FC2ブログ

死にがいを求めて生きているの 著者 朝井リョウ

死にがいを求めて生きているの
著者 朝井リョウ


新たな知識を求めてこの本と出逢う
海と山は出会ってはいけない、争いが生じる、果たしてこの文言はどう繋がっていくのか?
まずは、白井友里子、塞ぎ込んでいる弟の翔大、鬱になった奈央ちゃん、そして植物状態の友人をお見舞いに来る友達。
彼に確認したい!
毎日、同じ繰り返しで飽きないのか?
そこで返ってきた答えは・・・・。
次は前田一洋。
昔からの親友同じクラスの親友、クラス替えがあるまでは隙なく、仲良かったのにクラス替えしたら・・・。
側にいるはずの人がいない、側にいるのが当たり前すぎた。
だからこそ、とまどう関係。
それが人間関係。
だからこそ、人は悩む。
だからこそ人はとまどう。
しかし、そこで立ち止まったら解決しない。
立ち止まったら。
だから、解決に向け進まなければならない。
前に進まなければならない。
だから人間関係は難しいのである。
次は坂本亜矢奈。
女の子たちの青春の友情からどのように物語がつながっていくのか不思議である。
そして楽しみである。
学校時代の友達とはどれだけ続くのだろうか?
色々な考え方があると思う。
しかし、大切にしなければならないものもあるし、捨てていいものもある。
それは自分にとって心地よいものかどうかではないでしょうか?
高校生時代の甘酸っぱい恋愛。
そして、うまくいった親友の恋。
果たして自分の恋はどうなったか?
そして、安藤与志樹にうつる。
ここでは人生の奥深さが学べるのではないでしょうか?
ポイントは「なぜ人は生きるのか、生きがいは何なのか?」
まさに人生論を解いた話である。
なぜ人は生きているのかを求めるのは難しい。
どのようにして社会に貢献するのかを考えていると言う事は素晴らしいことだがこれも実は難しいことである。
自分のために生きると言うことも大切なことであるし、考え方を改めなければいけないこともある。
だからこそ人生論と言うのは非常に難しい難題なのである。
それをテーマにしたのがこの物語である。
この物語から何かを学ぶことができれば、それは素晴らしいことである。
そして所々つながっていく物語。
弓削晃久にうつる。
なぜ人は生きていかなければならないのか?
そしてなぜ人は生きていくのかを考える。
それがこの本のテーマとなってくる。
最後につながってくる、それもこの物語の醍醐味である。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


世にも奇妙な君物語

誰とも比べなくていい。
そう囁かれたはずの世界は
こんなにも苦しい――

「お前は、価値のある人間なの?」

朝井リョウが放つ、〝平成〟を生きる若者たちが背負った自滅と祈りの物語

植物状態のまま病院で眠る智也と、献身的に見守る雄介。
二人の間に横たわる〝歪な真実〟とは?
毎日の繰り返しに倦んだ看護士、クラスで浮かないよう立ち回る転校生、注目を浴びようともがく大学生、時代に取り残された中年ディレクター。
交わるはずのない点と点が、智也と雄介をなぞる線になるとき、 目隠しをされた〝平成〟という時代の闇が露わになる。

今を生きる人すべてが向き合わざるを得ない、自滅と祈りの物語。

死にがいを求めて生きているの

新品価格
¥1,728から
(2019/8/24 22:30時点)







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本