FC2ブログ

大人の対応 著者 齋藤孝

大人の対応
著者 齋藤孝


新たな知識を求めてこの本と出逢う
大人の対応、それは見切りをつける事。
世の中にはいろいろな人たちがいます。
すべてを相手にする必要は無いのです。
だからこそ人は見切りをつけなければなりません。見切りをつけることによりあなたは救われます。
相手の事を気遣う必要があるのです。
相手に恥をかかせてはいけません。
自分だけ気持ち良くなってはいけません。
しかし、人生は難しいものです。
世の中にはたくさんの人がいてたくさんの考え方があります。
だからこそ人生は難しいし、社会は犯罪が起きるのです。
何も事件が起こらない横の中になってほしいとは思いますが、実際には難しいのです。
しかしその中でも私たちは足掻くことを忘れてはいけません。
あがくことにより私たちは成長していくのです。
努力することにより私たちが成長していくのです。
それが人間と言う生き物なのです。
私たちはよりより住みやすい世の中、より良い社会を求めて努力をしなければなりません。
それが将来の子供たちのためになります。
そして将来自分たちの為にもなるのです。
より便利な世の中を目指して、より住みやすい世の中を目指して、新しいものづくりを応援しなければなりません。
新しいもの、便利なものができるからこそ私たちは楽ができるのです。
そしてそれを作るのも人間なのです。
だからこそ世の中にいる人間を尊重しなければならないし、世の中にいる新しいイノベーションを受け止める必要があるのです。
古いものでも良いものはあります、しかしそこに進化はありません。
だからこそ新しいものに否定をしてはいけません。
常に受け入れる気持ちが大切なのです。
それにお金を使うかどうかはその人次第となります。
しかし否定をしてはいけません。
否定をしないことによりあなたを受け入れるんでしょう。
だからこそ私たちは受け止めなければなりません。
受け入れなければなりません。
そこに新しい未来があると信じて。
そのためにも大人の対応力が必要なのです。
そのためにも大人の感受性が必要なのです。
大人の社会を求めて、大人の世界を求めて、大人同士の世の中を求めて。
新しい世界が生まれることを祈り、大人の対応をしていきましょう。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

1分間資本論

かつての大人(中高年)には、どこか不機嫌そうでいかつく、重たいイメージがありました。
昔の文豪であれば、不機嫌そうにしていても周囲が気を遣ってくれるかもしれませんが、今はそういう時代ではありません。

つまり、重く威圧的な大人は、時代とマッチしないのです。
不機嫌そうにしているだけで職場の雰囲気を重くしますし、
その不機嫌さ自体が、ある種のハラスメントにつながりかねない世の中です。

軽やかなスピードがあって、いつも笑顔で上機嫌。
周りの雰囲気をやわらかくし、嫌味や愚痴を言われてもおおらかにふんわりと受け流す。
修羅場のようなシチュエーションでも、それ自体を面白がる余裕を持ち、
白黒はっきりつけようとせず、むやみに一喜一憂しない。

そんな人物こそが、今の時代に求められるスマートな「大人」だといえるでしょう。

――「はじめに」より


キレる、不機嫌になる、場の雰囲気を壊す、
デリカシーがない、グレーゾーンがない人で溢れかえる今、求められる
軽やかでユーモアのある大人になるための極意。

職場、友人など、人間関係における40の悩みを、大人の対応力で解決。
もう、むやみに悩まない、傷つかない。
大人の対応ができれば、あなた自身がもっと生きやすくなる。

【大人の対応力 悩みケース抜粋】
嫌味を言ってくる
急にスケジュールを変更してくる
価値観を押し付けてくる
一方的に怒りをぶつけてきた
管轄外の仕事を押し付けられた
言うことが変わる人に振り回される
とんでもないミスをして、 仕事相手を怒らせてしまった など

大人の対応力

新品価格
¥1,404から
(2019/7/8 23:17時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本