FC2ブログ

ハッタリの流儀 著者 堀江貴文

ハッタリの流儀
著者 堀江貴文


新たな知識を求めてこの本と出逢う
ハッタリの流儀とはまずはハッタリでも良いから前に進めると言うことである。
既に時代は労働はオワコンの時代に突入した。
AIに仕事が奪われるといった心配をするのはやめよう、テクノロジーの発展によってわれわれはもっと面白いことができるからである。
便利になって浮いた時間で、ひたすら好きなことをしよう。
単純作業は捨てて自分にしかできないことを徹底的に磨こう。
やらされ仕事では人とお金はついてこない。
仕事は自分で作るもの、今後一切やらされると言う感覚を捨てるべきである。
働かなくてもいいと言う時代に入るからこそ、高いモチベーションを保ち、挑戦し続けよう。
とことん遊び、そこから価値を生み出す必要がある。
金は君と遊びたがっているのである。
お金の価値が下がり唯一無二のモノ、コトの価値が上がってきている、オンリーワンになる必要があるのである。
やりたいことがあるなら、行き場がなくだぶついているお金を自分のもとに集めよう、クラウドファンディングやオンラインサロン、やり方はいくらでもあるのである。
お金の心配なんて後回し、まずはこれをやりたいと声を上げる必要があるのである。
損得を考えないボケが応援されるのである。
まずは1人でも好きなことに徹底的にはまる必要がある。
遊びつくした先に、もっと楽しい遊びが待っている、世界を遊び尽くすのである。
お金を考えないからお金が集まる、馬鹿丸出しで全力でボケよー。
スライムを作って億万長者になった人もいる。
面白いは最強である、意味がなくても心動くことをやろう。
役に立つ、意味があると言う物差しを捨てるべきである。
遊びと仕事と学びは同じ、全てを融合させ人生を楽しみ尽くす必要がある。
これはすべて堀江氏の考え方である。
これが正しいかどうかではない。
こういった考え方もあると言うことである。
まずはそういった考え方を受け入れる必要がある。
受け入れもせず避難するのは選択肢を狭めているだけである。
情報をダダ漏れさせて心を奪う必要がある。
情報をコントロールすると言う発想は捨てるべきである。
お金ではなく心いかに奪うかを考える必要がある。
日々の全てをさらけ出して仲間を巻き込んでいく必要がある。
つまり金よりも共感が必要になってくると言うものである。
お金は天下の回りもの、手元に必要以上のお金を残すのはやめよう。
やったことないことをやってみることが大切である。
絶えず挑戦し続けるために、お金をできるだけ早く回転する必要がある。
とにかくやりながら学ぶことが必要である。
ぱくってぱくってパクる必要がある。
そうやって人は自分自身成長していくのである。
まずは動くことである。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


ホリエモンの禁断の成功術がここに完成!



突き抜けるために必要なのは「実力」よりも「ハッタリ」だ。

SNS時代には無謀な挑戦を掲げること自体が最大の価値になる。



到底、手に負えないことを「できる」とカマす者だけが

最速でチャンスをつかむ!

いまできないことを、できるとカマす勇気を持て! (で、裏で強引に辻褄を合わせる)





若い人に特に伝えたい。

壮大なハッタリに仲間もお金も付いてくる



ライブドア営業利益世界一、フジテレビ買収、衆議院への立候補。

実はどれもうまくいっていない。



しかし、壮大なハッタリに仲間もお金も集まってくる。

宇宙ロケットの成功も、ハッタリからのスタートだった。



これからの時代は、無謀な夢に挑戦する姿勢こそが価値なのだ。

さあ、ハッタリかまして生きていこう。



◆目次

はじめに 挑戦そのものが人と金を魅了する



第1章 労働オワコン時代

労働はオワコン/やらされ仕事では人と金はついてこない/カネは、君と遊びたがっている



第2章 ボケの時代

損得を考えないボケが応援される/スライムを作って億万長者/情報をダダモレさせて心を奪え/カネよりも共感/ほっとけない孫になれ/高速でお金を回せ



第3章 プレゼン術よりハッタリ力

「いいプレゼン」の絶対条件/相手を知ることがすべて/相手の心をつかむハッタリ実例/雑談こそが信頼性を上げる/プレゼン資料はシンプルが一番



第4章 ハッタリ人間が捨てるべき三つのもの

もっともらしい言葉を捨てろ/親の教えを捨てろ/プライドを捨てろ



第5章 ハッタリの後始末

やりながら学べ/パクってパクってパクりまくる/オリジナリティは想像力



第6章 それでもハッタリをかませない良い人な君へ

まずは自分にハッタリをかませ/ノリで動け/ハッタリは「覚悟」という名の「信用」



第7章 「努力」という最大のカラクリ

人生の中の足し算と掛け算「/努力」が楽しくないうちはあまい「/大人」になんてならなくていい



おわりに ハッタリかまして生きていこう



著者について
1972年、福岡県生まれ。

SNS media&consulting株式会社ファウンダー。

宇宙ロケット開発や、スマホアプリ「TERIYAKI」

「755」「マンガ新聞」のプロデュース、また予防医療普及協会としての活動など幅広い活躍をみせる。

有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」の読者は1万数千人の規模に。2014年8月には会員制のコミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校」をスタートした。

近著に『多動力』『あり金は全部使え』『情報だけ武器にしろ。』など。

Twitterアカウント:@takapon_jp

その他、詳細はHORIEMON.COMへ

ハッタリの流儀 ソーシャル時代の新貨幣である「影響力」と「信用」を集める方法 (NewsPicks Book)

新品価格
¥1,512から
(2019/7/16 21:18時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本