FC2ブログ

「金持ち大家さん」になろう! ―個人年金づくりの虎の巻 著者 高橋誠一

「金持ち大家さん」になろう! ―個人年金づくりの虎の巻
著者 高橋誠一


新たな知識を求めてこの本と出逢う
中古物件を購入してスタートする。
物件の選択はパートナーとして選んだプロに任せる。
決断の基準は価格と想定される利回りのみ。
完全家賃保証システムを持っているところに組む。
完全依託システムを持っているところと組む。
ワンルームでもなんでも不動産投資を始める事が大切です。
ただし、新築は問題があります。
中古から始めるべきです。
それがポイントです。
この本の結論は、自宅を購入せず、不動産に投資してお金を稼ぐ事が大切であるという事です。
お金を貯める事で得られるメリットは何か?
何のためにお金を貯めるのか?
これを明確にしなければなりません。
そして信頼できるパートナーはどこか?
信頼できるパートナーを明確にしなければなりません。
そこの事を踏まえて信頼できるパートナー、そして投資、さらには中古。
こらが人生で成功するポイントだあるという事なのです。
私達が、新しい人生を歩むためにすべき事はなにかを考えてもらいたい、さらにはどのような人生、老後を送るかを考える、これが大切な事であると教えてくれている。
大切な事は貯めるためのお金ではなく使うためのお金として意識しなければならないと言うことである。
貯金や財産をたくさん持っていてもそれを上手に使って人生を楽しんでいる人たちが少ないと言われています。
だからこそお金を儲けることができるだけではなく、お金の使い方を学ばなければなりません。
そうして初めて人は幸せを勝ち取ることができるのではないでしょうか?
とにかくハッピーリタイヤで人生を楽しむと言うことをテーマに置いた本が増えてきています。
これからの時代はお金を稼ぐだけではなくお金をいかに使うかが大切になってくる時代なのです。
だからこそどのようにしてお金を使うか、そしてお金を稼ぐかを学ばなければなりません。
そのためにも親になることが大切なことです。
それが個人年金となり、小遣いとなりお金が入ってきます。
そして人は成長それが個人年金となり、小遣いとなりお金が入ってきます。
そのお金の使い方により人は人生を楽しむのです。
だからこそお金の使い方が大切なのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

必要なときに必要なだけのお金が自由に使える人、それが本当の「お金持ち」。どうすれば、そういう生活ができるようになるのか。それは「金持ち大家さん」になって、本業のほかに安定収入を得ることである。▼安く仕入れた不動産物件を活用し、半永久的にお金を生み出す方法、それが著者のいう「金持ち大家さん」システムである。資金が最低1000万円あれば、もちろんサラリーマンでも可能。多くの「金持ち大家さん」を育ててきた著者の実績がそれを証明している。▼アパマン経営というと、多くの人はまず投資のリスクと管理の煩雑さを心配するであろう。しかし著者の提唱する「家賃保証」と「管理委託」というシステムを使えば心配無用。賃貸物件の需要は今後もなくなることはないだろうから、寝ている間も土地が働いてくれる。▼このシステムのもう一つの利点は、確実に個人年金がつくれる点。貯蓄と公的年金だけでは老後が不安な人にはぜひお奨めである。

高橋/誠一
1945年生まれ。東京電機大学電気工学科卒業。現在、三光ソフラン(株)代表取締役社長、メディカル・ケア・サービス(株)代表取締役会長、(株)財産ドック代表取締役社長、全国賃貸管理ビジネス協会会長、(財)日本賃貸住宅管理協会副会長。2004年7月に、不動産事業振興への多大な貢献と業界発展への寄与により「国土交通大臣表彰」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

「金持ち大家さん」になろう! ―個人年金づくりの虎の巻

中古価格
¥1から
(2020/1/18 16:13時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

趣味読書のホロコサン

Author:趣味読書のホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

カテゴリ

フリーエリア

本