズの加盟を検討してる」
・「不動産投資に興味がある(始めたいと考えている初心者)」
・「老後に年金に頼ることなく生活に余裕のマネープランを考えている」
・「不動産投資を始めているけれど、安定した家賃収入を得ていない大家さん」
・「スーパー大家さんでなく身近な大家さんスタイルで不動産投資を考えている」

など…そんな願いがありながらも、毎日忙しくしていて、お金の心配や将来と健康の不安を抱えていたり、好きなことや大切な人との時間も後回しになってしまっている…そんな状況にいる方も多いと思います。
おそらく、本書を手にとって頂いているあなたは、一攫千金を夢見てるわけではないが、せめて人並み、できたら人並み以上の収入を得たい。
さらに言うならば不安定な世の中で、少しでも安定した収入を得たいと願っていることでしょう。
そんなあなたの将来の迷いや不安が吹き飛び、願いが叶うキッカケになる内容を、私の実体験を交えながら本書にてお伝えしていきます。

偶然屋

偶然屋

著者 七尾与史

読書2


その「偶然」は仕組まれたものかもしれない

出会いと別れ、栄光と挫折、幸福と不幸、そして生と死・・・・・・。
運命だと思っていたことは、実はすべて仕組まれていたのかもしれない!?

弁護士試験に挫折して就職活動中の水氷里美は、ある日、電信柱に貼られた「オフィス油炭」という錦糸町にある会社の求人広告を見つける。藁にもすがる思いで連絡を入れると、面接場所に指定されたのは、なんとパチンコ屋!?
数々のミッションをなんとかクリアした里美に与えられたのは「アクシデントディレクター」という聞き慣れないお仕事だった――。
確率に異常にこだわる社長の油炭、かわいいけれど戦闘能力の超高い女子中学生・クロエとともに、里美はクライアントからの依頼を遂行していくが、あるとき「偶然屋」たちの前に、悪魔のような男の存在が浮かび上がる・・・・・・。

ブラックユーモアミステリーの名手、本領発揮!
『ドS刑事』シリーズなどで人気の著者の新たなる代表作!!

偶然に見せかけて、偶然の出会いや,,事故を起こすプロ達がいる?

なんとまぁ、ぶっ飛んだお話。

でも、いてもおかしくない世の中。

興味はそそられる。

読み始めたら止まらなくなるような内容であり、ストーリーが非常に楽しい。

どちらかと言うと洗脳的な話にはなっていくが、それでも吸い込まれていく。

さらに現代社会の闇を描こうとしているところもあり、現在の経済にも関わるような所も垣間見れる。

もしかしたら著者も現代の世の中に対し不満を持っているのかもしれないと言う疑問を抱かせるほど、心に刺さるような部分が存在する。

この辺は置いといて単純にストーリーとして楽しいものであり、働くと言う事はどういうことなのかを考えさせられるところもある。

やはり嫌々働いても意味がない。

そして人間関係がわないところで働いても意味がない。

自分が自分らしく生き生きとする所で働くことが大切であると言うことも学ぶことができるのではないだろうか。

この小説を基に犯罪に走らないでほしいと思う。

多少このような話を聞いて犯罪と言うことが頭に浮かび参考にする人がいるかもしれない。

それだけはやめていただきたい。

そのくらい衝撃のある中身である。



偶然屋

新品価格
¥1,512から
(2016/8/20 22:18時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

喋らぬ本と、喋りすぎる絵画の麗人

喋らぬ本と喋りすぎる絵画の麗人

著者 ごとうしのぶ

読書2


本が喋る声を聴くことができる高校生の恍一。
とある事件をきっかけに母を失った恍一は、父方の実家で当主の嘉代に引き取られ、
その特殊な能力を使いこなす修行をすることに…。
けれど、その曰くありげな家には、本の干渉を全く受け付けない同い年の義弟の龍一と、
膨大な書庫を管理する、本に巣食う悪魔・仰倉が同居していた!!
慣れない環境の中、恍一の修行と新たな高校生活が始まるけれど…!?

人に勧められ読書してみることに。

話の展開がよくわからないが、何かの作品が続きっぽい話の展開である。

どうやら幻想的な話、ファンタジーの話である。

こちらの世界とこちらの世界で両方が交わりあっている、そんな両方の世界の住人のやり取りの話であった。

時折男性同士の同性恋みたいな話がみえるが、それがファンタジーの世界の話かもしれない。

こーゆー話を好んで読む人たちもいるのであろう。

とりあえず1冊読んでみたが、私には合わないようだ。

しかし幻想的な世界を追い求めることが悪いことだと思わない。

幻想的な世の中というのは自分たちにとって良い世界なのだから。

少なくともそういう風に感じている人々はこの世の中に入るであろう。

リアルな世界、リアルな現実に不満を持っているのかもしれないし、不満は持ってないけどより良い世の中を目指しているのかもしれない。

そんな社会を頭の中で描くこと、それはそれで楽しい人生の送り方ではないか。

大切な事はやはり人生を楽しむことである。

自分自身の人生を楽しむためにどうすれば良いのか、どのような環境を作っていくべきなのか、それは自分自身なのかもしれない。

少なくともいろんな社会いろんな世界いろんな考え方を知るためには情報が必要である。

その情報を得るためにも本と言うものは大切なものだと私は信じている。

そんな本を購入して読書することで、本と言う業界に投資

この業界が発展するようにと願いを込めて。



喋らぬ本と、喋りすぎる絵画の麗人 (文芸書)

新品価格
¥1,512から
(2016/8/21 20:41時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

アムステルダムの詭計

アムステルダムの詭計

著者 原進一

読書2


島田荘司選 第8回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞作!
世界を震撼させたアムステルダム運河の日本人バラバラ殺人事件。被害者は「あの先輩」なのか?
私は学生時代の苦く淡い思いとともに、真相と、あのころの自分を探し始めていた。

これは『アムステルダム運河バラバラ殺人事件』について書かれている本である。

この事件を調査が追いかけながらのストーリーである。

事件を追いかける姿に、事件のないように、真実に興味をそそられて、読書しながら飲み込まれていく。

しかしこのようなストーリーを、ストーリーの展開を嫌う人が多いかもしれない。

ただこの本を読んでこのような考え方やこのような生き方があるんだなと言う、自分とは関係しないことを学ぶことができたと思う。

そして海外生活での経験が生かされる人間と海外に出たことのない人間ではやはり考え方が違うと言うことも教えられた気がする。

受け取り方は人それぞれである。

どんな受け取り方をしてどのような考えを持ったかはその人の宝物である。

そういう意味でいろんな本いろんな文字に出会うべきだと私は思う。

この本により、『アムステルダム』や、『オランダ』、『フェルメール』などに興味を持った人は多いだろう。

さらに、『松本清張』の、『アムステルダム運河殺人事件』に、興味をもち、新たな知識が展開されていくことかもしれない。

人と人とのつながりが、人と人との情報交換が新たな世の中を作り出すことを信じて、本を読む事は素晴らしいと断言。



アムステルダムの詭計

新品価格
¥1,944から
(2016/8/20 22:14時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

パスタは黒いお皿で出しなさい。

パスタは黒いお皿で出しなさい。

著者 氏家秀太

読書2


「食文化の仕掛け人」と呼ばれるカリスマフードコンサルタントが、飲食業界関係者、
さらには外食するすべての人が知っておくべき、「飲食の行動心理学」を解き明かす!

