FC2ブログ

超感覚的‼️不動産のことがどんどん好きになる本著者 細川勝矢

超感覚的‼️不動産のことがどんどん好きになる本
著者 細川勝矢


新たな知識を求めてこの本と出逢う
不動産には色々な考え方がある。
得することもあれば損する事も。
その中で、どのような不動産投資に取り組むかが大切である。
区分マンション投資に関しては、購入したらすぐ売却に入る。
当然購入価格よりも高い値段で売却にかかる。
そうすれば利益を得ることができるのである。
たとえ同じ価格で売却したとしても、その間に家賃をもらえるからその分プラスとなる。
そのような考えを持って不動産投資に挑むべきである。
不動産投資もいろいろな考え方がある。
だからこそ自分に合った考え方、自分に合ったやり方を探さなければならない。
それが成功の秘密だと思う。
誰もが考え方が違うのである。
誰もが生きてきた環境が違うのである。
だからこそ考え方を変えなければならない。
そして区分マンションにおいては、とにかく立地が大切である。
立地を間違えれば売却することもできないし、不動産が負債となってしまう可能性がある。
だからこそこだわるところが立地である。
何事も成功するかしないかは自分次第である。
成功信じて突き進むものだけが成功を手にする。
難しい事は無い。
いかに自分を信じ続けることができるのか、そしていかに学び続けることができるのかである。
自分の考え方だけが正しいと思ったらその時点で終わりである。
私たちは常に成長しなければならないし、常に前に進まなければならない。
大切な事はそこである。
それにおいて私たちはどのような人生を歩むかが決まってくる。
だからこそ私たちは勉強しなければならない。
だからこそ私たちは本を読むのである。
そこに私たちの幸せがあると信じているからこそ、私たちは本を読み学んで知識を得て進化しなければならない。
そうすることにより新しい世の中、住みやすい世の中が生まれてくると信じている。
今の世の中で今の社会を良くするためにはやはり勉強し続けることが大切である。
勉強といってもテストで点を取ることでは無い。
自分自身が成長することである。
ある程度成功して、お金の悩みがなくなったのであれば徳を学ばなければならない。
それが人生最後の勉強となるであろう。
そして人間として生まれてきたからこそ学ばなければならないことになってしまう。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

「衣食住」は人間の生活に欠かすことができないものにもかかわらず、「住」に相当する不動産について、あなたは学校で教えてもらったことがありますか 一人暮らしでアパートを借りる、結婚して家を買う、親の相続をする……私たちと不動産との関わりは一生にわたって続きます。
著者は「不動産を正しく理解すれば、人生が豊かになる。だから不動産のことを好きになってほしい」と言います。一人でも多くの「不動産好き」を増やすために、一見難しそうな不動産の知識を専門用語をほとんど使わずに平易な言葉で解説しました。

超感覚的! 不動産のことがどんどん好きになる本

新品価格
¥1,944から
(2019/8/28 17:42時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



小説 多動力 著者 堀江貴文

小説 多動力
著者 堀江貴文


新たな知識を求めてこの本と出逢う
宇宙旅行士になるのが夢だった。
子供の頃は結構、憧れる職業である宇宙旅行士。
異次元の世界を舞台として教えてくれる教訓。
『専門外の情報は恥ずかしがらず詳しい人に聞く』などである。
大切なことは、自分の時間を生きるという事である。
その為には仕事を選ぶ必要がある。
ブラック企業が嫌なら、今すぐやめればいいそんな考え方もあります。
ブラック企業だとぶつぶつ文句を言いながら、止められずに働き続けている…だから会社はつけ上がり、ますますブラックになっていく。
死ぬほど辛くて辞めたいのなら、本当にやめてしまえばいい。
真面目に働き続けて死んでしまうよりマシである。
このようなことを小説の中で学んでいくと言うものである。
視点は違えど学ぶことは同じである。
だからこそどういう視点で伝えるかも大切である。
これが新しい発想であり、これが新しい教え方かもしれない。
何がいい、何が悪いではない。
だからこそ多動力を身に付けなければならぬ。
面白そうと思ったら片っ端からやってみる、それが多動力である。
「自分の時間」を生きるためには、仕事を選ぶ勇気が必要である。
次から次に自分が好きなことをハシゴしまくることで初めて見えてくるものがある。
今の人生が辛いようであれば、考え方を変えなきゃだめである。
どこの世界にもイノベーションが起こっている。
今まで通りの方法でやってたらずっとこのままであり、進化がない。
イノベーションを生むためにもやりたくないことはやらない、やりたいことをどんどんやるべきである。
それを実践する力が今後は必要になってくる。
専門外の情報や知識がわからないのは当然であり恥じることはない。
だからこそ自分で調べたり、他の人に聞けば良い話である。
そうすることにより新しい知識を得ることができる。
質問力はビジネスで必須の能力だと心得る必要がある。
論点が整理された質問でなければ、自分も相手も無駄な時間になってしまうからである。
これもこの物語から学ぶことができる。
大切なことを学ぶことであり、学ぶことであれば何でも良いと言うことである。
仕事に没頭し、遊びに没頭し、夢中になれさえすれば、目的はおのずと達成されるものである。
知らない事は決して恥ではない。
ワクワクしない時間を減らす必要がある。
そうやって人は成長していくのである。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


捨て本

ハッタリの流儀

あり金は全部使え

疑う力

バカとつき合うな

我が闘争 

マネーと国家と僕らの未来
株式会社秋田書店と株式会社誠文堂新光社による新たな文芸エンタテインメントを生み出す
新レーベル【APeS Novels】の第二弾にして、早くも書き下ろし小説登場!!

実業家でありながらタレント、著作家とさまざまな活躍を見せる堀江貴文氏が、
近年流行の「異世界ファンタジー小説」に着目し、ホリエモン流異世界小説を上梓!!

もちろん「転生したらすべてがリセット、努力する必要もなくチートを与えられ、世界を救って一躍英雄に!」なんて甘い考えは通用しない!
転生した先も現実社会と同様の社会構造が待っていたら、あなたはどうする!?
そんな辛口異世界ファンタジーに、堀江氏が用意した答えこそ「多動力」!

異世界に行っても「タテの壁」がはびこるなら、自力でブレイクスルーする知恵と越えていく軽やかさこそが大切――
そんな堀江氏のメッセージが籠められたエンタテインメント作品に仕上がっています!
ロケット開発、AI、IoT、FAANGなど、いま堀江氏が興味を持つあらゆる要素を詰め込んだ、ホリエモン流の異世界をお楽しみください!!

-----------------------------------------------------------
かつてロケットに乗って宇宙へ飛び出す夢を持った主人公・鈴木は、いまやブラック気味のIT企業でSEとして働く社畜となっていた。
ある日の帰り道、趣味の「異世界ファンタジー小説」を購入しようと立ち寄った書店で突然めまいに襲われた鈴木。そのまま意識が遠のき、次に気づいたときは石造りの建物が立ち並ぶ見慣れぬ景色の中だった。
「やった!これはもしや異世界転生!?」と喜んだのもつかの間、チートはおろか満足な装備もなく、一介の冒険者として放り出されたこの世界でも、どうやら就職して、出世しなければ生き抜けないようなのだ。
途方に暮れる鈴木に歩み寄る人影。お約束の猫耳美少女の登場に救われた気分の鈴木だったが、どうも様子がおかしい。その猫耳美少女は、いきなり鈴木の胸ぐらをつかんでこう言い放ったのだ。
「アンタはこれから多動力を身につけなければならない」――!!!
-----------------------------------------------------------

■目次
プロローグ
第一話変化する世界を、多動力で生きていく。
第二話やりたくないコトはやらない、やりたいコトをどんどんやる。
第三話寿司職人が何年も修業するのはバカ。
第四話「原液」を作れば、仕事の分散は可能になる。
第五話今がすべて。
エピローグ
あとがき

小説 多動力: 好きなことだけやりきったら、ロケットだって宇宙へ飛ぶはず! (APeS Novels)

新品価格
¥1,300から
(2019/8/24 22:41時点)







