FC2ブログ

読書と足跡

0

悪魔と呼ばれた男 著者 神永学

悪魔と呼ばれた男
著者 神永学


新たな知識を求めてこの本と出逢う
悪魔と聞くと、とても悪い印象がある。
しかし、必要悪と言う言葉もある。
これは1つの殺人事件を題材にした物語である。
このような考え方を持つ人もいるし、このような考え方の物語を生み出す人もいる。
この本を読むにあたって学ばなければならない事は、自分自身と違う考え方が世の中には存在するし、自分自身の考え方を押し付けてはいけないと言うことである。
人にはいろいろな価値観があり、想像があり、受け止め方がある。
それを受け入れなければならない。
そうすることにより私たちはまた新しい世界へ、新しい次元へ進むのである。
これは1つの殺人事件である。
しかし自分の考え方とは違う人の考え方を知ることができる。
知ることで人は成長することができ、知ることで人は学ぶことができる。
そのことに新しい社会や新しい自分が待ち受けているのである。
だからこそ本を読む事はとても大切なことである。
これは殺人事件かもしれない。
しかしこのような考え方を持っている人たちがいる、このような物語を書く人たちがいる、これが学ぶと言うことである。
自分とは違う価値観を認めなければならない。
自分とは違うと言うことを認めなければならない。
全員生きてる人間は違うのである。
その違いが人を好きになったり、人を嫌いになったりするのである。
だからこそ人間は面白い、そんな心を持ちたいものである。
サイコパスは世の中にいるのか?
そんな疑問が生まれてくる。
私はサイコパスと全く関連しないだからどちらでもいいというのが本音である。
少しずつだけど良い、少しずつでも進まなければならない。
進むことにより新しい自分が見えてくる。
進むことにより新しい社会が見えてくる。
そこに新しい幸せが生まれてくる。
だからこそ進むことが大切である。
立ち止まってはいけない、進まなければならない。
進むことを難しい、進む事は辛いことである。
しかしそれでも前に進まなければならない。
そのためにも本を読むことが大切である。
何度も同じことを言うのであるが、本を読むことにより人が成長するのである。
だからこそ、何か言われたとしても、何回同じ言葉を聞いたとしても、何回同じ言葉を見たとしても、本を読むことが大切である。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


憎悪と不条理に満ちた現代に再び宿る悪魔――彼のことを悪魔と呼ぶなら、あなたの中にも悪魔はいる。空中に吊り下げられ、悪魔の象徴である逆さ五芒星が刻印された女の死体が発見される。秘密裏に警察が追うシリアルキラーの新たな獲物だ。警視庁は特殊犯罪捜査室を新設し、捜査一課のエース・阿久津と犯罪心理のエキスパート・天海を抜擢する。二人を待ち受ける前代未聞の凶悪事件の真相とは?


憎悪と不条理に満ちた現代に再び宿る悪魔―彼のことを悪魔と呼ぶなら、あなたの中にも悪魔はいる。
押し寄せる眩暈と慟哭のマジック―神永ミステリーを今こそ体験せよ!

空中に吊り下げられ、首に悪魔の象徴である逆さ五芒星が刻印された女の死体が発見される。秘密裏に警察が追うシリアルキラーの新たな獲物だ。凄惨で残忍なのに息をのむほど美しい殺人現場を残す犯行はまさに「悪魔」の仕業。警察への挑戦に等しい凶悪事件に、警視庁は少数精鋭の特殊犯罪捜査室を新設する。抜擢されたのは、臨床心理士で犯罪心理学のエキスパート・天海と捜査一課で検挙率トップを記録し「予言者」という異名を持つ阿久津。複雑で錯綜した事件は、罪と罰の本質をも問う衝撃的展開を見せる。そして訪れるミステリーの枠を越えるほどの深い感動。神永学が作家業15年の集大成として放つ圧倒的超絶ミステリー。

悪魔と呼ばれた男

新品価格
¥1,782から
(2019/4/27 14:50時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

カテゴリ