■予約が殺到する“デキる飲食店"はここが違う!
「とても厳しい! 」と言われ続けて久しい飲食業界。
清潔感、おしゃれ感のある独自性、心のこもったホスピタリティサービスなど基本を押さえるのはいまや当たり前。
だとすれば、行列のできる人気店や予約が殺到する繁盛店は、どこで、どのように差別化しているのか?
その秘訣を本書が明らかにします。

■“100人中99人"は知らない、すぐに役立つ「飲食の行動心理学」
人気店や繁盛店は、お客さんの行動から隠された心理を読み解き、それに基づいて他店にはない「ひと工夫」を実践しています。
外食と飲食店経営を知り尽くした著者が、“残念なお店"は知る由もない、「パスタを黒いお皿で出すのはどうして?」
「女性客がトイレで必ずする“ある秘密"とは?」「生ビールを注文から30秒で出すのはなぜ?」
「ディナーは6時45分から予約を入れる?」などの利用客の行動心理を読み解き、
それを逆手にとった「目からウロコ」の費用対効果抜群の手法を余すところなく一挙に公開します。

■飲食サービスを提供する側も、利用する側も「飲食」が100倍楽しくなって得をする!
一流のビジネスパーソンにとって、『ビジネスの最強ツールは飲食の行動心理学』という著者独自の斬新な視点で執筆された、
章末コラムとして掲載の「『とりあえず生! 』と注文する人は年収がバレる!?」「飲み会の席での口グセから人の本性がわかる!?」
「飲食店が許せないイマイチな男のマナーとは!?」なども、飲食業界関係者はもちろん、
外食をビジネスチャンスと考える多くの人が知っておけば得をする“面白い情報"が満載です。

今の時代飲食店は清潔感を求められている。

特にトイレである。

そして飲食店に置いて鍵となるな女性である。

女性が好む店づくりというのが1番大切であろうこれからの時代は。

だからこそトイレをきれいに、清潔感のある場所に、スペースにしなければならない。

人が何かを購入しようとするときに3つのキーワードが上がる。

1つ目は健康、2つ目はお金、3つ目はセックスである。

この3つに関連したことに人は興味を示だし、お金を使おうとする。

何故、パスタは黒いお皿でだすのか?

この質問に対しての答えは、ブッフェにある。

色のトリックにより、白いお皿にパスタをのせるより、黒いお皿にパスタをのせる量が少ないからである。

おそらく、抑制が効いているのであろう。

これは、ブッフェでのコストを下げるためのマネージメントである。

本来は、コストが上がった分、売値をあげれば良いのだが上がらないのが現状。

だから、仕方なくコストが下がる方法として、ブッフェでのお客の取り分を減らす工夫が生まれてきている。

本来はサービスの向上により、競い合って欲しいのだが、せかちない現在では難しいのであろう。

売りたいメニューがあるから、売れないメニューを作る。

これまた、人間の心理をついた作戦である。

今や、モノを売るのも、食事をさせるのも努力がいる。

待っていても来ないからである。

だからこそ、買わせる技術、食べさせる技術が問われている。

やはり、競争社会が生み出した副産物である。

しかし、何かのせいにしても始まらない。

そんな世の中だからこそ自分の判断技術レベルをあげ、選んで投資というお金の使い方をする必要がある。

最初の飲み物を何秒で出せるか?

ファーストコンタクトでのお店とお客さんとの印象になる。

人間は必ず失敗する生き物である。

だからこそ最初にプラスアルファを持ってもらうために印象で接するように心がける。

そのような努力を繰り返して人は信頼を得ていく。

これは飲食店に限らず、人生の生き方に関しても関連することではないかと思う。

そして右側から接客する。

これが上質なサービスのコツである。

人間はどうしても利き腕が右手の方が多い。

だからかもしれないが右側から接客されると優位に立たれた気分になる。

逆に言えば右側から接着すれば中に立つことができるのである。

すべての人間ではないが、もちろん例外もいる。

しかし右側にポイントがあるのは明らかである。

いい店と悪い店の判断基準は何か、と聞かれたら答えが1つだけある。

いい店は他のスタッフが料理を運んでいても皿などを洗っていても一旦手を止めて立ち止まり、お客さんの顔見ていらっしゃいませと言う。

悪い店は他のスタッフはお客さんの顔を見ないでいらっしゃいませと言う。

やはり会社もお店も人である。

素晴らしい空間ていうのは人が作る空間である。

どのような人間と一緒に仕事をするのかが1番大切である。

環境が人間を作る。


パスタは黒いお皿で出しなさい。 1%の人だけが知っている飲食の行動心理学

新品価格
¥1,620から
(2016/8/20 21:56時点)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

ストーリー・セラー

ストーリー・セラー

著者 有川浩

読書2


妻の病名は、致死性脳劣化症候群。複雑な思考をすればするほど脳が劣化し、やがて死に至る不治の病。生きたければ、作家という仕事を辞めるしかない。医師に宣告された夫は妻に言った。「どんなひどいことになっても俺がいる。だから家に帰ろう」。妻は小説を書かない人生を選べるのか。極限に追い詰められた夫婦を描く、心震えるストーリー。

妻が重い病気にかかったらどうしよう、そんな重い気持ちになる始まりである。

すでにこの展開から胸を打たれるようなストーリーを求めてしまう。

小説のいいところは、実際に体験できないところを体験できることである。

そのことにより1人の人間として心が豊かになること、これが1番大切だと私は1人の人間として思う。

死ぬ時を看取りたいほど、愛した人はいますか、愛したことはありますか、愛してますか?

こんな投げかけが頭に浮かんだ。

生涯を共にするということは、どういうことなのか、この問に回答があるとすれば、どんな回答をします?

相手を想い続ける事の幸せをこの小説体験出来る。

最初の話では妻が死ぬ話であり、次の話は旦那が死ぬ話である。

どちらの話はよりあなたの心に響いたかは、その人それぞれである。

しかし共通している事は、人は死と向き合うことで生きることの大切さを学び、周りにいる人たちの大切さを学ぶ。

人は1人では生きていけない。

だから支えあってお互い助け合って生きていく。
しかし人間はあまあた生き物である。

どうしても自分に甘えが出てしまう。

だから周りの人間を傷つけてしまう。

しかし、後悔するのも人間である。

後悔すると言う事は良心が残ってるという事でもある。

そんな、心を持ちながらも私たちは失敗を繰り返して、トライ&エラーを繰り返して成長していく。

その気持ちをこの小説ストーリー・セラーで学ぶことができるのではないかと思われる。

この話がフィクションなのか、ノンフィクションなのかは、わわからない。

そんな文章が最後の最後に見つかる。

生きることの素晴らしさ、周りにいる人の大切さを再認識するための小説として最高の小説かもしれない。

いや著者の言葉を借りれば、最強の小説かもしれない。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

ストーリー・セラー (幻冬舎文庫)

新品価格
¥583から
(2016/8/11 19:01時点)


sex

sex

著者 石田衣良

読書2


好きな人とたくさん――。
夜の街灯の下で。図書館の片隅で。入院中の病室で。異国の地で。最後のデートで。まぶたの裏で、なにものかに祈りながら。性がゆたかに満ちるとき、生は燦然とかがやく。だからセックスは素晴らしい。頭と心と身体が感じる最高の到達点を瑞々しく描いた、すべての男女に贈る感動の12編。

●夜あるく
●文字に溺れて
●蝶をつまむ
●絹婚式
●クレオパトラ
●ソウルの夜
●白い夢
●落葉焚
●最後の滴
●二階の夜
●ダガーナイフ
●純花(すみか)

今回は勧められて読む事にしたこの本。

石田衣良氏と言えばIWGPのイメージ。

一世風靡した記憶。

さて、今回石田衣良氏がどのような物語を書くのか楽しみである。

これは短編集である。

色々な物語を集めて、世界にばらまいている。

非常に悩ましい、本。

エロス芸術の違いは?

境界線は?