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




稼ぐAI小さな会社でも今すぐ始められる「人工知能」導入の実践ステップ 著者 中西崇文

稼ぐAI小さな会社でも今すぐ始められる「人工知能」導入の実践ステップ
著者 中西崇文


新たな知識を求めてこの本と出逢う
これから間違いなくAIの時代になってくる。
本当の意味での人工知能の活用をビジネスの中で具体化していくには、人工知能の技術面に注意専門家と、仕事上の課題から人工知能の使用目的を考えられるビジネスパーソンの両方の視点が必要となってくるのである。
AIは非常に難しい考え方であり、勉強すればするほど難しいく感じてしまう。
歴史の長短や事業規模の大小を問わず、人工知能を活用した競争力強化は可能であるということをまずは学ばなければならない。
まず大切な事は「イシュー指向型」でなければならない、これは現場で解決しなければいけない本質的な課題を見極め明確にすると言うことである。
人工知能はどこまで人間に近づけるのか?
これがこれからの未来のテーマとなってくる。
そしてそれをいかに活用するかが大切になってくる。
人工知能も強い人工知能と、弱い人工知能がある。
そして汎用型人工知能と特化型人工知能がある。
現時点において競争を優位に生み出す人工知能は、汎用型ではなく特化型人工知能であると言う事は間違いない。
このようにあくまでも何でもできる汎用的な人工知能を目指すのではなく、あえて人工知能の機能を特化させた商品やサービスを誰よりも早く、かつ、なるべく多くのシェアを得られるように展開していくことで競争優位を得ることができると言うのが実情である。
だからこそ何を必要としているのか?
人工知能に何を自動化してもらえば良いのか?
これを明確にしなければならない。
このタスクを明確にすることによりこれからの仕事が変わってくるのである。
つまり、AIに何をさせたいのか?
あなた自身が何をしたいのか?
これから先いかに効率の良い仕事を求めていくかはどの教科においても大切なことになってきます。
AIであろうがなんであろうが、人材不足は尽きることなく進んでいきます。
だからこそ効率の良い作業性、ものづくりを追求しなければなりません。
そのためにはどうすれば良いのかを考えなければなりません。
そうして人が成長していかなければなりません。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


人工知能(AI)ブームを経て、AIの利活用を真剣に考える段階になった今、
人工知能の技術面を洗練化させる議論だけではなく、
「どこでどのようなAIを適用していくのか」という議論がより重要となった。

本当の意味でのAIの活用を社会(ビジネス)の中で具体化していくには、
AIの技術面に強い専門家(データサイエンティスト)と、
仕事上の課題(イシュー)からAIの使用目的を考えられるビジネスパーソン
の両方の視点が必要となる。

本書では、両者をつなぐ「イシュー指向型」のアプローチ方法を解説。
キュウリ農家、ショッピングサイト、老舗食堂、英会話教室、ビールメーカーなどの
具体例を交えながら、AIによる競争力強化の方法を明らかにする。

「分類」「回帰」「クラスタリング」「推論」「探索」──
この5つで、AIの真価は発揮される!


目次
【序 章】 AIで「競争優位」を生み出すために
「イシュー指向型」でなくてはならない理由
「よくある誤解」から、現状の人工知能を理解する
そもそも現状で実現されている人工知能とは何か
「競争優位を生み出す人工知能」とは

【第1章】 AIができるのは「部分的な自動化」
人工知能に何を自動化してもらえばいいか
「従来の自動化」と「人工知能による自動化」の違い
イシューの導き方・磨き方──表出化、要件化、データ化、指標化

【第2章】 AIにできる「5つの自動化」
人工知能は決して100%ではない
人工知能が実現する自動化は5つ
「分類」── 過去のデータから学習し判別する
「回帰」── 過去のデータから目的となる数値を導き出す
「クラスタリング」── 似たもの同士を複数のグループに分ける
「推論」── 与えられた問題についての答えを導き出す
「探索」── 条件に合ったものを提示する

【第3章】 AIだからこそできた自動化──7つの応用事例
現代の人工知能は「判断の自動化」が得意
〈事例1〉行動データから「発情期の牛」を分類する自動化
〈事例2〉音声データから「英語の発音」を評価する自動化
〈事例3〉水温データなどから「マグロのエサの量」を判断する自動化
〈事例4〉写真画像データから「異物混入」を検出する自動化
〈事例5〉手書き画像データから「生徒の理解度」を判定する自動化
〈事例6〉音声データから「話の重要度」を判断する自動化
〈事例7〉鳴き声データから「フクロウの数」を判定する自動化
多様な人工知能の組み合わせが新ビジネスを生む

【第4章】 自分のパソコンでもできる「AIによる自動化」
自分のパソコンで人工知能を体験する2つの方法
自分のパソコンに人工知能を実現できる環境を作る
ビジネスで人工知能を実現したいときのパートナー
人工知能の導入にかかる実際の費用

【終 章】 AIの幸せな未来予想図
人工知能によるサービスをより大きく育てるために
「マッチング」が人工知能をビジネスに昇華させる

稼ぐAI 小さな会社でも今すぐ始められる「人工知能」導入の実践ステップ

新品価格
¥1,310から
(2019/8/24 22:37時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




さらば!サラリーマン脱サラ40人の成功例 著者 溝口敦

さらば!サラリーマン脱サラ40人の成功例
著者 溝口敦

新たな知識を求めてこの本と出逢う
脱サラして起業しても8から9割は失敗する。
その中で成功した事例として「こつこつと真面目に」精神で成功した人がいる。
それは、「アイユーメモリー」を立ち上げた、内山雅樹さんである。
小路幸市郎さんは、「サイエンスパーク」で成功した人である。
そこから学ぶ事は、「クレームによって会社が潰れないか、クレーム対策によっては、会社が潰れる。クレームの発生に対して本人の責任は追求しないが、クレームの報告を怠った人は処罰する」これが大切と言うことである。
次は小野広江さんから学ぶ。
ちゃい菜食堂KIKOBO を開店。
さらには、タイヤ販売店として株式会社C.Sを設立。
彼女にとって社長業とは決断業と言うことです。
「判断、決断」をしていくのが社長です。
竹林ビジネスで努力されている佐野孝志さん、築地のマグロ仲卸になり努力されている小川万寿男さん、乗り換え案内で大成功した佐藤俊和さん、世の中にはいろいろな成功例があります。
そしていろいろな努力しろがあります。
だからこそ学ぶことが大切なのです。
そして向上心を持つことが大切なことです。
向上心がなければ成長することはありません。
だからこそ向上心が必要なのです。
元プロ野球選手でビジネスで花開いた小野剛さん、前掛けで上今日見つけた西村和弘さん、などいろいろ努力されたことを学ぶことができます。
奄美大島で頑張る迫田真吾さん、イチジク農園で頑張る齊藤拓郎さん、らっきょう王になった上沖廣美さん、元社長秘書の桑原かよさん、鳥骨鶏の卵を生産する川上文人さん、ウミガメ町で成功している吉田基春さん、農業を事業に変更した鈴木誠さん、鷹匠がんばる吉田剛之さん、パン屋さんで頑張る松浦栄一さん、オーダー家具職人として頑張る山口祐弘さん、豆腐屋を開業した周浦宏幸さん、庭師になった小萱貴彦さん、時計職人になった成瀬拓郎さん、だるま工房を設立した小野里治さん、派遣社員から医者になった井上哲さん、漁師になった田代静也さん、バーを営む佐藤俊明さん、列車運転手になった武石和行さん、喫茶店を開店した関口恭一さん、古本屋に眠る本を検索で蘇らせた河野真さん、女性ペットシッターになった津山知寿子さん、庭造りになった佐々木格さん、バックギャモン選手になった矢沢亜希子さん、チョコ工房を設立した伊藤紀幸さん、美容師になった藤田巌さん、システムエンジニアになった井田和義さん、地域おこし協力隊になった多田朋孔さん、ログハウスの宿屋経営になった大原則彦さん、パソコン道場を開いた福田乗さん、介護タクシーになった荒木正人さん、雑貨店開業した長谷川勝之さん。
いろいろな人生があります。
だからこそ学ぶことが大切なのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


人生は一度きり。定年までいまの会社にしがみついたままでいいのか。ノルマに追われ、上司と部下の人間関係に悩み、リストラに怯えるくらいなら、自分の好きなことをしたほ
うがいいのではないか――。サラリーマンなら誰もが一度は抱く脱サラの夢を実現した「起業の先人」たちが語るビフォーアフターの物語。

第1章 起業の夢を実現する

第2章 故郷で第二の人生を

第3章 職人として生きる

第4章 趣味を活かす

第5章 人の役に立ちたい

さらば! サラリーマン 脱サラ40人の成功例 (文春新書)

新品価格
¥918から
(2019/8/24 22:32時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




死にがいを求めて生きているの 著者 朝井リョウ

死にがいを求めて生きているの
著者 朝井リョウ


新たな知識を求めてこの本と出逢う
海と山は出会ってはいけない、争いが生じる、果たしてこの文言はどう繋がっていくのか?
まずは、白井友里子、塞ぎ込んでいる弟の翔大、鬱になった奈央ちゃん、そして植物状態の友人をお見舞いに来る友達。
彼に確認したい!
毎日、同じ繰り返しで飽きないのか?
そこで返ってきた答えは・・・・。
次は前田一洋。
昔からの親友同じクラスの親友、クラス替えがあるまでは隙なく、仲良かったのにクラス替えしたら・・・。
側にいるはずの人がいない、側にいるのが当たり前すぎた。
だからこそ、とまどう関係。
それが人間関係。
だからこそ、人は悩む。
だからこそ人はとまどう。
しかし、そこで立ち止まったら解決しない。
立ち止まったら。
だから、解決に向け進まなければならない。
前に進まなければならない。
だから人間関係は難しいのである。
次は坂本亜矢奈。
女の子たちの青春の友情からどのように物語がつながっていくのか不思議である。
そして楽しみである。
学校時代の友達とはどれだけ続くのだろうか?
色々な考え方があると思う。
しかし、大切にしなければならないものもあるし、捨てていいものもある。
それは自分にとって心地よいものかどうかではないでしょうか?
高校生時代の甘酸っぱい恋愛。
そして、うまくいった親友の恋。
果たして自分の恋はどうなったか?
そして、安藤与志樹にうつる。
ここでは人生の奥深さが学べるのではないでしょうか?
ポイントは「なぜ人は生きるのか、生きがいは何なのか?」
まさに人生論を解いた話である。
なぜ人は生きているのかを求めるのは難しい。
どのようにして社会に貢献するのかを考えていると言う事は素晴らしいことだがこれも実は難しいことである。
自分のために生きると言うことも大切なことであるし、考え方を改めなければいけないこともある。
だからこそ人生論と言うのは非常に難しい難題なのである。
それをテーマにしたのがこの物語である。
この物語から何かを学ぶことができれば、それは素晴らしいことである。
そして所々つながっていく物語。
弓削晃久にうつる。
なぜ人は生きていかなければならないのか?
そしてなぜ人は生きていくのかを考える。
それがこの本のテーマとなってくる。
最後につながってくる、それもこの物語の醍醐味である。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


