FC2ブログ

読書と足跡

0

悪魔と呼ばれた男 著者 神永学

悪魔と呼ばれた男著者 神永学新たな知識を求めてこの本と出逢う。悪魔と聞くと、とても悪い印象がある。しかし、必要悪と言う言葉もある。これは1つの殺人事件を題材にした物語である。このような考え方を持つ人もいるし、このような考え方の物語を生み出す人もいる。この本を読むにあたって学ばなければならない事は、自分自身と違う考え方が世の中には存在するし、自分自身の考え方を押し付けてはいけないと言うことである。人...
0

瞬読 著者 山中恵美子

瞬読著者 山中恵美子新たな知識を求めてこの本と出逢う。人生残された時間は短い。情報社会である今だからこそ、早い情報処理が必要である。まずは情報をどこから入手するのか、それが大切である。やはり、本が別格である。本はインプットも大切だが、アウトプットも大切である。成功者ほど本を読む。あなたは成功者?成功者になりたい?そんな疑問が投げかけてくる。世の中思ってる以上に時間はないものである。だからこそ今働き...
0

「学び」を「お金」に変える言葉

「学び」を「お金」に変える言葉著者 井上裕之資格、セミナー、教養…、その学びで稼げるようになりましたか?欲しいだけの年収を得るための「大人」の勉強法本当の意味の大人の学びは、必ず社会に受け入れられ、お金という評価に繋がっていくものです。逆に言えば、お金に結びつかない学びはどこかが空転している、自己満足だけの学びに過ぎないと言っても過言ではありません。一生懸命学んでいるのに、いっこうに豊かにならないと...
4

決定版 アロマテラピーのきほん―基礎から楽しみ方まですべてわかる、安心の1冊

決定版 アロマテラピーのきほん―基礎から楽しみ方まですべてわかる、安心の1冊著者 佐々木薫新たな知識を求めてこの本と出逢う。アロマテラピーの基本アロマテラピーとは?良い香りで気分が良くなるだけではなく、植物の薬理作用を「精油」を使って心身に取り組むことです。『花』や、『ハーブ』や『果実』、私たちの身近にある植物の香りは私たちを楽しませるだけでなく、心や体に働くさまざまな力があるのです。ハーブなどの芳...
0

殺人倶楽部

殺人倶楽部著者 森村誠一満員電車で痴漢の濡れ衣を着せられ、職と家庭を失った有田順二は、雑談クラブの主宰者と知り合う。不条理に人生を破壊された被害者たちが吹き寄せられる都会の片隅のカフェ。そこで語られるのは空前の報復計画か。生を謳歌する加害者たちは、相次ぐ事故で死傷していった!“見えざる手”、その正体とは!?新たな知識を求めてこの本と出逢う。この物語は、主人公である『有田順二』という男が、通勤電車で痴...
0

どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門 著者 フランチェスコ・シリロ

どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門著者 フランチェスコ・シリロ新たな知識を求めてこの本と出逢う。時間をこれから大切にすることが必要になってくる。それは誰の為でもなく自分自身のためである。時間を区切り個人目標達成することに優先するものである。まずは計画を立てることが大切である。1日の初めに立てるものである。その日にする事を決めるためである。次に追跡することが必要である。1...
0

『また会いたい』と思われる人『二度目はない』と思われる人 著者 中谷彰宏

『また会いたい』と思われる人『二度目はない』と思われる人著者 中谷彰宏新たな知識を求めてこの本と出逢う。自分から動く、誘う、こんな人間が成功する。また会いたい、おもてなし、こんなキーワードをいかに活用するか?学びたい人の動作、目線などに注目する。凄いという言葉を使わない。相手が喜ぶ行動をする。いかに相手に喜ばれるか、おもてなしを考えなければならない。自分自身でお金を稼いだことない人は、仕事をしてあ...
0

「孤独」が男を強くする ふとした寂しさを力に変える36の法則

「孤独」が男を強くするふとした寂しさを力に変える36の法則著者 潮凪洋介「孤独の料理法」を伝授する一冊。職場、友人関係、家庭…と、孤独をより身近に感じる現代。しかし「孤独は人間の宿命」と著者は言う。そしてこう続ける。「だったらそんな孤独は蹴っ飛ばし、創造的爆発力に変えよう」と。誰しも一度は感じる心の隙間――「通勤電車でふと寂しさを覚える…」「自分だけ仕事ができずに劣等感に苛まれる…」「成功者と接して自分...
0

アマゾンのすごい問題解決 著者 佐藤将之

アマゾンのすごい問題解決著者 佐藤将之新たな知識を求めてこの本と出逢う。ジェフ・ベゾスの言葉、「お客様は常にアマゾンが先に進むことを期待している。その期待に応えず、その場にとどまっている時間はない。」この精神がアマゾンを大きくしているのではないか?アマゾンの中では、「なぜやるのか?」と言う質問と同じ位「なぜやらないのか?」と言う質問が重要である。アマゾンは本質的な問題解決志向だからこそ急成長してきて...
0

社長の流儀会社をつぶさず成長をつづける 著者 佐々木常夫

社長の流儀会社をつぶさず成長をつづける著者 佐々木常夫『新たな知識を求めてこの本と出逢う』良い会社、良い経営者は、以下の3つ。1.お客様を喜ばせる2.社員が生きがいを持って働く3.利益を上げる。まさにこの3つである。経営者になる事は稀かもしれない。しかし経営者になったときに、傾斜になった気持ちで仕事をする事は悪いことではないと考える。例えば良い経営者とは結婚+1つのことである。これは当然のことかもしれない...
0