そんな言葉が思い浮かぶ。

とらえる人によっては、文学にもなるし、とらえる人によっては、単なるエロス

どうとらえるかはその人次第。

人類が反映していくためには男と女は欠かせない。

今社会では不景気と低成長により保守化する人が増えてだんだん性から遠ざかり、草食系男子が増え未婚率が上昇し、経済的な事情で結ばれない2人が増えている。

これは貧しい国、日本に結びつく可能性が非常に高い。

少子化対策も踏まえて、もっと明るい社会を作って欲しいと思う。

そんな思いから作られた小説はこの小説である。

見方によれば単なるエロスかもしれないが、見方によれば社会に訴える小説ともなる。

どのように捉えるかはその人、しだいである。



sex (講談社文庫)

新品価格
¥596から
(2016/8/3 10:14時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

全国民が豊かになる最強の地方創生

全国民が豊かになる最強の地方創生

著者 三橋貴明

読書2


交通インフラの整備で日本は爆発的に成長する! 日本全土を新幹線でつなげ! マイナス金利の今こそ、巨大公共投資の絶好のチャンスだ!
新幹線や高速道路網など日本全土での交通インフラの整備で、豊かな暮らしを日本に取り戻す、真の地方創生策を提言する。現在の東京一極集中が地方との格差や少子化を生み、日本の危機だと喝破。交通インフラの整備による需要創出、生産性の向上、国民の実質賃金の引き上げで、さらなる経済成長の実現を訴える。
安倍政権による亡国の競争政策を徹底糾弾。政府やマスコミによる洗脳から読者を解き放ち、日本経済の真実や再生戦略が見えてくる。実質賃金や経済成長など、本書でしか読めない本当の経済常識も身に付きます。

経済成長なくして日本の未来は無い。

そういう発想のもと、著者である三橋貴明氏はこの本を書かれたみたいだ。

生産年齢人口の減少がとにかく心配である。

そしてこの対策として、生産性の向上である。

生産性の向上さえすれば、生産年齢人口の減少が起きたとしても供給不足になる事は無い。

だからこそどうして付加価値を上げる生産性の向上が必要である。

それともう一つ交通整理である。

人が動く、ものが動くこれが1番のポイントであろう。

人が集まるところに経済は集まるし、ものが動くところに経済は動いてしまう。

だから交通網の整備が必要である。

それが1番進んでるのがやはり日本では東京である。

だから日本では東京一極集中と言う現象が起きてしまう。

お隣韓国もそうであるソウル一極集中と言う現象が起きている。

これがいいことなのであろうか、はたまた悪いことであろうかそれがこの本に書かれている。

今私たちはあなたの時代に突入をしようとしている。

その中で私たち一生懸命生きている。

幸せの方ももいれば、不安でたまらない毎日を送っている方もいるであろう。

だから恐ろしい事件が起きているし、見たくもない事件を見てしまう。

それでも私たちを幸せになることを求めて生きていく。

幸せになるために経済も必要である。

お金だけが全てではない。

しかし満足するような人生を送るためにはお金も必要である。

とにかく日本を狭くすることである。

新幹線をもっと発展させて、もっと全国にはらせてもっと日本を小さくすることが大切である。

日本が小さくなることにより生産付加価値が上がり、生産性の向上が起こる。

だからとにかく日本を小さくすることが大切である。

今や新幹線の技術はまだ日本かもしれないが、新幹線のスピードに関しては中国のが上である。

ものづくりにおいて、生産量が多いほど発展する。

中国に抜かれるのも時間の問題かもしれない。

さらに高速道路に関しては6車線以上の高速道路に関してはすでに韓国に負けている。

日本のインフラが至るところで負け始めている。

何に力を入れてなににお金を使うかをはっきりさせて、発展を促す必要性がある。

そのためには日本国民が床にお金を使うかも大切になってくる。

さらにこのような状況を知るためにも書籍にも投資をする必要がある。

もっと色々な情報が入る社会にするためにも、私は本を読むだろう。

本を読むことにより、本の業界に投資をすることにより、より良い本が逆に出てくることを望む。

私は出版業界とは全く関係ないが、本を読むということが大切だと思っている。

だから私は本を買って本を読むことにより出版業界を応援している。






にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

全国民が豊かになる 最強の地方創生

新品価格
¥1,512から
(2016/8/11 19:08時点)


東京23区の新築マンションで利回り8%を超える!「最強物件企画」の進め方 著者 塩田寿弘

東京23区新築マンションで利回り8%を超える!「最強物件企画」の進め方
著者 塩田寿弘


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
これはどのようなことかと気になります。
どのような不動産投資東京23区新築マンションで利回り8%が超えるのでしょうか?
結論はわかりました。
それは、新築企画投資です。
業者に全てを1人するのではなく自分自身で企画して自ら創出する方法が新築企画となります。
なるほどこういう考え方で、こういうやり方を実践すれば確かに利回り8%は獲得できるかもしれません。
このやり方が正しいと言うわけではありません。
この著者にとってこのやり方が正しかったと言うことです。
正しいかどうかはその人によって変わってきます。
その人の置かれている状況に打って変わってきます。
よってこのやり方が間違ってるわけではありません、あくまでもこの著者にとってこのやり方が正しかったと言うことです。
少なくともこのやり方で成功されていると言う事は間違いありません。
よってこれを参考にして真似するのも1つの手です。
しかし自分に合ったやり方を、探すことが1番大切ではないでしょうか?
ただ言える事は、不動産投資はやはり東京を中心に回ってると言うことです。
これに関しては大抵の方が同じこと言われています。
東京であれば失敗するリスクも少なく成功する確率が高いと言うことです。
利回りは低いのかもしれません。
しかし東京で居ればインカムゲインが狙える上に、キャピタルゲインも狙えるということを考えなければなりません。
日本はやはり東京を中心に回っているのです。
さらにはこの著者の考え方として木造アパートではなく鉄筋のマンションにすべきと言うことです。
自分が住みたいと思う言え、自分だったら選ぶと思われる家などがこれから先も選ばれていくのかもしれません。
しかしそこには個人的主観が入ってしまいます。
その個人的主観が平均的であれば問題ないでしょうが、個性的であればそれは選ばれる可能性もありまし選ばれない可能性も出てきます。
非常に難しいところであります。
それでも価値の高い資産を作っていく、それは投資家の夢ではないでしょうか?
価値の高い資産価値の高い不動産、価値の高いまちづくりそして価値の高い社会、価値の高い国作り、皆が協力をして住みやすい世の中になってほしいと考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

本書は、東京23区で利回り8%超の新築マンションを企画し自ら創出する手法=「最強物件企画」の優位性と具体的な進め方について、詳述しています。
この経済的な威力は凄まじく、1棟でも1億円の儲けを実現した事例も紹介しています。
規模の拡大にこだわらず、この最強物件を一定期間保有し、適宜組み替えていくことで、人生100年時代を生き抜く、長期安定的な財務基盤を築くことが可能となるのです。

東京23区の新築マンションで利回り8%を超える! 『最強物件企画』の進め方

新品価格
¥1,728から
(2018/9/15 19:14時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