世にも奇妙な君物語

誰とも比べなくていい。
そう囁かれたはずの世界は
こんなにも苦しい――

「お前は、価値のある人間なの?」

朝井リョウが放つ、〝平成〟を生きる若者たちが背負った自滅と祈りの物語

植物状態のまま病院で眠る智也と、献身的に見守る雄介。
二人の間に横たわる〝歪な真実〟とは?
毎日の繰り返しに倦んだ看護士、クラスで浮かないよう立ち回る転校生、注目を浴びようともがく大学生、時代に取り残された中年ディレクター。
交わるはずのない点と点が、智也と雄介をなぞる線になるとき、 目隠しをされた〝平成〟という時代の闇が露わになる。

今を生きる人すべてが向き合わざるを得ない、自滅と祈りの物語。

死にがいを求めて生きているの

新品価格
¥1,728から
(2019/8/24 22:30時点)







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




家と庭  畑野智美  読書感想

家と庭
著者 畑野智美
新たな知識を求めてこの本と出逢う。
忙しい日々が続く。
時間に追われる日々である。
ほのぼのとした時間を追い求めて、朗らかな表紙のこの本と出逢う事になりました。
下北沢の街が舞台。
望君と母親、姉、妹と女性が多い家族構成での人間関係を描く作品。
長女がいきなり帰ってきた。
娘を連れて帰ってきたのである。
理由は、理由がわからないから厄介なのである。
好きだから側に居たくない、好きだからこそ一緒に入れない、そんな事らしい。
母親も女って事。
そして、帰ってきたくなるような空気がそこにはある。
その家には、ある。
長女の旦那は、その空気を怖いと言う。
出来上がりすぎた家族は怖いもんだ。
そこに家族があり、そして実家と言う家族がある、その家族と言うものに憧れる人もいるでしょう。
次女は過去のトラウマに引きずられています。
その次女はトラウマを解消できずに、苦しんでおり、そして家族も同じくトラウマに引っ張られて気をつかってしまいます。
それが家族と言うものであり、血縁と言うものかもしれません。
その家族をうらやましいと思う人もいれば、その家族を鬱陶しいと思う人もいます。
それが現代の世の中なのです。
ただ切る事は簡単に切れますが、暖かい家族を作る事はこの上なく大変なことであります。
3女は生まれ育った街から出ることができないことに、恐れを感じております。
この町で生まれて、この街で育つ、そしてこの街から出ることができない、これが恐怖なのです。
人にはいろいろ悩みがあり、いろいろな苦しみがあります。
そこを1人で解決していくのか、家族とともに解決していくのかはその人次第かもしれません。
そして主人公の望くんは、望みがない事に苦しんでいます。
人生を生きる上で一番難しい問題かもしれません。
何のために、何を望んで生きるのか?
今回の物語を通して、家族の暖かさを学ぶ事が出来ます。
そして、暖かい家族に改めて気付かされるのではないでしょうか?
孤独という状況が広がっていると、報道で目にします。
報道が全てではありません。
むしろ、報道は珍しい事柄を取り上げるからでしょう。
そんな時代だからこそ、本当に信用できる人と、出来ない人の見極めが大切です。
見極め後に、本当に大切な人にどれだけ感謝出来るのか?を意識した人生を送りたいもんですね。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?
家族に、普通なんてない。下北沢で暮らす人々の恋と家族の物語
中山望は、桜やバラやひまわりなど四季折々の花が咲く庭のある家で、母と姉と妹と暮らしている。大学を卒業して2年以上が経つけれど、就職する気にならないまま、マンガ喫茶でアルバイトをする日々だ。ある日、上の姉が娘を連れて帰ってきて、女5人との生活が始まる。家族や幼なじみ、バイト仲間と過ごす時間は、“何も望まない”望を変えていく――。
海の底のようなバー、神出鬼没の烏天狗、工事がつづく駅。
抜け出せなくなる町で暮らす人々の、色鮮やかで愛すべき日常。
家族に、普通なんてない。下北沢で暮らす人々の恋と家族の物語

中山望は、桜やバラやひまわりなど四季折々の花が咲く庭のある家で、母と姉と妹と暮らしている。大学を卒業して2年以上が経つけれど、就職する気にならないまま、マンガ喫茶でアルバイトをする日々だ。ある日、上の姉が娘を連れて帰ってきて、女5人との生活が始まる。家族や幼なじみ、バイト仲間と過ごす時間は、“何も望まない”望を変えていく――。
海の底のようなバー、神出鬼没の烏天狗、工事がつづく駅。
抜け出せなくなる町で暮らす人々の、色鮮やかで愛すべき日常。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

読書2

2014-2015世界のマネーは米国に向かうの読書と足跡 藤田勉 読書感想 この結果どうなった?

読書2

2014-2015世界のマネーは米国に向かう

著者 藤田勉

藤田勉(ふじた・つとむ)

シティグループ証券株式会社取締役副会長

一橋大学大学院博士課程修了、
経営法博士。

北京大学日本研究センター特約研究員。

慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所客員研究員。

慶應義塾大学「グローバル金融市場論」講師。

2006~2010年日経アナリストランキング日本株ストラテジスト部門5年連続1位。

内閣官房経済部市場動向研究会委員、
経済産業省企業価値研究会委員、
環境小環境金融行動原則起草委員会委員、
早稲田大学商学部講師、
第20回日本証券アナリスト大会実行委員会委員長などを歴任。

米国公認証券アナリスト、
ニューヨーク証券アナリスト協会レギュラー会員。

著書多数。

空前のアメリカ投資ブームが始まる!?

米国株、
REIT、
ETF、
MLP、
ハイイールド債。

多様化するドル資産に注目!金融緩和縮小のダメージは限定的。

最新の投資先を求めて!!2020年までにシェールガスでアメリカは世界一の石油輸出国となる。

だからドル高へ向かう。

よってアメリカが一番の投資先になる。

米国は覇権国として成長するだろう。

間違いなく。

米国株高、
ドル高、
米国の経済成長は間違いないと想定される。

だから、
アメリカに投資する。

アメリカの復活、
アメリカの新たな成長、
アメリカの進化。

アメリカに投資する理由はあるが、
アメリカに投資しない理由はない。

我々日本は、
アメリカ、
米国と共にまだ見ぬ未来へ成長する。

一歩踏み出す。

次なる、
成長企業は?

次なる成長分野は?

時代の変換がきている。

富の移転も始まっている。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

2014-2015 世界のマネーは米国に向かう

新品価格
¥1,944から
(2015/5/10 10:37時点)



2014-2015世界のマネーは米国に向かう

価格:1,944円
(2015/5/10 10:40時点)
感想(0件)





あなたの常識を論破する経済学 指標が物語るウソと真実   三橋貴明  読書感想 真実を知りたいならこの本を読んでから

あなたの常識を論破する経済学
指標が物語るウソと真実

著者 三橋貴明

読書2


「間違ったデフレ対策」「国の借金と消費税増税」「混乱のアベノミクス」「原発とエネルギー問題」…政府は嘘のレトリックだらけ!経済力とは、国民がモノやサービスを生産する力!

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

著者である三橋貴明氏は言われる、経世済民とは、世をおさめ、民を救う、事であり、国民を豊かにする政治だと。

国民を豊かにすると言う目標は、政府の政策に加えて、働く組の努力なしでは達成されないと著者三橋貴明氏は言われる。

著者三橋貴明氏曰く、日本国民が働き、物やサービスを生産し、日本国の需要を自らの力で満たしていくことにより、国家全体の供給能力が高まっていく、つまり国民経済の供給能力の蓄積こそが、経済力なのであると。

著者三橋貴明氏が言われたいのは、マネー供給は間違ってないが、消費税増税が全ての失敗であったとの事である。

アベノミクスの恩恵をうけている人間が何人いるのであろうか?

アベノミクスの恩恵をうけている人はいる、おそらく円安で儲かる会社の役員だと思われる。

しかし、アベノミクスの恩恵をうけてない人がどれだけいるのであろうか?

