FC2ブログ

Rのつく月には気をつけよう賢者のグラス 著者 石持浅海

Rのつく月には気をつけよう賢者のグラス
著者 石持浅海


新たな知識を求めてこの本と出逢う
長江渚、冬木夏美、長江高明、冬木健太、長江咲、冬木大、この2家族がホームパーティーで会話をする内容をもとに楽しむ物語となる。
これは1つのなぞなぞであり、問いかけてもあるかもしれないが、好きな人が好きであるし、嫌いな人は嫌いかもしれない。
マッサージチェアの物語に、双子の物語、そしてシングルマザーとの結婚の物語、この物語に問いかけが潜んでいる。
問いかけを読んでいると頭を使う読書となる。
果たしてこれが良いかどうかわからないが、これが好きな人と嫌いな人がいるであろう。
何が正しいか、何が間違っているのかではなく、何をしたいのか、どのようなことをしたいのかが大切である。
すぐそこに私たちの考えとしては、新しい何かが待っている。
その新しい何かを求めて私たちは、興味津々を持って人生を送っていく。
それが新しい出会いとなるのである。
その新しい出会いこそが、人間として1つ大きな成長を促すのである。
私たちはそこに誇りを感じ、成長感じるのである。
1つの言葉でも、いろいろな捉え方があるように、1人の考え方もいろいろな捉え方が存在する。
だからこそ人は誤解を招き、誤解をしてしまい、争いを生んでしまうのである。
しかしそれが悪いわけではない。
大切な事は私たちが生きていく上で、前に進むことである。
そして前に進む上で自分の意見を述べることである。
だからこそ受け入れなければならない。
受け入れる必要があるのである。
そこに私たちの幸せがあると感じているからである。
そこに私たちは幸せを感じるからである。
だからこそ人は成長しなければならない。
だからこそ人は人の考えを受け入れなければならない。
自分の考えだけでは成り立たないそれが世の中である。
自分とは違う考え方、それを尊重しなければならない。
そこに新しい発見、新しい成長があるのである。
そこに生まれる新しいイノベーションが、私たちの未来を明るくするのである。
だからこそいろいろな考え方、いろいろな言葉に出会う必要がある。
そのためにはやはり本を読む必要がある。
本を読まなければならない。
本を読むことによりあなたはまた成長するのである。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


殺し屋、やってます。


名探偵は美酒で目醒める――。
あの小粋な“宅飲み”ミステリーが帰ってきた!

“悪魔から頭脳を買った”男、負けず嫌いな女、酒豪の女……
いつもの仲間が集れば、おいしい料理と「謎」を肴に宴の始まり。

長江、渚、夏美は大学時代からの飲み仲間だった。
やがて長江と渚は夫婦になり、夏美は会社の同僚・健太と結婚、それぞれ子を持つ親に。
長江の海外赴任でしばらく途切れていた“宅飲み”が、帰国をきっかけに復活。
簡単&絶品グルメをアテに、世間話はいつも思わぬ方向へ……。

米焼酎×サーモンの酒粕漬け=双子が一日ずれるワケ
日本酒×イカの肝焼き=二年の未婚期間の秘密
紹興酒×鶏手羽のピリ辛煮=受験の本当の成功とは
ビール×たこ焼き=悪口上手なママの離婚
旨い酒×時短レシピの絶品グルメ=極上の謎解き!

Rのつく月には気をつけよう 賢者のグラス

新品価格
¥1,540から
(2019/10/20 10:12時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本