"中古ワンルームマンション"投資の秘訣!東京オリンピック直前版 著者 芦沢晃

"中古ワンルームマンション"投資の秘訣!東京オリンピック直前版
著者 芦沢晃



新たな知識を求めてこの本と出逢う。
不動産投資をするにあたっても、いろいろな投資方法がある。
その中で私も実践している、ワンルームマンション知識情報を入手しましょう。
そして東京オリンピック直前が近づいてきている。
これにより不動産価格の暴落が騒がれているが、果たしてどうなることやら。
現金で購入できることが、中古ワンルームマンションの良いところであります。
しかし現在は中古の価格が上がっています。
むしろプレミアム化しております。
よって現金で購入することが非常に難しいことになっております。
もちろん築年数が古い物件、駅から遠い物件は安い価格で市場に出回ってます。
しかしそのような物件がどのような価値を持つのか疑問に思われます。
日本はこれから人口減少に入っていきます。
そのような立地が悪い物件は淘汰されていくと考えられます。
私たちはそのような世の中で生きていかなければならないですし、私はそのような世の中で不動産投資を行いたいと考えております。
大切な事はキャピタルゲインではなくインカムゲインでどのように稼ぐかです。
それはインカムゲインでの稼ぎを期待して計算しているからです。
もちろんキャピタルゲインでの稼ぎを期待しているのであれば考え方は変わってくるでしょう。
何が正しいのかではなく、自分がどのようにしたいのかが大切なことです。
これは不動産投資に限らず、自分自身の人生の生き方に関わってきます。
自分がどのような人生を送りたいのか考えたことがありますでしょうか?
自分がどのような人生を送りたいかを明確にして、どのように稼ぎを生み出し、どのような生活を送る、最後はやはり成功からの逆算となるかもしれません。
未来は誰にもわかりません。
しかし世の中公開する人たちは多いのです。
だからこそ後悔しない人生の送り方が大切なのです。
そのためにはどのような生き方をすればいいのかを考えなければなりません。
その生き方が間違っているわけではありません。
人とは違うだけかもしれません。
大切な事は自分自身が幸せだと思っている時間がどれだけあるかです。
そう思える時間が多い人は幸せな時間の過ごし方をしていると思います。
そう思えない時間が多い人は人生を見直した方が良いのかもしれません。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

〔目次抜粋〕
■新章 東京オリンピック直前の最新「ワンルームマンション投資」事情&私の48室目〜54室目の詳細
◆2018年潮目期の中古ワンルームマンション投資思考
◆高騰期でも新規購入できる秘訣は運営全体を睨んだトータルバランス最適戦略 ◆兼業大家としてサラリーマン生活を全うした実例(私の半生)から、「最適」な選択をシミュレーションしてみる
■第1章 区分投資で成功する条件とは?
■第2章 まず「スタンス」ありき
■第3章 東京オリンピック開催までの中古区分投資動向
■第4章 失敗から学んだ、正しい区分物件の価値基準
■第5章 自己資金をどうするか?
■第6章 どのルートでどう探すか?
■第7章 大家さんスタート・・・その前に
■第8章 管理組合の実態
■第9章 大規模修繕への先手対策
■第10章 出口と売却の考え方
■第11章 財政破綻と大地震に備える
不動産投資家 沢孝史氏 より本書への推薦

東京オリンピック直前版 “中古ワンルームマンション"投資の秘訣!

新品価格
¥1,674から
(2018/9/14 23:36時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

少数株主 著者 牛島信

少数株主
著者 牛島信


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
上場企業非上場企業、言葉はよく聞くが理解している人はどのくらいいるのだろうか?
株式投資をしている人たちは大抵が理解してると思います。
しかしその理解に価値があるのかどうかは別の話です。
あなたが株式投資をしているのであれば当然の知識だと思いますし、株式投資は一切してない人達は必要のない知識になるかもしれません。
もちろん会社の上層部に立つ人にとっては必要な知識なりますけど。
会社の出世を諦めた人からすれば意味のない知識となるかもしれません。
という事は、つまり価値観というのは人それぞれということです。
あなたにとって幸せなことでも、他人にとって幸せなこととは限りません。
他人にとって幸せなことが、あなたにとって幸せとも限りません。
よって人は人と比べたがありますが、人と比べても何の得もないと言うことを実感しなければなりません。
そこにあなた自身の幸せが隠れていると思います。
そこにあなた自身の価値観が隠れていると思います。
ですから人と比べるのではなく自分にとって何が楽しいのか、自分にとって何がワクワクするのかを感じ取ることが大切なことだと私は思います。
そうすることによりあなた自身の生き方が変わってくるでしょう。
そうすることによりあなた自身の宿命、存在価値がわかるでしょう。
そういう意味ではいろんな本を読んで、いろんな知識を得ることが、あなたの可能性を広げるのです。
だからこそ読書は大切なことだ!
だからこそ読書をすることを勧めるのです。
そこがビジネス本であろうと小説であろうと、あなた自身の知識を広げることに変わりはありません。
株主にも色々な人生があり、色々な生き方や考え方があります。
だからこそ、自分の考え方だけが正しいのではなく、他にもあるという事を知らなければなりません。
株にしろ不動産投資にしろ、自分が投資したものに対してどのような世の中に貢献しているかを考えていく時代に突入しました。
それはつまり、これからどのような未来になって欲しいかと言うことにもつながっていきます。
これからはお金を稼ぐ、お金を使う大切さを考えていかなければならない時代になりました。
明るい未来に向けて、安心できる未来に向けて、私たちに何ができるのでしょうか?
そしてよりよい未来に向けて、安心して住める未来に向けて、今自分に何ができるのか?
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

紙くず同然の株券が、大金に変わった!

豪腕弁護士とエリート経営者が
非上場企業の株を買い上げる会社を設立!

非上場企業の株を買い上げ、公私混同し放題、経営努力を怠る経営者を糾弾する!

今まで紙切れも同然だった非上場会社の株が大金に変わる道筋ができたとき、日本経済は復活する

少数株主

新品価格
¥1,728から
(2018/9/11 19:37時点)




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

官邸襲撃 著者 高島哲夫

官邸襲撃
著者 高島哲夫



新たな知識を求めてこの本と出逢う。
これまた物騒な題名となる物語である。
日本の官邸を襲撃する、いまいち想像がつかないであろう。
それだけ日本と言うものは安全に守られた国だからです。
しかし危機感を募らせると言う意味では、この小説もまた1つ社会派小説となるかもしれません。
この小説でいけば日本の総理大臣は女性の総理大臣となっております。
まだ女性の総理大臣は日本では達成しておりません。
しかし将来はその可能性は大いにあると思います。
ですからこの小説の中で女性総理大臣がどのような活躍をするのかが非常に楽しみであります。
なんと、スピード感があり、リアリティーがある物語であろうか?
こんなにもページをめくる手が止まらない事は久々である。
アメリカ大統領になど、現在のドナルドトランプ氏にそっくりな印象受けさせてくれるである。
弱みを握られる点などが娘などは、あるある、ありそうと呟いてしまう。
それは小説の物語にリアリティーを感じているからである。
だからこそ、小説は面白い!
そこに勇敢に立ち向かうのは1人の女性警護官である。
女性の総理大臣に、女性の警護官、これからは女性の時代である事を教えてくれている。
犯行の動機も非常に面白いものである。
シェールガス発掘に纏わる事故である。
これもまた、あるあるとつぶやいてしまう。
このリアリティーがこの物語に吸い寄せられていく要因の1つである。
このようなことが起こらないと思うが、このようなことが起こっても仕方がないと思うのは私だけではないでしょう。
それほど世界は不安定な時代に突入しています。
だからこそ、安心して生活できる世の中にしなければなりません。
そのために必要な事はなんだろうかを考えなければなりません。
現在のお金の使い方に、将来の安心はあるのでしょうか?
お金を使うと言う事はそのモノやその業界に投資をすると言うことです。
その投資をすることにより、その業界は新たな商品を生み出していくのです。
本の業界もまた同じです。
本を読んでくれる人がいるからこそ、新たな本が生まれるのです。
本を読まない人が増えれば、本の業界の発展は小さくなってしまいます。
どんな本が良いかではなく、本を読むと言うことが大切だと学ばなければなりません。
新しい時代の幕開けに向けて、新しい知識を手に入れて新しい自分を見つけにいきましょう。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