少なくても、経済は萎んでいる。

縮小している事に間違いはないと思う。

物価が上がらない、給料も上がらない。

法人税の減税は間違えであった、何故なら、法人税の減税しても社員に給料は回らない。

若年層失業率上昇は発展途上国への道である、こんな状況の中我が母国日本は幸せをつかめるのであろうかと、著者の三橋

貴明氏の本を読み不安になってくるものである。

しかし現実に若年層失業率が上昇しているのであろうか?

現在私の周りでは、仕事の募集をしても応募すらないのが現状である。

募集の内容も、パート期間工ではなく正社員として募集しているのにもかかわらず応募がないのが現状である。

ただ1つ気になることが、3Kと言われる職場である。

つまり失業率が上昇しているのではなく、働きたくない職場に働いてないのではないかと思いたくもなってくる。

このような状況が良いか悪いかはわからない.なぜなら働き手がいないとなってくると、給料を上げて募集しなければならない、つまり物価の上昇につながるということである。

物価の上昇につながれば、インフレ時代の突入であり、今の政策の成功にもつながるのかもしれない。

アベノミクスの成功である。

アベノミクスの成功や、著者の三橋貴明氏の言わんとしていることが正しいか、どうかは別であるが、日本経済が明るくなり、日本の社会が明るくなり笑顔の絶えない世の中になって欲しいと言う気持ちはある。

まずそのために、私自身が何ができるのかを考えて行動してみよう。

そして余裕のある人生を、余裕のある時間の使い方を私は送りたいもんであると、再認識させられる1冊であった。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

あなたの常識を論破する経済学 (経済界新書)

新品価格
¥864から
(2016/12/11 09:50時点)



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

全国民が豊かになる最強の地方創生

2016年 中国・ユーロ同時破綻で瓦解する世界経済 勝ち続ける日本

黄金の拘束衣を着た首相 

2015年暴走する世界経済と日本の命運 

G0.5の世界

2014年世界連鎖破綻と日本経済に迫る危機

知識ゼロ 元手ゼロから始める 月3万円稼ぐ アフリエイト実践教室 矢野朋義 密本花桜 読書感想

知識ゼロ 元手ゼロから始める 月3万円稼ぐ アフリエイト実践教室
著者 矢野朋義 密本花桜
新たな知識を求めてこの本と出逢う。
アフィリエイトで稼ぐことにより、もっと読書へ使うお金を増やしたい、そう思う私。
そんな時につき3万円でも稼ぐことができたらいいなと言うことでこの本に出会うことになりました。
今の時代は、安いものが選ばれる時代である事は事実です。
しかしその中で本当に世の中に発展するような良いものにお金を投資していかなければ、世の中に便利なものが生まれてくる話がなくなっていきます。
ではお金を気にせずお金を使うことができるかと言われれば、そんな事はありません。
やはりお金を気にして価格を選ばなければいけない時もあるでしょう。
だからこそアフリエイトで稼ぐことができればと思うのです。
最初のほうは、アフリエイトに必要なものの準備する方法が書かれています。
この辺から必要な方もいれば、この辺は飛ばしても良い方もいるでしょう。
中身のほうに入って行きますが必要な事は、まずジャンルを決めることとのことです。
どのジャンルのブログを書くかが大切であり、どの広告を選んで紹介して行くかも大切なことと言うことです。
この辺も必要な人と必要でない人が出てくるでしょう。
そしてやはりキーワードが大切になってきます、どのようなキーワードを選び、どのようなキーワードを差し込んでいくのかこれがポイントとなります。
さらに現在アフリエイトも含めてネットで販売されるのはパソコンよりもスマートフォンが多いのです。
いかにスマホで見やすい記事を書くのかが大切なことです。
そこにも工夫があり、学ぶ必要があるようです。
この本は、読みながら実践していかないと難しそうな気がします。
記事の内容も大切ですし、もっと大切な事は検索エンジンにブログを登録する事です。
これがなければ、検索に引っかからずなかなか表示されないと言うことになってしまいます。いかに表示されて画面上に出すかもアフリエイトする上で大切だということです。
言われてみれば当然かもしれません。
検索されなければ売れる可能性もない、それは自然の摂理だからです。
この本で学ぶことにより私も1歩成長することができたのではないかと思います。
自分ではわからないことを知ることができる、それが読書の醍醐味の1つであると思います。
フリー素材である、いらすとや、イラストACは特に参考になりました。
では自分にとって足りない知識と言うのは何か、それは自分にしかわかりません。
少なくとも今自分が知っていると言う事は、広い世界とは限らないと言うことです。
もっと世界は広いということを自分自身が理解すべきことかもしれません。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?
アフィリエイトでの稼ぎ方を「できるだけ」ていねいに解説しました!初心者にもできるだけ実現しやすい手法をとりました。稼ぎやすく、元手もかからない方法をセレクトしました!記事の書き方をできるだけ実践的に紹介しました。初めての方でも取り組めるように記事の書き方をパターン化したものを豊富に紹介しました!できるだけ操作手順を掲載するようにしました。ASPの操作からブログの書き方まで、紙面に余裕がある限り操作手順を掲載しました!

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
読書2

お金儲け2.0 著者 川島和正

お金儲け2.0
著者 川島和正


新たな知識を求めてこの本と出逢う
近い将来間違いなくブロックチェーンの時代が来る。
ブロックチェーンの時代が来るからこそ信用ポイントの時代になってくる。
その人にどれだけの信用があるのかがわかるようになってくるのである。
例えばであるが携帯でカメラをかざすとその人の信用ポイントが出されると言うことである。
それにより付き合う人と付き合わない人と出てくるのである。
そういう時代に突入してくると言うことである。
これからもっと失業者が増え、いかに暇つぶしをするのかが大事な時代になってくる。
だからこそその時代に時代の波に乗らなければならない。
そのためにも今どのようにしてお金を稼ぐかを学ばなければならない。
その稼いだお金でどのようにしてお金を稼げるのかに投資をしなければならない。
そのためにはまずは稼いでる人がどのようにしてお金を稼いでいるかを学ぶ必要があるのである。
自分で新しく生み出す事は難しい。
だからこそ師匠を選ばなければならない。
そしてこの本でも書かれているが、成功して1番時間作れる職業、副業は何かといいますとやはり不動産ビジネスである。
不動産ビジネスほど成功すれば楽なものはない。
だからこそ不動産投資をすると言う決断をすぐにするのではなく、まずは不動産投資の本を100冊ほど読んでから始めるべきである。
不動産投資も成功もあれば失敗もあります。
いろいろな考え方がありますので、そこは学ばなければなりません。
だからこそ難しいものもあれば、楽なこともあります。
不動産投資をするにおいて、チェックするものは、楽待であり、間日日であります。
そしてその他でもキャッシュフローナビと言うものに注目しなければなりません。
良い物件さえ見つかれば失敗することありません。
そして購入した物件を担保に新規物件を購入することで規模を拡大することができます。
慎重に進めつつもスピードあげればどんどん資産を増やすことができます。
だからこそ不動産投資は良いのです。
そして不動産投資の1番ポイントは格安物件に絞って買うことに尽きます。
これで成功する人が多く出てくるというものです。
不動産投資をするにおいてもいろいろな方法があります。
だからこそ自分自身で勉強しなければなりませんし、勉強したことが生かされる事が救いなのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


「川島さんは私の運命を変えてくれた人。
あなたもチャンスを掴みなさい」ー与沢翼

与沢翼氏をはじめ、多くの起業家に稼ぎ方を伝授し
多数の金持ちを育成してきた
10年連続年収1億円の川島和正氏が
最新の稼ぎ方と実例を紹介する渾身の一冊!


1転売で年収1億円稼ぐ方法
2アフィリエイトで1億円稼ぐ方法
3不動産ビジネスで年収1億円稼ぐ方法
4会員制ビジネスで年収1億円稼ぐ方法
5協会ビジネスで年収1億円稼ぐ方法
6貿易ビジネスで年収1億円稼ぐ方法
7通販ビジネスで年収1億円稼ぐ方法を
実例と最新ノウハウで徹底解説。

書籍「働かないで年収5160万円稼ぐ方法」を
30万部のベストセラーにし
12年間毎日稼ぎ方情報をメルマガで配信し
最新稼ぎ方情報が集まる川島塾を主催してきた
著者だからこそ書ける本当に稼げるノウハウ。

実例となっているのは、教え子も成功している
ビジネス書著者ばかりで信頼性が高く
あなたが知らない本当に使えるノウハウを
学べること間違いなし!


あなたもこの本を読むことで
「今何をすれば本当に稼げるのか」
「どうすれば効率的に取り組めるのか」がわかり
丁寧に取り組めば嫌でも収入は増えていきます。

また7種類の異なる稼ぎ方を解説しているため
「副業で時間をかけずにやるには何がいいのか」
「資金ゼロでもできる方法はどれか」
「リスクなくできる稼ぎ方は何か」など
あなたのニーズに合わせて選ぶことが可能です。

自分で稼ぐ力を必要とされるこれからの時代
本書『お金儲け2.0
手堅く1億円稼げる7つの最新手法』は
あなたを助ける
最強の稼ぎ方バイブルとなるはずです!