一流になりたければ、その「色」を変えなさい。著者 庄島義博

一流になりたければ、その「色」を変えなさい。著者 庄島義博『新たな知識を求めてこの本と出逢う』世の中には自分に合った色と、自分に合わない色がある。自分に合った色をどのようにして探すのか?そして自分に合った色がどのような色なのかを知ることが大切であると言うことである。日本国にはゲン担ぎと言う言葉がある。だからこそ、探すことも、心の支えとなるものである。色を変えると人生が変わるのである。あなたは今の自...
0

ぼくらの哲学2 不安ノ解体 著者 青山繁晴

ぼくらの哲学2 不安ノ解体著者 青山繁晴『新たな知識を求めてこの本と出逢う』この本は、真実がメディアで語られているとは限らないと言うことを教えてくれる本である。これは非常に難しい考え方である。真実とはその人にとって違うからである。人によって捉え方が違うため、真実が変わってくる、それはいろいろなところで、いろいろな社会で、いろいろな会社で起こり得ることである。だからこそ人間は面白いのである。しかし人間...
0

かがみの孤城 著者 辻村深月

かがみの孤城著者 辻村深月『新たな知識を求めてこの本と出逢う』話題になった本、なぜ話題になるのか知るためにこの本を手にする。不登校な話題からスタート。そして、かがみの孤城が現れる。同じ境遇と思われる仲間がそこにはいる。人は無意識に人を傷つける。だからこそ、厄介である。だからこそ、悲しいのである。しかし、そこに成長する為のヒントが隠されている。だからこそ、楽しいのである。間違いを起こしながら、失敗し...
0

ずっと「安月給」の人の思考法

ずっと「安月給」の人の思考法著者 木暮太一■意識は高い。■でも、給料は低い。■そんな「あの人」の処方箋! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・「成果を出しても給料が上がらない…」「アベノミクスで賃上げ?オレの給料はむしろ下降線…」「上司の毎月のお小遣いの額を聞いて愕然…」「心の給料袋が世界最薄を実現したぜ…」そんな全国のサラリーマンに贈るビジネス書! 給料の上がる人と上がらない人は何が違うの?そもそも給料って...
0

ファーストクラスに乗る人の人間関係 感情をコントロールする57の工夫

ファーストクラスに乗る人の人間関係感情をコントロールする57の工夫著者 中谷彰宏大好評『ファーストクラスに乗る人』シリーズ第8弾。今作のテーマは「人間関係」。◆この本は3人のために書かれました。1、友達は増えたけど、わずらわしい人。2、友達が減ると、さびしい人。3、悪口を言いふらされて、へこんだ人。人間関係で悩み、心を振りまわされてしまっているすべての人へ。感情をコントロールする工夫がつまった1冊。新たな...
3

長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい

長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい著者 槙孝子新たな知識を求めてこの本と出逢う。人間の血液は重力のために約70パーセントが下半身に集まります。ふくらはぎは上からどんどん降りてくる血液を受け止め、重力に逆らうって、せっせと心臓に戻すポンプとして日常働き続けているから、「第二の心臓」と呼ばれているのです。ふくらはぎのおかげで、血液がスムーズに体をめぐっているのです。ふくらはぎポンプが弱まると血液は足...
0

ミルク・アンド・ハニー 著者 村山由佳

ミルク・アンド・ハニー著者 村山由佳『新たな知識を求めてこの本と出逢う』。1人の女性の生き様を描いた物語となる。結婚とは何か、恋人とは何か、人生とは何かを考えさせられる。女性の目線から言えば同調できることもあれば、男性の目線から見ればこのような考え方もあるのだろうと思い知らされる。結婚と言う形をどのように捉えるかは人それぞれである。しかしそれを押し付けてはいけない。誰もが幸せの形を持っており、誰も...
0

家康に訊け 著者 加藤廣

家康に訊け著者 加藤廣『新たな知識を求めてこの本と出逢う』徳川家康は歴史に名を残す有名な人物である。織田信長、豊臣秀吉、そして徳川家康。我慢強く、辛抱強く天下を取ることをこの本は言いたいのかもしれない。それ以外はあまり何が言いたいのかわからなかった。でも人生とはそういうものかもしれない。我慢強く、辛抱強く生きていくことが大切なのかもしれない。それは人生を振り返ったときにかみしめることである。今を生...
0

未来のためのあたたかい思考法 著者 小川和也

未来のためのあたたかい思考法著者 小川和也『新たな知識を求めてこの本と出逢う』今時代の変換点にある、そう思ってる人たちは世の中にどれくらいいるのであろうか?確実に新しい未来が待っている。AIによる時代の変化が訪れようとしている。しかしどれだけAIの時代になったとしても人間である以上体を動かすことが不可欠である。テクノロジーは人間にとってのそもそも論を再考させる立役者になるが、体と言う人間の礎を意識して...
0

日本人が絶対に知らないアメリカ不動産投資の話 著者 高山吏司 ブロドスキ・ザクリ 豊岡昴平

日本人が絶対に知らないアメリカ不動産投資の話著者 高山吏司 ブロドスキ・ザクリ 豊岡昴平『新たな知識を求めてこの本と出逢う』不動産投資をする上で、日本でするのかアメリカでするのかはたしてそれ以外の海外でするのかそれはいろいろ考え方がある。大切な事は、情報を知ることにより選択肢を増やすことである。選択肢を増やすことにより成功する確率が上がると言うものである。だからこそたくさんの情報集めるために、読書...
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

カテゴリ