テロ集団が、首相官邸を制圧! 首相官邸は戦場と化した! 女性SPが挑むのは、まるで「ダイ・ハード」的状況! ?
日本初の女性首相とアメリカ国務長官が首相官邸で会談中に、テロ集団が官邸を占拠。首相と国務長官が人質となる。首相付きの初の女性SPとなっていた夏目明日香が、重傷を負った上司の指示のもと、たった一人、テロ集団に立ち向かうことに。官邸の外では日米の救出部隊が一枚岩になれずもめるなか、アメリカ大統領をも巻き込むテロ集団の意外な目的と作戦が明らかになり……。政府の指示系統崩壊、米軍の介入、その混乱に乗じるテロ組織。しかし、明日香の行動が少しずつテロ組織の計画に狂いを生じさせていく。
日本の安全保障政策に警鐘を鳴らす、渾身のクライシス小説。

官邸襲撃

新品価格
¥2,052から
(2018/9/11 19:34時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

NOをYESに変える『不動産投資』最強融資術 著者 安藤新之助

NOをYESに変える『不動産投資』最強融資術
著者 安藤新之助


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
まずは不動産投資の世界に踏み込む事である。
不動産投資をしない方にはあまり、読む価値はないかもしれません。
知識の1つとしての読書なら価値があるかもしれません。
自分が何を求めているのか?
自分が何を探しているのか?
これを明確にしなければ時間の無駄になるかもしれません。
全ては自分次第となるのです。
今回はどのようにして、有利に融資を引き出すのかがポイントとなります。
不動産投資の良いところですが、融資をしてもらって投資をできると言うところが他の投資と違って良いところです。
株式投資や、投資信託等はお金を借りることができません。
しかし不動産投資に関してはお金を借りることができます。
だからこそこのような有利に融資を引き出す技術、やり方と言うのは大切なポイントとなるのです。
まずは銀行の仕組みを考えなければなりません。
銀行も地方銀行と信用金庫と都市銀行とあります。
その中でも銀行が1でも貸したくなるような人になることが大切なことです。
そして銀行が1でも貸したくない人のポイントを見つけなければなりません。
自分自身がお金を貸したくなるような人材なのかどうかを銀行側の立場になって考えなければなりません。
見方を変えることにより、自分自身の成長につながるということです。
特に銀行訪問する上で気をつけなければいけないのが、飛び込み訪問です。
飛び込み訪問はせっかくのチャンスを無駄にしてしまう可能性を秘めています。
せっかくのチャンスですので、無駄にしてはいけません。
そして1秒で好印象持たれる準備をしなければなりません。
安心材料を積み重ねることがとても大切なことです。
大切な事は時間管理です。
時間を大切にしている人たちはお金を大切にしています。
チャレンジすることが無駄になることではありません。
チャレンジをしないことが無駄な時間を作る可能性があります。
だからこそどんどんどんどんチャレンジをして自分自身成長しなければなりません。
人間は死ぬまで学び続ける生き物です。
だからこそ人間は死ぬまで学び続けなければなりません。
その学ぶ機会として、チャレンジをすることがとても良いことだと思います。
もちろん読書することも良いことだと思います。
明日は新しい自分に出会うために、明るい気持ちで日々過ごしましょう。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

コネなし、金なし、実績なしの
年収400万のサラリーマンが日本一融資の厳しい名古屋で
金利0.6%、計16億の融資を獲得したノウハウ。
「完璧!」とまで担当者に言わしめた資料フォーマット収録。
某金融機関の現役支店長の推薦&書き下ろしコラム収録!

本書は、不動産投資の融資術に特化した本です。
不動産投資における融資は、成功の9割を決めるといわれています。
いい物件を見つけたとしても、融資が通らなければ購入することはできません。
物件購入が不動産投資の入り口なら、融資はそれより大切な土台にあたるのです。

・はじめて訪問するときはどうすればよいの?
・どんな資料を準備すればよいの?
・担当者と何を話せばよいの?
・案件が通りやすい時期ってあるの?
・ぶっちゃけ、金利を下げる裏技とかってあるの?
・定期的に融資を受け続けるノウハウは?

など、金融業界のジョーシキ、訪問、交渉、アフターフォローまで
「融資獲得」のためのすべてが書かれています。
大家になりたいが融資で苦戦している初心者はもちろん、
さらに規模を拡大したい現役大家さんまで幅広くオススメできる1冊です。

●目次
第1章  1でも多く借りるための融資の超基本
第2章 獲得率を劇的に上げる最高の訪問法
第3章 1秒で好印象を持たれる無敵の準備
第4章 初交渉でもうまくいく鉄板フロントトーク
第5章 金利を超有利にする最強交渉術
第6章 99%のYESを引き出す神プレゼン
第7章 新之助流 融資「魔法の5原則」
第8章 永遠に融資を受け続ける一流のアフターフォロー

●プロフィール
不動産投資家、家賃収入1億超のメガ大家。日本最大の不動産投資サイト「楽待」コラムニスト。
愛知県出身。「日本一融資審査が厳しい」といわれる名古屋にて、
年収400万のサラリーマン時代から、リーマンショック後の厳しい環境の中、
7年で総額11億4000万の融資を引き出した「融資獲得術」の第一人者。
金融機関からの総資金調達額は16億3000万
都市銀行、地方銀行、信用金庫、合計9つの金融機関と取引し、
保有10物件の金利レートは3〜10年固定で、0.6〜1.3%、
うち9割の物件が金利1%以下という驚異的なレートを叩き出している。

NOをYESに変える「不動産投資」最強融資術

新品価格
¥1,620から
(2018/9/11 19:27時点)




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

amazon世界最先端の戦略がわかる 著者 成毛眞

amazon世界最先端の戦略がわかる
著者 成毛眞

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
利益投資に回す、そして企業の拡大を図る。毎年数千億円も費やして、超大型の物流倉庫や小売店を次々と建設し続けている。
まさに企業の鑑ではなかろうか?
amazonが決して良いわけではない。
しかし、近年で一番成長している企業であることは間違い無い。
だからこそアマゾンを知ると言う事は、未来の計画を知ると言うことであると言われている。
アマゾンと似たような商売と言えば日本ではなくてになる。
しかし楽天とアマゾンでは全然違うと言うことを学ぶことができる。
楽天はあくまでも楽天市場と言う市場を出しているだけである。
そこで楽天は商売してるわけではない。
しかしアマゾンは自分でものを仕入れて自分で販売している。
だからこそ立ち上がりには時間がかかるかもしれないが、立ち上がってしまえばアマゾンが有利に商売を進めることができる。
そこで生まれたのがアマゾン価格である。
これからの時代アマゾンなくして生活できるのか不安になってくる。
いかにアマゾンと関わっていくのかが大切な時代となってきた。
しかし、気をつけなければならない事がある。
アマゾンプライムである。
Amazon Primeが将来値上げをする可能性がある。
なぜならアメリカでは値上げに値上げを繰り返して現在の価格にあるからである。
予定日本の将来、値上げする可能性があると言うことである。
アマゾンにはキャッシュがたくさんある。
そしてアマゾンと言う会社は設備投資を繰り返して大きくなった会社である。
設備投資の大切さをどの企業よりも知っているのがアマゾンでやる。
だからこさアマゾンは上り調子である。
これから先もアマゾンの勢いは止まらない、まずはアマゾンゴーである。
どんどんどんどんテクノロジーの進化に追従するのでアマゾンと言う企業である。
そしてこれからはアマゾンエコーが始まるのである。
「いつものビールが欲しい」と叫べばアマゾンからビールが届くのである。
アマゾンはどんどんどんどん進化していく。
その進化についていけるかどうかが時代の分かれ道になってきている。
テクノロジーの面でも、ファッション業界を根本から変える可能性があるのでアマゾンである。
ファストファッションのシェアもテクノロジーで根こそぎ奪う可能性がある。
これから先アマゾンで世界を制するかもしれない。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