お金儲け2.0 手堅く1億円稼ぐ7つの最新手法 (単行本)

新品価格
¥1,620から
(2019/8/10 18:32時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




パーフェクトストーム黄金の相場予測2019 迫りくる世界同時「大不況」 著者 若林英四

パーフェクトストーム黄金の相場予測2019
迫りくる世界同時「大不況」
著者 若林英四


新たな知識を求めてこの本と出逢う
ついにデフレの時代が始まった。
誰がそれを認めるかどうかである。
中国は2019年10月に建国70周年を迎える。
だからこそ景気対策が実行されるのである。
これから中国の崩壊が始まる。
中国は本来北京オリンピック後に崩壊するはずだった。
しかし崩壊には至らず今に至る。
という事は今に崩壊するということがまた先延ばしすることができるかもしれない。
そういった考え方もできる。
いろいろな考え方ができる。
いろいろな考え方をするためにも知識をつけなければならないし、そのためにも本を読まなければならない。
だからこそ本を読む事は素晴らしいことであると言うことだ。
中国、米国共に破綻に向かっている。
破綻という言葉を使うと悪いイメージがあるが、新しい世界への幕開けと考えれば、そんなに悪くないはず。
大切な事は未来である、明るい未来である。
その未来に向かって人は歩き出す。
そして、成長する。
それが、中国であれ、米国であれ、日本であれである。
これからどうなるかはわからない。
しかし、人は生きていく。
行きていくからこそ、成長は必須である。
この著者は大胆である。
2023年には65円まで円高が進行すると言っている。
これは、半端なく凄い事である。
実際になったらの話だが、なるわけないのではと考える。
だからこそ、面白い。
このようなかんがえが本になるのである。
だからこそ、面白いのである。
円高株安で儲かるのは誰だ?
これがポイントであろう。
円高で儲かるのは、著者を含め円高株安を望んでいる人達である。
人は必ず自分が得したい。
だからこそ得をするためにどのような行動するのかを考えて発言するのです。
それが決して悪いことではありません。
いかに自分が得をする考え方をするのか、得をするやり方をするのかを考えなければいけません。
それが悪いことなのです。
流されてはいけません。
自分なりの考えを持つことが大切なことです。
自分なりの考え方を持つためにも知識をつけなければなりません。
そのためにもやはり本を読むことが大切なこととなってきます。
だから本を読むことを推奨するのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


黄金の相場予測2016

世界経済の破断界


1ドル65円、NYダウ8701ドルの衝撃!
大不況の入口に立ついま
2023-24年の大底までに
何にどう投資したら勝ち残れるのか
リーマンショックは21世紀大恐慌の本番ではなく、2019年7月から米国、中国、EU、日本で同時に始まる世界同時「大不況」こそが
本当の大恐慌=パーフェクトストームであると、相場予測のゴッドハンド・若林栄四が喝破します。

すなわち、

・奇跡の成長がついに終わって共産党が抑え続けてきたリスクがついに示現する〈中国〉
・新自由主義40年の宴の終幕にトランプが登場してバブルの最終局面を迎えている〈米国〉
・低金利政策と株式ETF購入という世紀の愚行で円ショート爆弾を世界にばらまく〈日本〉
・倒産株価以下で推移するドイツ銀行リスクがユーロ崩壊引き金を引くことになる〈欧州〉

という要因が黄金律の日柄で同調するのが2019年から2024~25年です。

本書では、それぞれの国の状況を歴史的大局観を織り交ぜつつロジカルに分析するとともに、オランダのチューリップ・バブル以来、
これまでの経済史上で繰り返された恐慌の歴史に遡り、いままさに迫りくる世界同時「大不況」の実像について、その時期と相場の水準を具体的に描きます!

黄金の相場予測2019 パーフェクト ストーム

新品価格
¥1,620から
(2019/8/10 18:27時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村





なぜ本を踏んではいけないのか 著者 齋藤孝

なぜ本を踏んではいけないのか
著者 齋藤孝


新たな知識を求めてこの本と出逢う
答えは本には人格があるからである。
本を踏む事は、著者の人格を踏みにじる事である。
本を読むからこそ思考力ま、人間性や人間力も深まると考えられている。
これが大切な事である。
人類が進歩していくために、必要不可欠な事である。
本にはこの人でなければかけなかったという本がある。
それは実体験でもあり、その体験を読ませてもらうという事である。
その事により、新たな体験が可能になる。
それ以外は意外と入ってこない。
つまり、著者の人格を尊重する為に、本を踏むなという事である。
これは、本を愛する人の価値観であり、思考である。
価値観は人それぞれである。
本が好きな人もいれば、本が嫌いな人もいる。
読了した本を、人に伝えよう。
そーする事により、より深い知識が会得できる。
人は第1印象で変わる。
本も同じである。
本を読む事ができる立場なのに、本を読まない事はチャンスを捨てていると言っても過言ではない。
残念ながらこの本を読んでも本を読む大切さを学ぶことができるが、そこまで深い知識を得ることができない。
これはあくまでも私の考え方である。
もちろん、マニアックな知識を得ることができる。
マニアックな知識というのが私の価値観であり、他の人の価値観では無いのかもしれない。
これが人間の面白さである。
人間の面白さを楽しむためにも、自分自身が成長するためにも、本を読むと言う行動から、逃れることができない。
本を読まない人よりも本を読む人の方が成長する。
それは間違いないことである。
ただし自分自身がどのような価値観のもと生きていくかは別の話である。
成長したいと思う人もいれば、成長望まない人もいる。
だからこそ価値観の押し売りは問題である。
しかし成長望むのであればやはり本を読むべきだと思う。
だからこそ、本を読む人が多いのである。
特に成功者はである。
あなた自身がどのような人生を望んでいるのかはあなた次第である。
そこにあなたの望む人生があるのかどうか。
私たちの望む人生があるのかどうか。
全てはあなた次第である。
あなた自身が何を望むのか?
あなた自身が何を求めるのかそれ次第である。
選択肢を増やすためにもやはり本を読むべきである。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


齋藤孝の東大式読む力

大人の対応

1分間資本論

本はいまや絶滅危惧種になりつつあるのか。
本は情報であり、パソコン上にありさえすれば何の不自由もないのか。
しかし、紙の書物という形式はもっと本質的な意味を持っているのだ。

5000年以上前にかかれた最古の「ギルガメシュ文書」以来、人類にとって最も重要なことが書かれ、
受け継がれてきた「本」というものは、おそれ敬うべきものだったのだ。
「聖書」にしても「論語」にしても「仏典」も、「コーラン」もそして「ソクラテスの弁明」も、
いずれも、師匠が弟子に語り継ぐ形で書かれている。
「本を踏んではいけない」、ここには重要なメッセージがある。
「本を重要なことを教えてくれる師匠の人格として扱い、読むように」、
そうすればその教えが明確に伝わり、身に着くはずだということである。

本書は365日本に埋もれた生活を続ける稀代の読書家齋藤氏が自身の読書体験、
影響を受けた書物、読んでためになる書物などを紹介しつつ、本当の読書の醍醐味と
本物の知識と教養を売るための読書法を案内する「読書のすすめ」である。

ここには最高にぜいたくな「知」の宝庫があるのだ。
思わず納得。本物の知識と教養を売るための最も豊かな読書術。

なぜ本を踏んではいけないのか: 人格読書法のすすめ

新品価格
¥1,000から
(2019/8/10 18:25時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




正しく評価してくれないこの会社に限界を感じたとき読む本~「自分を高く売る」ためのキャリアデザイン戦略~ 著者 江田泰高

正しく評価してくれないこの会社に限界を感じたとき読む本~「自分を高く売る」ためのキャリアデザイン戦略~
著者 江田泰高


新たな知識を求めてこの本と出逢う
世の中には、「評価される人」と「評価されない人」がいます。
大切な事は評価しているのは誰なのかを明確にしなければなりません。
評価しているのか誰なのかを自分自身が把握しなければなりません。
評価されない人の多くが、本来注力する必要のない部分でがんばっている可能性があるのです。
本来自分が頑張るべきポイントはどこなのかを見直ししなければなりません。
なぜ他人に対してストレスがたまるのか?
それは判断基準が自分基準になっているからである。
皆それぞれ価値観が違うのであり、皆それぞれ考え方が違うのである。
だからこそ判断基準と言うものを明確にしなければならない。
人はどんな環境であっても常に成長し続けることができます。
社内の提案が100%通る事はほとんどありません。
意見が通らないからこそ努力が必要なのです。
だからこそ成長が必要なのです。
仕事ができる人のところに良い仕事は集まってくるものです。
誰でもできる仕事をするのではなく、自分にしかできない仕事をすることで付加価値のある人間になることを目指す必要があるのです。
人は満たされない生き物であると言われています。
だからこそ何かしらの不満を感じるのです。
不満がないことなどありません。
不満と付き合っていかなければなりません。
だからこそ私たちは成長しなければなりません。
だからこそ私たちは学ばなければなりません。
そのためにどうすれば良いのか?
それはやはり本を読むことです。
人は1万時間勉強すれば、経験すれば一人前になります。
机上での勉強にしろ、OJTにしろ経験を積むことが大切だということです。
会社にとって本当に優秀な人材とは、抜けたときに「いなくなって困る」と言われるよりも、「忙しいけど何とかなるね」と言われる人なのです。
何かを選ぶ事は何かを捨てる事、色々なビジネス本に書かれてます。
色々なビジネス本に書かれているという事は、大切な事となるのです。
年収の1割は自己投資に使うことが大切である。
それがあなた自身の成長につながるのである。
そしてそれがあなた自身の未来につながるのである。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


