FC2ブログ

捨て本 著者 堀江貴文

捨て本
著者 堀江貴文


新たな知識を求めてこの本と出逢う
大切なモノを捨てていくことが、本当に大切なモノにアクセスする手段となる。
時代の変化点にきている、ブランドより自分にとって必要なものが優先される。
自分が求める質を大切にしていれば、低い年収でも幸せは手に入る。
お金で買えるものに、時間と資金を投じるのは無意味である。
獲得と所有を一緒にしてはならない。
獲得は報酬である。
所有はリスクである。
金で満たされるものに時間と出費を投じるのは、無意味である。
まさにその通り。
ビジネスにおいても、少しの利益のために、少しの稼ぎのために自分で行うという風習が日本には存在する。
これは、稼ぐチャンスを捨てているだけである。
また、堀江貴文氏は面白い考え方をしている。
孤独に悩んでいる人は、きっと性格の問題ではなく、やりたいこと不足なのだと、これはまさにその通りである。
なぜ友達つくりをしなければならないのか?
それは、自分がしたい事がないからである。
だからこそ、熱中できる、何かを探さなければならない。
プライドは所有欲と同じくらい捨てても良いものである。
プライドほど、いらないものはない。
これは、人生においてもである。
プライド、もしくはミエ、これが貴方の将来を妨げる。
意見が違うのは当たり前、違う意見を受け止める必要がある。
そう感じます。
最近は人のせいにする人が増えている。
進めるべき事があるのであれば、借金してでもすべきである。
ただし、ぎゃんぶるや遊びなどの借金は駄目。
進めるべき事がある幸せを感じ取らなければならない。
ビジネスは、目的と利害関係が一致すればたいがい上手くいくものである。
合わない人は切り捨てる、切り捨てる以外選択肢はない。
この精神的強さが堀江貴文氏の魅力であろう。
捨てた事に痛みを感じるのは、ヒマだからである。
ヒマがなくなるほど働けば痛みはなくなる。
そのような考え方も大切である。
捨てること、それは前に進むことである。
人にはいろいろな出来事が起こり、人にはいろいろな困難が待ち受けている。
そんな世の中でも前に進まなければならない。
だからこそ捨てることが大切だということだ。
そして人を信用しすぎてはいけない。
人を信用するなと言うことでは無い100%信用するなと言うことである。
人は生きる人種だからです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


ハッタリの流儀
あり金は全部使え
疑う力

我が闘争
マネーと国家と僕らの未来 

良くも悪くも、あなたの持ち物は重くなってはいないか。
大切にしていた「はず」のモノで、逆に心が押しつぶされそうになってはいないか。

だから、ビジネスも人生も「捨てる」ことからはじめよう。
「これから」を、病まないで生きるために。

堀江貴文が満を持して贈る「捨てるため」の本。

時代の寵児から一転した逮捕・収監を経て、令和元年、ついに日本初の民間ロケット打ち上げ実験を成功させた堀江貴文。
その折々にあったのは「捨てること」「持たないこと」を徹底した思考法だった。

もし、自分にある種の強さがあるとすれば、それは「捨てる」ことへの、ためらないのなさかもしれないーー。
幼少期の原体験から東大、ライブドア時代と、久し振りに自身の半生をゼロから振り返った「原点」がここに。

逆境にあっても未来を見据えながら、今を全身全霊で生きる。
そのために、捨てるべきものは何か。持っていなければいけないものは何か。

ライフハック、お金、仕事から人間関係まで、「所有」という概念が溶けたこの時代に最適化して、幸せに生き抜くためのメソッド集。

タイトル題字:堀江貴文

<目次より>
―本当にそれは必要ですか―?
大切なモノを捨てていくことが、本当に大切なモノにアクセスする手段となる。

―所有欲―
「所有」と「獲得」。この2つは似て非なるものだ。決して混同してはならない。

―プライド―
辛く苦しいときに、どう対処するか。あえてピエロになるという選択。

―誰かのせい―
自己否定の連続こそが強いアイデンティティを育てる。他人のせいにしても、あなたの未来は開けない。

―人間関係―
ステージごとに人間関係はリセットする。しがみついているのは、むしろあなたの方かもしれない。

―愛着―
根拠のない「愛」とか、ましてや「縁起」とか(笑)。全部捨てて何が悪いのか?

―結婚―
ひとりきりは寂しかった。でも、自分で「捨てる」と決めたから後悔はしない。

―家―
それは家族のため? 自分のため? 全部、違う。あなたは刷りこまれているだけだ。

―家財一式―
収監という「強制断捨離」。何もない部屋で感じたのはすがすがしさだった。

―分かち合うこと―
独占ではなく共有。体験は共有することで楽しみのバリエーションが広がる。

―持ち物と思い出―
思い出を捨てられない人はヒマなだけだ。場所はおろか時間まで取られてタチが悪すぎる。

―嫌な仕事―
辞められない理由はなんだろう。安心感? 安定感? 嘘だ。〝損切り〟に臆病になっているのだ。

―好奇心―
誰からも奪われることがない自分だけの人生の相棒が「捨てるもの」を最適化する。

捨て本

新品価格
¥1,490から
(2019/8/6 14:38時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本