FC2ブログ

今すぐ本を出しなさいビジネスを成長させる出版入門 著者 水野俊哉

今すぐ本を出しなさいビジネスを成長させる出版入門
著者 水野俊哉


新たな知識を求めてこの本と出逢う』。
マーケティングか必要で、出版マーケティングこそ費用対効果が高い。
その利点は3つ。
1.信用度が高い。
2.有名になり、講演会や取材のオファーがある。
3.バックエンド商品が売れる。
これが大きいということである。
だからこそ本を出版しなさいと言うのがこの本です。
本を出したことで成功のチャンスをつかんだ人が多いと言われています。
一般人でも本を出す事は可能です。
それを知っているかどうかが問われています。
知らない人にはチャンスが巡ってきません。
売り上げを劇的に伸ばすためにはマーケティングを駆使すべきだと言われています。
それを信じるかどうかはあなた次第です。
効果的なマーキング手法は時代とともに変わってきます。
時代は止まりません常に前へ進んでいきます。
そのスピードについていけるかどうかが大切なことです。
今までのマーケティングが通用しなくなってきています。
そのことに気づいていますでしょうか?
多額の広告費をかけても売り上げはアップしません。
消費者の購買行動が変化してきています。
それは時代とともに変わってきてると言うことです。
広告を見ただけでは消費者は即決しない時代になってきています。
そのことに気づいているかどうかを問われてます。
目指すは広告費0円で売り上げを今の10倍に増やすことです。
こんなに効率の良い事はありません。
それは何かといいますとそれが出版マーケティングです。
だからこそ本を出しなさいと言うことです。
上野本が売れてない時代です。
だからこそ出版マーケティングにこだわるのです。
例えばライブドアの元社長である堀江貴文氏、成功した人です。
当然本も出しています。
有名人は本を出すことになっています。
有名人は本を出すと売れるからです。
まずは出版後の自分の姿を想い描くことが大切なことです。
ゴールからずれた出版では意味がありません。
何を目指して本を出すかを考えなければなりません。
そこにあなたが気づいてるかどうかも問われてきます。
本を出して人生が変わった人がたくさんいます。
なぜビジネス書を描きたいのか自問自答しなければなりません。
いろいろな目的があって本を出す人がいます。
しかし本を出すと言う行動を真剣に考えなければ意味がありません。
イメージを固めて動くことでゴールが近くなると言われています。
それを信じるかどうかはあなた次第です。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
水野俊哉氏の本は色々読ませて貰った。
年収1億円の人は、なぜケータイに出ないのか?」、「99%の人が知らない」人生を思い通りに動かす大富豪の教え
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


「売り上げが伸び悩んでいる」
「もっと売り上げを伸ばしたい」
そんな悩みを持つ企業の方や、個人事業主の方にお薦めしたいのが「出版」によるマーケティング。
ベストセラー『成功本50冊「勝ち抜け」案内』(光文社ペーパーバックス)など多数の著作を持つ累計40万部突破の人気ビジネス書作家にして、自ら出版社2社を経営する、スゴ腕の出版プロデューサーが、出版であなたのビジネスをがんがん成長させる秘訣を教えます。

・あなたのビジネスを劇的に変える「出版マーケティング」とは?
・本を出す前に決めておきたい「ゴールセッティング」とは?
・出版社に「企画」を通すためにはどうすればいい?
・売れる本の「まえがき」「目次」「本文」のパターンとは?
・本を作った後の「プロモーション」はどうすればいい?
・出版をビジネスに結びつける方法とは?
などなど、知りたいことがぜんぶわかる!

多数のビジネス書著者も推薦する一冊です。
[推薦者一覧](50音順・敬称略)
新山彰二 / 稲葉寿美 / 大岩俊之 / 小野正誉 / 掛越直樹 / 金川顕教 / 河合めぐみ / 川村明 / 蔵本貴文 / 栗田正行(マロン先生) / 齋藤直路 / 佐藤敦規 / 杉田卓哉 / 田中美香 / 玉依 / 遠畑雅 / 橋本哲児 / 東尾伸護 / 真山あずさ / 丸井章夫 / 横山信治

今すぐ本を出しなさい ビジネスを成長させる出版入門

新品価格
¥1,620から
(2019/2/28 20:05時点)






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本