〜5年で年収を4倍にした転職のプロが明かす
「自分を高く売る」ためのキャリアデザイン戦略〜

★出世や転職を成功させる「自分の値段」を上げる技術
★今の会社に幻滅を感じてしまった人のための賢い転職術

◎誰でもできるただ処理するだけの仕事を、あなたはいつまで続けるのですか?
◎評価されないこの会社に、いつまで耐えられますか?
◎なぜあなたは、「安い人」になってしまうのか?
◎ミスマッチな会社から逃げ出しても、何も変わらない!?
◎やりたい職種の市場評価を上げて、自分を高く売ろう!
◎転職・評価面談で自分の値段を上げる方法とは


第1章 なぜあなたは、「安い人」になってしまうのか?
第2章 今の会社での評価を上げるキャリア戦略
第3章 転職市場での評価を上げるキャリア戦略
第4章 転職でも職場でも評価を上げるワンランク上の仕事術
第5章 「自分を高く売る」ためにやるべき10の実践事項

正しく評価してくれないこの会社に限界を感じたとき読む本

新品価格
¥1,200から
(2019/8/10 18:22時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




スマートアイランド 著者 竹内奏歩

スマートアイランド
著者 竹内奏歩


新たな知識を求めてこの本と出逢う
ITを駆使した島が作られた。
そこに応募する子供たち。
そこでどのようなことを学びに行くのか?
またそこはどのような想像をされた世界であるのであろうか?
小説だからこそ作られる世界、この世界がどのような世界なのか楽しみにこの物語が進んでいく。
新しい世界での体験、こんなにドキドキする事はない。
まるで子供の冒険である。
子供の冒険と言えば不屈の名作である、スタンドバイミーを思い出してしまう。
脱線してしまった。
この子供の冒険がどのようにITと結びつくかが興味深い。
ヒントはプログラミングになる。
この、プログラミングを使用して操る事でITを、より有効活用できるのである。
そこに、新しい発展があり新しい未来が隠されているのかもしれない。
そのような考えを持って人は小説を読む人もいる、もちろんそのような考えを持って読まない人もいる。
この本は残念ながら今のところ私にとってプラスになるところがない。
しかしたから悪いわけではない。
こういう考え方もいると言うことを知らなければならない。
つまり人はいろんな考え方を持っていると言うことである。
たくさんの人がいればたくさんの考え方があると言うことである。
そこに人間の面白さがある。
だからこそいろいろな考えを持つためにもいろいろな人と出会い、いろいろな人と会話をして、いろいろな本を読まなければならない。
そうすることにより自分とは違う価値観に出会えることがある。
自分だけが選んでいては偏った価値観となってしまう。
だからこそ自分とは違う価値観を大切にしなければならない。
そこに感謝をしなければならない。
このような感想になってしまうと言う事はこの本に対して私はあまり興味を持たなかったと言うことである。
それが悪いわけではない。
あくまでも私は興味がないと言うことである。
しかし、この本を読んで擬似体験した方も多いでしょう。
その擬似体験により新しい発想が生まれかもしれません。
誰が新しい発想を産むのか、いつイノベーションされるのか、そらは誰にもわからない。
それでも自分なりの考え方を伝える事は大切な事。
そこに感化される人もいれば、影響されない人もいる。
未来はわからない。
ITが悪いのではない。
いつの時代も悪さ、悪い方向に持っていくのは人間なのだ。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


冒険にはITを友とせよ! ?
近未来の世界を体感できるITアドベンチャー小説!

未来のエリート育成を目的としたイベント「ノア・グランゼコール」参加のため、全国から集まった100人の中学生たち。
参加者の一人である内藤一樹は、
現地で仲良くなった篠田沙也加、杉田千成、丸山太郎らとともにさまざまなミッションに挑むなかで、最先端のITに触れ、仲間との絆を深めていく。
一方、イベントの裏では国家のある“重大機密"を巡った駆け引きが行われていた――。

『シンギュラリティ』『A/Identify』に続く、シリーズ第3弾!
今回は、高度にIT化された島を舞台に中学生たちのひと夏の奮闘と成長を描きます。
物語には、AIロボット、ドローン、パーソナルモビリティなど私たちの生活に身近になりつつあるITが数多く登場します。
それらの技術によりさまざまなモノが自動化・無人化されたとき、
私たちの生活は、人間の役割は、どのように変化していくのか――
登場人物たちとともに、一足早く体感してみてください。

スマートアイランド

新品価格
¥1,079から
(2019/8/10 18:16時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




捨て本 著者 堀江貴文

捨て本
著者 堀江貴文


新たな知識を求めてこの本と出逢う
大切なモノを捨てていくことが、本当に大切なモノにアクセスする手段となる。
時代の変化点にきている、ブランドより自分にとって必要なものが優先される。
自分が求める質を大切にしていれば、低い年収でも幸せは手に入る。
お金で買えるものに、時間と資金を投じるのは無意味である。
獲得と所有を一緒にしてはならない。
獲得は報酬である。
所有はリスクである。
金で満たされるものに時間と出費を投じるのは、無意味である。
まさにその通り。
ビジネスにおいても、少しの利益のために、少しの稼ぎのために自分で行うという風習が日本には存在する。
これは、稼ぐチャンスを捨てているだけである。
また、堀江貴文氏は面白い考え方をしている。
孤独に悩んでいる人は、きっと性格の問題ではなく、やりたいこと不足なのだと、これはまさにその通りである。
なぜ友達つくりをしなければならないのか?
それは、自分がしたい事がないからである。
だからこそ、熱中できる、何かを探さなければならない。
プライドは所有欲と同じくらい捨てても良いものである。
プライドほど、いらないものはない。
これは、人生においてもである。
プライド、もしくはミエ、これが貴方の将来を妨げる。
意見が違うのは当たり前、違う意見を受け止める必要がある。
そう感じます。
最近は人のせいにする人が増えている。
進めるべき事があるのであれば、借金してでもすべきである。
ただし、ぎゃんぶるや遊びなどの借金は駄目。
進めるべき事がある幸せを感じ取らなければならない。
ビジネスは、目的と利害関係が一致すればたいがい上手くいくものである。
合わない人は切り捨てる、切り捨てる以外選択肢はない。
この精神的強さが堀江貴文氏の魅力であろう。
捨てた事に痛みを感じるのは、ヒマだからである。
ヒマがなくなるほど働けば痛みはなくなる。
そのような考え方も大切である。
捨てること、それは前に進むことである。
人にはいろいろな出来事が起こり、人にはいろいろな困難が待ち受けている。
そんな世の中でも前に進まなければならない。
だからこそ捨てることが大切だということだ。
そして人を信用しすぎてはいけない。
人を信用するなと言うことでは無い100%信用するなと言うことである。
人は生きる人種だからです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


ハッタリの流儀
あり金は全部使え
疑う力

我が闘争
マネーと国家と僕らの未来 

良くも悪くも、あなたの持ち物は重くなってはいないか。
大切にしていた「はず」のモノで、逆に心が押しつぶされそうになってはいないか。

だから、ビジネスも人生も「捨てる」ことからはじめよう。
「これから」を、病まないで生きるために。

堀江貴文が満を持して贈る「捨てるため」の本。

時代の寵児から一転した逮捕・収監を経て、令和元年、ついに日本初の民間ロケット打ち上げ実験を成功させた堀江貴文。
その折々にあったのは「捨てること」「持たないこと」を徹底した思考法だった。

もし、自分にある種の強さがあるとすれば、それは「捨てる」ことへの、ためらないのなさかもしれないーー。
幼少期の原体験から東大、ライブドア時代と、久し振りに自身の半生をゼロから振り返った「原点」がここに。

逆境にあっても未来を見据えながら、今を全身全霊で生きる。
そのために、捨てるべきものは何か。持っていなければいけないものは何か。

ライフハック、お金、仕事から人間関係まで、「所有」という概念が溶けたこの時代に最適化して、幸せに生き抜くためのメソッド集。

タイトル題字:堀江貴文

<目次より>
―本当にそれは必要ですか―?
大切なモノを捨てていくことが、本当に大切なモノにアクセスする手段となる。

―所有欲―
「所有」と「獲得」。この2つは似て非なるものだ。決して混同してはならない。

―プライド―
辛く苦しいときに、どう対処するか。あえてピエロになるという選択。

―誰かのせい―
自己否定の連続こそが強いアイデンティティを育てる。他人のせいにしても、あなたの未来は開けない。

―人間関係―
ステージごとに人間関係はリセットする。しがみついているのは、むしろあなたの方かもしれない。

―愛着―
根拠のない「愛」とか、ましてや「縁起」とか(笑)。全部捨てて何が悪いのか?