●アマゾン1社さえ分かれば、最新のビジネス感覚が身につく●
アマゾンという企業を研究することは、これからの最新の経営学を学ぶことと同じです。
「ビジネスモデル」「キャッシュフロー」「AI技術」「会員サービス」など、ありとあらゆる革命がこの企業にはつまっています。
アマゾンは、あっという間にさまざまな業界に入り込み、それぞれの大企業を脅かす存在になりました。

いったい、それはどうしてなのか。アマゾンは何をしているのか。

この本では、「小売り」「資金」「クラウド」「会員サービス」「M&A」「物流」「テクノロジー」「組織」などの面から、元マイクロソフトの社長である成毛眞氏が徹底解説。
この1社さえ押さえておけば、世界で今何が起こっているのか、現代のビジネスマンや企業家が知っておくべき最新のビジネス感覚を身に着けることができます。
【本文より抜粋】

序章 アマゾンがなかったら生活できないかも

アマゾンが秘密主義なのはなぜなのか
アマゾンは、ローマ帝国

第1章 圧倒的な商品数と安い値段がどうして可能になるのか

「品揃えが大量で、安い」を実現する仕組みとは
あらゆる商品が扱える「マーケットプレイス」という仕組み
スタートアップを最初に取り込めると大きい
「低関与商品」市場はこれからますます広がる――アマゾンダッシュボタン


第2章 キャッシュがあるから失敗できる

驚異的なアマゾンのキャッシュフロー
赤字でも株価が下がらない仕組み
CCCがマイナスという魔法から資金が生まれる

第3章 アマゾンで一番利益をあげているAWS

アマゾンのほとんどの儲けをたたき出す、知られざる巨大ビジネス
AWSの営業利益が、別部門の資金になる
大きくなりすぎると成長率がとまる理由

第4章 アマゾンの「プライム会員」とは何なのか

年会費は安くして、後から上げる
サービス過多なのは、ライフスタイルに入り込みたいから

第5章 アマゾンから、効率のいいM&Aを知る

ホールフーズのM&Aで、実店舗への乗り出しが現実的に
M&Aのメリットをおさらいしよう

第6章 巨大な倉庫と配送力で物流を制す

海上輸送に乗り出し、輸出の中間業者を中抜き
ラストワンマイルを制するものは、物流も制する

第7章 プラットフォームの主になるには

業界で打って出るのはプラットフォーマーになることがなにより第一
スーパーの脅威にもなる「アマゾンフレッシュ」
「卸の中抜き」は安値を出す基本――出版業界

第8章 アマゾンを底ざさえするのがテクノロジー

アマゾンの真の凄さはテクノロジー

amazon 世界最先端の戦略がわかる

新品価格
¥1,836から
(2018/9/10 21:43時点)




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

税金亡命

税金亡命

著者 佐藤弘幸

読書2


国税最強部門、「資料調査課」出身の著者が描く、
衝撃のリアルノベル。
知られざるタックスヘイブンの真実とは?

【本書の概要】
日本とアジア一のタックスヘイブン、香港を舞台にした脱税事件の物語。
脱税を取り締まる国税、脱税に手を染める富裕層、
脱税の手引きをする国税OB税理士。この三者の攻防戦が描かれる。

ハンドキャリーによるキャピタル・フライト、
金融システムを活用した脱税資金の出口戦略など、
オフショア利用者の「常識」が散りばめられている。
圧倒的な臨場感で描かれた、衝撃のストーリー

【プロローグ】 悪質な脱税者の数は、年々増加の一途をたどっており、その手口も複雑化している。
各国の税務当局から見て、それはまさに魑魅魍魎の地獄絵図である。
取り締まれば取り締まるほど、新たな脱税スキームが生み出される。
政府が法律で手を打とうとすると、また新たな抜け道が掘り抜かれる。

さらには、脱税スキームを入れ知恵する心ない税理士、そして国税OBも存在する。
成功報酬は脱税金額の一〇~二五%。その手法は年々巧妙化している。

質が悪いのは、脱税スキームが「租税回避スキーム」と耳触りの良い言葉で呼ばれていること。
そしてスキームを立案した専門家、プロモーターなどと呼ばれるが、
彼らは顧客に提案する際、「完全合法です」と言って売るものだから、悪質極まりない。

今日もまた、魑魅魍魎が新たなスキームを企てている。
アジア屈指のタックスヘイブン、香港。日本の脱税者の伏魔殿だ。
今、香港に一人の男が到着しようとしている。

世の中にはお金を増やすには2つの方法しかない。

1つ目はたくさん稼ぐことである。

そして2つ目は税金を払わないことである。

どっちかしかない。

どっちを選ぶかはその人次第である。

ただしたくさん稼ぐ方選ぶべきだと私は個人的には思う。

税金はやはり収めるべきである。

その納めた税金により治安が守られ今の日本が守られている。

そしてこの本は、国税局と脱税に逃げる犯人との戦いである。

ヘッジファンドや国税局などマネープロ達のやり取りがきめ細かく表している。

小説だからこそ物語が存在するが、その中に知識を得ることができる。

知識を得ることができる小説はいい小説だ。

ただし税金を納めないと言う知識はいかがなものかと思うが。

この小説は逆に税金逃れをしようとしてもできないということを言いたいのかもしれない。

だから税金を正しく収めましょうと言うのがこの小説の醍醐味かもしれない。

最後はまさかの展開になるが、税金を払わないものと税金を取ろうとするものの一進一退の攻防がスリリングがあり楽しく、ドキドキさせる展開である。

投資というかお金に対して興味がある方はいちど読んでみると面白いかもしれない。


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

税金亡命

新品価格
¥1,728から
(2016/8/11 19:05時点)


殺人予告 著者 安藤能明

殺人予告
著者 安藤能明


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
物騒な題名だが、気になる。
小説は稀に時代の先取りをする。
まるで小説が予言していたかのように。
このような事件や、事故は起きて欲しくない。
そして、社会の見直しに必要ではないかと考える。
少女の自殺から始まる。
そして過去に闇を抱える男の殺人事件が始まる。
果たしてこの2つの死がどのようにつながっていくのかがこの物語のポイントとなるであろうと思われる。
いちど事件を起こした人間の再犯率というのはどのくらいになるであろうか?
ある意味この物語はその問題に突っ込んでいる物語である。
そういう意味では社会小説である。
果たして刑務所での刑期と言うものはどれだけ人間を構成させるのでしょうか?
しかし間違ってはいけないのは、再犯をする人間もいれば、きっちり校正してる人間もいると言う事実を忘れないことです。
親から暴力を受けた人間は、自分が暴力によって救われると勘違いしてると言う事はよくある話でしょう。
だからそれが正しいのではなく、だからこそ正しい道を知る必要があるのです。
それでなければ暴力が連鎖していきます。
暴力が連鎖すれば連鎖するほど世の中暴力的な社会になってしまうのです。
果たしてそれが良いのか悪いのか、それはどう考えても悪いことです。
誰もが安心して住める社会、誰もが安心して生きていける時代を作らなければなりません。
そのためにも真実にたどりつかなければなりません。
この物語真実は、警察による悪と言う終焉に辿り着きます。
あくまでも物語の中の話ですが、人間と言う生き物は弱い生き物です。
だからこそ、悪い方へ足を踏み外すこともあります。
そこに自分自身が気づいていたとしても、気づかなかったとしてもです。
そしてそれが自分の家族のための幸せを願ったことであったとしてもです。
だからこそ自分自身を強く持たなければなりません。
自分の信念と言うものを強く持って生きていかなければなりません。
巻き込まれる人たちが世の中にはいるということを学ぶことができるでしょう。
そして真実を暴く人たちがいると言うことを学ぶこともできるということでしょう。
どのような組織があり、どのような思惑があるのかはその時の状況によって変わってきます。
だからこそ自分自身が納得いく、人生を送るためにどうすればいいのかを考えて生きていかなければなりません。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

「おれ、人、殺っちゃうかもしれねぇ……」
窓際新聞記者・岩田修一郎のもとにかかってきた一本の電話が、すべての始まりだった。
実際に警官が殺されるのだが、容疑者の背後に見え隠れする謎の影……。
岩田は真実を求めて疾走する!

