FC2ブログ

ノースライト 著者 横山秀夫

ノースライト
著者 横山秀夫


新たな知識を求めてこの本と出逢う
建築、北向きの池、北から差す光、それこそがノースライト。
そして、新築、引っ越してくるはずの一家がいない。
ただ、1つ残された古い椅子。
そこにあるのは、謎。
あなたにはどう、響く?
そしてどう繋がる?
一人娘、離婚した元奥さん。
1人で生きていくのに必要な生き甲斐は?
人間だからこそ、弱気になる。
人間だからこそ、生きる意味を探す。
そこに、何があっても、何がなくてもだ。
だからこそ、人は学び、吸収して成長していく。
それが正しくても誤りであってもだ。
1日に数時間しか浴びる事のできない光それがノースライト。
そんな貴重な時間をいかに自分の中に取り入れるかが大切。
そしてそれがあなたの人生のかけがえのない時間となる。
自分だけの時間、短い時間、かけがえのない時間、だからこそ貴重であり幸せを感じ、生き甲斐を感じる。
そこに幸せを感じ成功を、祈る。
人には誰にもかけがえのない時間がある。
人には誰にもゆずれないものがある。
それが何かはその人次第である。
その領域に足を踏み入れることはできない。
だからこそ私たちはもがき、苦しみ、成長していく。
そこに幸せを感じ、生きがいを感じるからである。
だからこそ私たちは一生懸命生きていくことが大切であり、一生懸命物事を取り組むことが大切である。
そこに私たちの知らない世界があり、私たちの知らない時代が見え隠れする。
小説を読むことにより新しい知識を得ることができ、新しい世界を知ることができ、新しい考え方を知ることができる。
自分の知らない世界に出会えることほど、新しいイノベーションが生まれる事は無い。
だからこそ人はいろんな体験をしなければならないしていろいろな考え方に触れる必要があり、いろいろな知識に触れる必要がある。
本を読むと言う事はそのチャンスを得ると言うことである。
だからこそ人は本を読むことを進めるのである。
だからこそ人は本を読まなければならないと伝えていくのである。
後世に残るもの、それは読書である。
私たちは読書をすることにより、新しい時代、新しい社会、新しい世界を追い求めていく。
かけがえのないものがある。
ゆずれないものがある。
手に入れたいものがある。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


横山ミステリー史上最も美しい謎。
熱く込み上げる感動。

一家はどこへ消えたのか?
空虚な家になぜ一脚の椅子だけが残されていたのか?
『64』から六年。待望の長編ミステリー。

一級建築士の青瀬は、信濃追分へ車を走らせていた。望まれて設計した新築の家。施主の一家も、新しい自宅を前に、あんなに喜んでいたのに……。Y邸は無人だった。そこに越してきたはずの家族の姿はなく、電話機以外に家具もない。ただ一つ、浅間山を望むように置かれた古ぼけた「タウトの椅子」を除けば……。このY邸でいったい何が起きたのか?

ノースライト









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本