―結婚―
ひとりきりは寂しかった。でも、自分で「捨てる」と決めたから後悔はしない。

―家―
それは家族のため? 自分のため? 全部、違う。あなたは刷りこまれているだけだ。

―家財一式―
収監という「強制断捨離」。何もない部屋で感じたのはすがすがしさだった。

―分かち合うこと―
独占ではなく共有。体験は共有することで楽しみのバリエーションが広がる。

―持ち物と思い出―
思い出を捨てられない人はヒマなだけだ。場所はおろか時間まで取られてタチが悪すぎる。

―嫌な仕事―
辞められない理由はなんだろう。安心感? 安定感? 嘘だ。〝損切り〟に臆病になっているのだ。

―好奇心―
誰からも奪われることがない自分だけの人生の相棒が「捨てるもの」を最適化する。

捨て本

新品価格
¥1,490から
(2019/8/6 14:38時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




人生も仕事も変わる!最高の遊び方 著者 成毛眞

人生も仕事も変わる!最高の遊び方
著者 成毛眞


新たな知識を求めてこの本と出逢う
遊びとは、クリエイティブな暇つぶしである。
こんな考え方はなかなか難しい。
こんな考え方に出逢えたのも、やはり本を読んだからである。
だからこそ、本を読む事は大切である。
人間には、3つの資本がある。
『金融資本』『人的資本』『社会資本』であります。
この3つが揃っていれば、遊びに困る事はないでしょう。
しかし、なかなか揃っている人は少ない。
だからこそ、遊びは貴重である。
だからこそ、遊びにこだわりは必要である。
ビジネスにおいてとにかく大切な事は時間を使うことである。
一般的に3000時間を超えたら一人前と言われている。
しかし遊びはそういうわけではない。
遊びは大体1000時間だけで良いと言われている。
よって長続きするものを探さなければならないし、長続きするものを選ばなければならない。
そうすることによってまた違う価値観を持つことができ、違う趣味を持つことができる。
趣味と言うものは、遊びと言うものは結局はやってみないとわからないものである。
ではどんな遊びがあるのか、例えばである食べかけの食品サンプルを作る。
古雑誌を使ったコラージュを作るのも1つの遊びである。
使い物にならない家具を作るのも1つの遊びである。
簡単楽器を試して必ず1曲弾けるようにするのも1つの遊びである。
俳句よりも川柳を作るのも1つの遊びである。
日本百名山を麓から眺めるのも1つの遊びである。
観光地の名前を使った飲食店を制覇するのも1つの遊びである。
レゴで絵を書くのも1つの遊びである。
コマ撮りレシピ動画を作るのも1つの遊びである。
環境を録音するのも1つの遊びである。
文豪の墓を本気で墓参りするのも1つの遊びである。
東京23区の最中屋の糖度を比べるのも1つの遊びである。
いきなり7大陸最高峰を登るのも1つの遊びである。
変な美術館、博物館巡りも1つの遊びである。
土曜日は子供を連れて学食巡りするのも1つの遊びである。
ベランダで作物を作るのも1つの遊びである。
普段使っている電化製品を持ってキャンプするのも1つの遊びである。
面白いケイタリングを呼んでパーティーをやることも1つの遊びである。
葉巻を熟成させることも1つの遊びである。
小道具、古民家の建具を集めも1つの遊びである。
遊びはいろいろ存在するものである。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

amazon世界最先端の戦略がわかる


人生は遊んだもん勝ち!? 「遊び」のエキスパート、
成毛眞(HONZ代表、元マイクロソフト社長)氏が贈る、人生の遊び方。
遊びの定義から作法まで、誰もやったことがないけど、もし、やってみたら
「あれ、本当にやったの? すごい!」と言われてしまう、
そんな「Aマイナー」な遊びを伝授します。
マイクロソフト社長時代、退任後のHONZ立ち上げ、そして現在まで。
仕事もしたが、そのぶん遊び倒した成毛氏の遊びエピソードも満載!

人生も仕事も変わる! 最高の遊び方

新品価格
¥1,200から
(2019/8/6 14:35時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




哀愁のニューイングランド 著者 安濃豊

哀愁のニューイングランド
著者 安濃豊


新たな知識を求めてこの本と出逢う
海外転勤となる、家族がついてくるかどうかの話し合いの場で家族はついてこないと言う決断が降る。
そして離婚である。
離婚してまで研究に没頭したい、この気持ちは果たしてどこに向かうのだろうか?
研究内容は「雪の風洞シュミレーション」である。
雪国に住む人たちにとってはかけがえのない研究となる。
だからこそ立ち向かわなければならないと言う考え方である。
研究者にとって研究の世界も、年功序列である。
年齢が論文を通すもので、そういう人間関係を学ぶことができるのがこの経済小説である。
人間は嫉妬する生き物である。
これを決して忘れてはいけないものである。
だからこそ人は秘密が多いのである。
その秘密が人をまたセクシーにするものである。
米国に来て、祖国日本を捨て米国になろうとしている人もいれば、米国を捨て日本行きを期待している人もいる。
つまりは、その土地に馴染めるのかどうかである。
馴染めなければ意味がない。
どんな良き土地でもである。
だからこそ、自分の気持ちの持ちようが大切である。
差別は何処の国に行ってもなくならない。
仕方のない事である。
それが日本、米国であってもだ。
だから人間は醜い。
ワガママをとおし、自分の人生を選んだはずの家族、いや妻がよりを戻したいと言ってきた。
今更、都合の良い話である。
米国にわたり研究に没頭している。
それであれば米国に来るのか?
そんな葛藤が行われる。
米国で生きていくには、祖国を大切にする事が大切である。
祖国はルーツなのだから、これほど大切にしないといけない理由はない。
だからこそ、ルーツを大切にして違う目線で自分を見つめ直す必要がある。
そこに、新しい自分、新しい価値観があるのだから。
大切にしなければならない。
どの国にも、どの社会にも妬みや憎しみは存在する。
だからこそ、自分なりの価値観、自分なりの考え方を尊重して生きていかなければならない。
そこに価値があるのだから。
そこに新しい創造があるのだから。
常に科学、そして進歩を見据えて、新しい未来に向けて、自分ができる事は何か?
この物語は祖国の大切さを学ぶことができる。
祖国を捨てる事は、親を捨てる事、この物語が貴方にとってどう、影響するのかたのしみである。
祖国を改めて考えさせられる本。
太平洋戦争を改めて考えさせられる本。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


日本の閉鎖的な学会に失望し、祖国日本を捨て、家族と別れ、一人渡米した元キャリア官僚の研究者・田中俊彦。
アメリカ・ニューイングランドで、大東亜戦争に勝ったのは実は日本だったという日本戦勝論を聞き、彼は捨てたはずの祖国日本に想いを馳せる。

哀愁のニューイングランド

新品価格
¥1,728から
(2019/8/4 08:01時点)







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




会社で働きながら6ケ月で起業する 著者 新井一

会社で働きながら6ケ月で起業する
著者 新井一


新たな知識を求めてこの本と出逢う
働き方改革により、残業が減り残業代が減り、年収が減り始めています。
どうすれば良いのでしょうか?
副業しかありません。
そんな時代に突入したのです。
起業する事は大変難しいのです。
企業して約1年で約4割が倒産しております。
だからこそ、辞めずに起業する事をお勧めします、という事です。
ビジネスで成功するには、知、人、金の3バランスが必要です。
どれを欠かしてもいけません。
知識は、私達を前進させる力となります。
人は、私達を支える、引き上げる力です。
カネは、知を得るためにも、人を得るためにも必要となる力です。
自分が何に興味を持ち、何がしたいのかを探す旅から始まる。
まずは、そこからである。
それを考えると如何に、遊び、如何に旅をするのかではないかと考える。
これから起業するにあたり最低限欲しいものがあります。
その1つはビジネスについての専門知識です。
そしてお客様に知ってもらうことも大切です。
顧客獲得のための知識となります。
誰もあなたの事など知らないと言う現実を突破できずに終わってしまうことが多々あります。
最後に必要なのは経営のための知識となります。
いろいろなものを管理するための知識が必要となってくるのです。
数字をきちんと管理しておかないと後で困ってしまうのは自分自身です。
人に頼る事は決して悪いことではありません。
話を聞いてくれる人、自分を受け止めてくれる人、応援してくれる人を頼りましょう。
ご家族の理解や協力なしに企業の準備を進めることが非常に困難なことです。
そして3種類のお金が必要となります。
それは「生活のための資金」、「投資資金」、「ビジネス構築後の運転資金」となります。
これらの資金のために借金をする必要はありません。
よくよく考えて動かなければなりません。
儲け話系の副業は決してうまくいくわけありません。
だからこそ努力をすることが大切なことです。
それが周りの人を幸せにできる事業なのか、誇りを持って人に言える事業なのか、長く続けられて楽しそうなことなのか、これが大切なことです。
そして強い人脈を作ることが大切なことです。
世の中には企業並みと言う言葉もありますので気をつけて頑張っていきましょう。
思い立ったらとにかくすぐ行動することが大切なことです。
最初から大きなことなどできない、大失敗したくても事業規模が石町なのだからたいした失敗もできないと言うことが大いにあります。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


リスクゼロで小さく起業会社を辞めずに「あと5万円!」稼ぐ

好きな人とだけ仕事する! 最少リスクで失敗回避!