殺人予告 (朝日文庫)

新品価格
¥756から
(2018/9/2 13:42時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

ラプラスの魔女 著者 東野圭吾

ラプラスの魔女
著者 東野圭吾


新たな知識を求めてこのと出逢う。
今や日を代表する東野圭吾氏。
作品よりも、東野圭吾氏の名前だけでが売れる、その域に達した著者である。
温泉地での事故?
いや、事件?
羽原円華が解決する?
不思議な力で?
物語の概要はこんな感じになるだろうと推測される。
今回はどのような力を使って、謎を解いていくのか。
東野圭吾先生の書くには、いろいろな疑問が生じているし、いろいろな謎が含まれている。
だからこそ東野圭吾先生の言葉にのめり込んでいく。
だからこそ東野圭吾先生は人気あるのだろう。
そう思われる。
1人の少女はこの温泉の硫化水素事件をどのように導いていくのか、そしていろいろな物語のつながりはどこにあるのかを追求していく。
この物語は奥が深い、父親と子供の争いがドラマになる。
そしてこの物語は人間の醜さを表した物語となっている。
だからこそこの小説を読むことによって、人が生きていることがどれだけ素晴らしいかと言うことを学ぶことができる。
そこに私は価値があるのだと私は思う。
どんな人間にも価値がある、どんな人間にも存在する意義がある。
人間は生きているからこそ、いろいろな事柄に影響を与えるのである。
「ラプラスの魔女」は、「魔女の胎動」と関連する話である。
東野圭吾氏のとしては、「レイクサイド」「歪笑小説」、「どちらが彼女を殺した」、「白銀ジャック」、「人魚の眠る家」、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」、「マスカレード・ナイト」、「マスカレード・イブ」、「マスカレード・ホテル」、「麒麟の翼」、「虚ろな十字架」、など過去に読んでみた。
どの作品ものめり込める楽しさがあり、読み始めたら止まらないと言う感触がある。
つまりそれは面白いと言うことではないかと考える。
話が脱線してしまったが、映画化されるのも頷く作品である。
科学と言うのはいっぽ間違えれば大惨事になると言うことを再認識した。
しかし科学の発展がなければ人間は便利に暮らすことができないのも事実である。
だからこそ人は科学と言うものとどのようなお付き合いをするのかを問われている。
そしてその科学の発展に陰ながら協力しているのが人間たちである。
どのようなものを購入して、どのようなものにお金をつぎ込むのか、それがその業界の発展につながり、科学の発展につながっていくのである。
だからこそお金の使い道と言うものは大切なことである。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?
待望の文庫化! 映画化決定!

遠く離れた2つの温泉地で硫化水素による死亡事故が起きた。検証に赴いた地球化学研究者・青江は、双方の現場で謎の娘・円華を目撃する――。東野圭吾が小説の常識をくつがえして挑んだ、空想科学ミステリ!

ラプラスの魔女 (角川文庫)

新品価格
¥821から
(2018/9/2 13:36時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

米軍の北朝鮮爆撃は6月!米、中が金正恩体制破壊を決行する日 著者 副島隆彦

米軍の北朝鮮爆撃は6月!米、中が金正恩体制破壊を決行する日
著者 副島隆彦



新たな知識を求めてこのと出逢う。
このを手にした時は結果が出ている。
結果、爆撃は6月にはなかった。
では何故、このようなが書かれたのか、そして出版されたのかを読み解こう!
結局はわからない、何故6月とうたったのか? 
どのような根拠があるのか?
最近、ラジオの『村上信五君と経済くん』を聴きながら読んでいる。
このラジオは最近お気に入りである。
話が脱線してしまったが、結局トランプ大統領がカタをつけると言う言葉が根拠らしい。
副島氏のを読む機会は、色々とあるがそれにしても根拠が薄いと感じるのは私だけでしょうか?
そしてこのの後半は、北朝鮮のミサイルよりも中国の覇権争いの話になっていく。
おそらく中国の覇権争いとミサイル関係してくると言うストーリーだろうが、いまいちこのに関しては納得できる根拠が少ないのではないでしょうか?
それは答えが分かっているからかもしれません。
もしかしたらこの本をタイムリーな時期に読んでいたらまた変わった感想になったかもしれません。
副島氏の予想ではこれからの覇権は中国が逃げると言うことです。
それであれば、中国と争うのではなく、中国と共に歩む道を模索するべきだと言うことです。
争いを好まないということに関しては、私も同じ意見です。
いかにお互いがウィンウィンの関係になれるかを模索すると良いのではないでしょうか?
私は結構副島氏の本を読んでいます。
発想が面白いからです。
マイナス金利税で凍りつく日本経済」、「世界連鎖暴落はなぜ再発したか」、「再発する世界連鎖暴落貧困に沈む日本」、「熱狂なき株高で踊らされる日本」、「官僚相場の暴落が始まる」、「金融市場を操られる絶望国家、日本」、「属国日本論を超えて」、「税金恐怖政治が資産家層を追い詰める」、「闇に葬られた歴史」、「帝国の逆襲、金とドル最後の戦い」などです。
読書をしておいて、非常に面白い題名であり、興味を惹かれます。
しかし読んだところでその本の言われてることに納得するかどうかは別の話です。
大切な事はこういう考え方をしている人たちもいるのだなと、考えることです。
色々な考え方をしている人たちがこの国にはいますし、世界中にもいます。
決して自分の考え方だけが素晴らしいのではなく、正しいのではありません。
自分と違う考え方を排除してはなりません。
それが価値観が違うと言うことです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

日本に核ミサイルは飛んで来ない! トランプ分析第一人者の最新予言!

トランプの勝利を予言し的中させた評論家の次なる予言は「北朝鮮Xデー」。
「米軍はパールハーバーのように、北朝鮮に先に撃たせるように仕組む。しかし、それを合図に核施設への一斉爆撃を敢行する。それは6月だ」と予言。
そのXデーに向け水面下で進む各国の駆け引き。金正恩体制崩壊後の北朝鮮から、次なるアジアの火種まで…副島節全開で最新鋭の分析を放つ!
元韓国国防省分析官の高永喆(コウ・ヨンチョル)氏との緊急対談を収録した必読の一冊。

米軍の北朝鮮爆撃は6月! 米、中が金正恩体制破壊を決行する日

新品価格
¥1,198から
(2018/9/2 13:30時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