「会社がイヤだ」「給料が少ない」の悩みをすべて解決
人生のフリーパスを手に入れる!

・趣味の副業で月50万円
・独立、法人化で月200万円など
無理のない形で事業を拡大!

ビジネスのアイデア、人脈、集客・マーケティング、資金繰りなどの基礎が見につく


1万人超の起業を支援し、起業できる人とできない人の違いを見極めてきた著者が教える
「180日でできる起業準備トレーニング法」。
どうすれば、最小のリスクで起業ができるのか。
それは会社に勤めながら「知」「人」「金」の3要素を高めていくこと。
それができれば、誰でも自分のやりたいビジネスを始められるようになる。

新井 一(あらい・はじめ)
1万人の起業をプロデュースした「起業のプロ」。
1973年生まれ。会社員のまま始める起業準備塾「起業18フォーラム」主宰のほか、インターネットからの集客術に特化した起業家向けマーケティング支援などを行う。社会とのかかわり方に問題を抱え、高校・大学と海外のスクールに単身就学。帰国後、日本の企業に就職するも、人嫌いを克服できず、さまざまな失敗を繰り返す。社会になじめず、会社になじめず、自分の居場所を探して、15年間、会社員をしながら事業を続け、独立後は「起業のプロ」として起業家を育てる。
特徴は「人生を変えたい」と願う会社員はもちろん、自立を目指す主婦からニート、フリーター、落ちこぼれまで、起業とは程遠いと思われがちな人材を一発逆転させてきたこと。「一緒に考える起業支援キャリアカウンセラー」として高い評価を受けている。
主な著書に『朝晩30分好きなことで起業する』『会社を辞めずに「あと5万円!」稼ぐ』(共に大和書房)、『会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業』(明日香出版社)がある。

会社で働きながら6カ月で起業する 1万人を教えてわかった成功の黄金ルール

新品価格
¥1,273から
(2019/8/4 07:58時点)







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




現地からの緊急警告、いま中国で起きている大破局の真相の読書と足跡 邱海涛 読書感想 中国を知ろう

読書2

現地からの緊急警告、いま中国で起きている大破局の真

著者 邱海涛

1955年中国上海生まれ、
上海外国語大学日本語科卒業。

1985年に来日し、
慶應義塾大学および東京外国語大学で学んだ後、
日本企業で十年間勤務する。

現在、
中国と日本の間で出版や映像プロデューサーとして幅広く活動中。

中国五千年性の文化史』(徳間文庫)、
『ここがダメだよ中国人』(徳間書店)、
中国セックス文化大革命』(新潮社)、
『チャイニーズレポート』(宝島社)など著書多数。

ついに始まった経済崩壊で、
中国は大混乱に陥っている!ローン地獄、
役人腐敗、
富の略奪、
環境汚染、
反日…不信と不幸が渦巻く中国の「いま」をレポート!

銀行崩壊、
略奪の横行、
ゴーストタウン化。

中国はもうだめだ。

日本人が知らない 中国の現実と今後。

2013年現在地方政府の債務残高は20兆元(約360兆円)2012年中国のGDPは、
約44兆元。

年間税収は約4兆元。

じつはとんでもないことになっていると言える。

目立つのは、
シャドーバンキング・理財商品を利用した乱脈融資と政府の規制によって引き起こされた。

李嘉誠氏が広州、
上海で不動産を売却し始めた。

これはひとつの信号だと思う。

皆さんも気をつけた方が良い。

王石社長がウェイボーで発信した。

中国が何処へ向かってハンドルをきるか?

これからは、
ハンドルのきりさきに大いに注目をあびるだろう。

銀行の金不足で住宅ローンもstop、
銀行のなりふりかまわず資金の引き止め、
シャドーバンキングの実態、
理財商品の崩壊、
被害者は続々と金融会の大粛清が始まる。

制御不能のインフレ恐る政府、
金融機関から大量の逮捕者、
中国の金融は闇だらけ、
中国から逃げ出す富豪たち、
高まる海外の警戒感、
中国経済は既に崩壊している。

中国の成長率は7%を下回る、
実際の成長率は2.5%か?

中国経済が抱える3つの欠陥。

中国バブルは確実に崩壊する。

抵抗勢力となる太子党と習近平・李克強の関係。

GDP依存という病、
より大きく 多くという中国人の心理、
現在も大躍進時代にそっくり、
中国人のあまりにひどい大言壮語、
習近平は評価基準を改善出来るか?

国に潰される中国企業。

ますます不幸になる中国人。

中国を蝕む想像を絶する役人腐敗。

いい加減な社会の実態、
悲劇を産む中国人の思考回路、
中国の未来と日中激突の行方。

どうなる中国?

どうする中国?

世界平和は中国にかかっているかもしれない?

真実はいかに?



いま中国で起きている大破局の真相: 現地からの緊急警告 (一般書)

新品価格
¥1,404から
(2015/5/10 10:29時点)



いま中国で起きている大破局の真相 [ 邱海涛 ]

価格:1,404円
(2015/5/10 10:35時点)
感想(0件)








にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




グーグルに学ぶ最強のチーム力成果を上げ続ける5つの法則 著者 桑原晃弥

グーグルに学ぶ最強のチーム力成果を上げ続ける5つの法則
著者 桑原晃弥


新たな知識を求めてこの本と出逢う
最近
マネージャーか育たないと言われてます。
その理由として、突然化、二重化、多様化、若年化が挙げられます。
グーグルは非常に若い企業だか、世界トップレベルの企業である。
その土台は企業文化の作り方にある。
ミッションは明確であり、忠実であり続けろという企業風土。
優れた人材を惹きつけ、その能力を最大限に引き出す事が大切である。
自分より優秀で博識な人物を採用せよ。
学ぶもののない、あるいは手強いと感じない人物は採用してはならない。
プロダクトと企業文化に付加価値をもたらしそうな人物を採用しなければならない。
両方に貢献が見込めない人物は採用してはならない。
仕事を成し遂げる人物を採用せよ。
問題について考えるだけの人物は採用してはならない。
熱意があり、自発的であり、情熱的な人物を採用せよ。
仕事が欲しいだけの人物は採用してはならない。
周囲に刺激を与え、協力できる人物を採用せよ。
1人で仕事をしたがる人物は採用してはならない。
チームや会社と共に成長しそうな人物を採用せよ。
スキルセットや興味の幅が狭い人物は採用してはならない。
多彩で、ユニークな興味や才能を持っている人物を採用せよ。
仕事しか能がない人物を採用してはならない。
倫理観があり、素直に意思を伝える人物を採用せよ。
駆け引きをしたり他人を操ろうとする人物を採用してはならない。
最高の候補者を見つけた場合のみ採用せよ。
一切の妥協は許されない。
Googleが特にこだわってるのが人材の採用である。
会社は人が全てであるまさにそう言っている。
チームの機能性も大切であるかその時Googleはこのように考える。
メンバーの話を最後まで聞いてますか?
あなたはメンバー全員に平等に発言の機会を与えてますか?
あなたはメンバーが発言を終えた後、その内容を要約してますか?
あなたは反対意見が出ることを好ましく感じていますか?
あなたはメンバーが話をしているとき、メモを取ったり相槌を打っていますか?
あなたは悪い報告を伝える社員に感謝をしていますか?
あなたは失敗した社員と一緒に検討していますか?
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

お金を引き寄せる世界一の投資家バフェットの成功習慣


日本で「働き方改革」がしきりと叫ばれていますが、その内容のほとんどは「いかにして残業時間を減らすか」であり、肝心の「いかにして成果を上げるか」はすっかりおいてきぼりをくっています。これでは何のための働き方改革かわかりません。
大切なのは「いかにして成果を上げるか」「いかにして生産性を上げるか」「いかにしてイノベーションを起こすか」であり、それさえできれば「何時間働くか」「残業はどうするか」はさしたる問題ではありません。
問題なのは「成果も上がらないのにだらだらと長時間残業をする」という働き方であり、しっかりと成果が上がれば働く人も企業も「時間」などあまり気にすることはないのです。

では、成果を上げるためには何が必要なのでしょうか?
そのひとつの答えとしてグーグルが提示したのが「チームを成功へと導く5つのキーワード」です。

「心理的安全性」
「信頼性」
「構造と明瞭さ」
「仕事の意味」
「仕事のインパクト」

この5つのキーワードをもとに、グーグル流の「チームのつくり方、運営の仕方、採用の仕方、失敗を恐れない仕事の進め方」などを紹介し、成果を上げ続けるチームを作りたいと考えている人の参考となることを目指します。

グーグルに学ぶ最強のチーム力 成果を上げ続ける5つの法則

新品価格
¥1,620から
(2019/7/28 23:12時点)





忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本