人生100歳時代 不動産投資のフロンティア 将来の不安を安心に変えるフロンティアハウス 著者 鶴蒔靖夫

人生100歳時代
不動産投資のフロンティア
将来の不安を安心に変えるフロンティアハウス
著者 鶴蒔靖夫


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
まず、この本で言われている事は人生100歳時代に突入しようとしている事である。
であれば、年金だけで不安ではないか、そんな心情になってくる。
そう思う人もいれば、思わない人もいる。
何が正しいのではなく、自分自身が納得いく、安心しできる人生を送っているかどうかである。
『納得いく人生』、『安心出来る人生』である。
これは、フロンティアハウスを推奨する本なのだが何故か鶴蒔氏が書いた本となる。
ここに疑問を感じる。何故なら、鶴蒔靖夫氏は、評論家であり、パーソナリティーである。
フリーライターとして活躍しており、ラジオなどでも活躍している。
フロンティアハウスの社員では無いがこの本を書かれているのはなぜだろうか?
そんな疑問が生じるのである。
将来に不安を持つことに変わりは無いが、このまま100歳の時代になってしまえばどうしてもお金が足りなくなってしまう。
年金だけでは生きていけないため、不動産収入による生活を送らなければならない。
預貯金に関してはリスクを取らないリスクになってきている。
そこを一歩踏み出せるかどうかが、これからの人生の勝ち組と負け組の分かれ道となるだろう。
そして不動産投資をするにおいても、どの業者とタッグをくんで、やっていくのかが大切であると述べている。
このことは、他の本にも書かれており、間違いないことであると思われる。
いかに信用できる企業と手を結ぶのかが大切では無いだろうか?
どの会社信用して、どの物件を信用して、どのような投資をしていくのかを考えていかなければならないから、これからの時代は大変だと思います。
ですが、私たちはその中でも幸せを追求しなければなりません。
その幸せとは人それぞれになります。
価値観も人それぞれになります。
何が正しくて何が間違っているのかではなく、自分がどこに満足するのかが大切なことだと考えます。
現代の社会では、自分の価値観に合わない人を排除しようとする動きがあります。
自分の価値観はあくまでも自分だけの価値観であり、それを他人に押し付ける事は決してあってはなりません。
信頼が絆を生む不動産投資」など参考に出来るし、「不動産投資の“すごい”真実」などはオススメ
間違った社会、間違った世の中で、どれだけ自分の価値観を共感してくれる人に出会えるのでしょうか?
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

入居者とオーナーの幸せをつくるリーシング・イノベーション。
不動産投資の大技・中技・小技を駆使して、親から子、子から孫へ安心を伝えるベストパートナー。

老後の生活における金銭的な不安や、ゼロ金利とも呼ばれる空前の低金利の継続などを背景に、不動産投資の人気が非常に高まっている。購入した物件を賃貸に出すことで家賃収入をローンの返済にあてることができ、ローンの完済後は家賃収入がそのまま長期的な安定した収入になる。ワンルームマンションの区分所有なら1戸からの投資も可能で、初期費用もそれほど大きくはならないとあって、最近では一般の会社員のあいだにもワンルームマンション投資が広まってきている。
その一方で、ブームに便乗するかのように投資用不動産が次々と建てられた結果、エリアによっては供給過剰となり、空室も目立つようになってきている。万人受けのする既存のワンルームでは入居稼働率に限界が見られるにようにもなってきており、エリアの特性や入居者のターゲットを絞った間取りや設備、内装などの工夫が、より重要になってきている。
そうした投資用不動産市場において、横浜地区を拠点に独特の存在感を発揮しているのがフロンティアハウスだ。
近年の不動産投資では、少額の自己資金で始められるワンルームマンションの区分所有にスポットが当たることが多いが、フロンティアハウスは投資用アパート全体をオーナーが所有する一棟所有を中心に、開発から建築、販売、賃貸管理、建物管理までをワンストップで提供している。そのため、ワンルームマンションよりも物件価格は高めになるが、一棟所有には、区分所有にはない大きなメリットがあるという。それは、将来的に建て替えが可能なことと、ひとつの建物内で形態の異なる賃貸を効果的に組み合わせることができるということだ。
不動産投資における最大のリスクのひとつが「空室」であり、この「空室」をいかにしてなくすかが、不動産投資が成功するかどうかの鍵となる。そのためには、入居者のニーズを先取りし、建物の外装や部屋の内装、設備などを時代に合わせていくだけでなく、「部屋の貸し方」そのものをフレキシブルに運用し、対象となる入居者の層を広げることができるかも、これからのポイントとなるだろう。その点で一棟所有には、区分所有よりも大きなメリットがあり、こうした取り組みをフロンティアハウスでは「リーシング・イノベーション」と呼んでいる。
本書は、通常の賃貸とマンスリー賃貸、民泊などを組み合わせる、あるいは賃貸物件と分譲住宅を併用するなど、リーシング・イノベーション戦略に積極的に取り組み、収益物件としての賃貸アパートやマンションの、開発から建築、販売、賃貸管理、建物管理までのワンストップ提供を主軸に、ファミリー向けの分譲マンションや戸建住宅など幅広い領域の不動産事業を手掛け、不動産の総合企業として成長を続けるフロンティアハウスの事業活動を紹介し、企業理念や経営戦略を明らかにする。

人生100歳時代 不動産投資のフロンティア ― 将来の不安を安心に変えるフロンティアハウス

新品価格
¥1,944から
(2018/9/2 13:25時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

激安!「空き地」投資草むらを更地にするだけで高収益 著者 加藤ひろゆき

激安!「空き地」投資草むらを更地にするだけで高収益
著者 加藤ひろゆき

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
北海道在住であり、大家さんである加藤さん。
現役プレーヤーの加藤さんが書いた本だからこそ興味を持ったのである。
世の中には建前だけの学者が多い。
価値のある言葉、それは現役プレイヤーの言葉である。
何が良いか?
それは、手間がかからないことである。
やはり、どの本読んでいても感じたことは、いかに手間をかけずにミッションをコンプリートしていくかである。
手間がかかるた、長続きしない。
中には手間がかかっても長続きする人もいるだろう。
しかし、人間とは手間が嫌いな生き物である。
だからこそ、手間がかからない生き方が大切である。
私もそう思うし、著者の加藤氏もそう感じているようだ。
そこには、加藤氏が夜逃げなどの辛い体験をしているからである。
世の中には、良い人もいれば悪い人もいる。
常識的な人もいれば、非常識な人もいる。
それでこそ人間である。
昔から戦争、争いは生じる。
その原因は何か?
それは土地の争いである。
結局は土地の争いにより、争いが生じる。
だからこそ、土地の購入は有効的かもしれない。
その土地が価値がなくてでもである。
いつ、何時、その土地が必要になるかは解らない。
しかし、難しい事が一つ。
著者の加藤氏は自宅周辺を推奨。
自宅の近くに土地が余っていれば、実現可能。
しかし、自宅周辺になければ、都会に住んでいれば難しい問題である。
だからこそ、どうすれば良いかを考えなければならないし、違う戦略が必要である。
本業として稼ぐなら、手間がかかってもさほど、問題にならない。
副業として稼ぐなら、やはり手間がかからない方が良い、これは不動産投資に限らずである。
何事も、手間をかけずに任せれる事は任せて、自分自身は別の事をする、これが成功のポイントかもしれない。
最近、常々思うようになってきた。
それもこれも、読書をして知識を増やしたからである。
その中でも特に思い出す本がこの本である。
不動産投資のすごい真実」。
シーラホールディングス取締役会長である杉本さんが書いた本である。
この本はワンルーム投資マンションをお勧めする。
空き地の不動産投資と、ワンルーム投資マンションと、一見違うように見えるが不動産投資をするにおいて変わりは無い。
では何が必要かといいますと、自分自身がどのような不動産投資をしたいかである。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

アパートを買っても、もう儲からない
誰も買わない荒野なら、ひとり勝ちできる!

土地のまま貸して儲かる
最強の放置プレイ!


不動産投資にボロ物件ブームを起こした著者が、労せずして勝つ方法を研究し、編み出したのが「空き地」投資(更地投資)。
通常の不動産投資と違って建物がなく、あったとしてもプレハブ程度のため、初期投資や手間がかからない。
住居目的でないので、住民トラブルもない。
田舎の土地でも意外なニーズがあって、高収益になる秘密を紹介。

激安アパート経営のカリスマが教える
更地賃貸の極意

最大利回り44.9%、平均利回り20%超!

・見捨てられた土地が実はお宝
・荒地を買って少し加工するだけ
・看板が思わぬニーズを掘り起こす
・建物不要! 手間がかからず高利回り
・土地があれば四代安泰!

草むらを更地にするだけで高収益 激安! 「空き地」投資

新品価格
¥1,620から
(2018/9/1 16:15時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本