FC2ブログ

お金が貯まる人が捨てた37のこと 感想 田口智隆

お金が貯まる人が捨てた37のこと

著者  田口智隆

読書2


貯められない人の最後の処方箋!

突然だが、あなたはこの格言をご存じだろうか?
「得るは捨つるなり」
「何かを得るためには何かを捨てなければならない」

という意味の格言だ。

「捨てる」と聞くと、すぐに「もったいない」とか、
「いつかは使えるのでは」と思う人も多いだろうが、
実は「捨てる」ことで「得られる」ことは多い。
あなたも、捨てられないものを思い浮かべてほしい。

●バーゲンだからと買ったものの一度も袖を通していない「服」
●とっくに賞味期限が切れている「冷蔵庫の中身」
●読んだだけで満足した「ビジネス書」の山
●特に観たい番組でもないTVを「ダラダラ観る」時間
●埋まっていることで満足している「スケジュール」

実は「お金が貯まらない人」は、
これらの考え方から習慣、人付き合い、
仕事の進め方などすべてにおいて、
捨てることができないばかりに
どんなに努力をしてもお金の不安から解放されずにいる。


お金は減る一方…じゃあどうする??

そんなお金の不安から解放される方法は、簡単だ。

今この瞬間から、いらないものを捨ててしまえばいいのだ。

貯金の知識や投資のスキルを身につける必要はない。
毎日、お金に関して勉強する必要もない。
貯金体質を身につけるには、長い時間が必要だ。
しかし、捨てることなら、今すぐにでもできる。
これから紹介する37のことを

「捨てる! 」

と決意するだけで、あなたは
「お金が貯まる人」に変わることができるのだ。

あなた自身が今ここで考え方や行動を変えない限り、
今後いくら景気が良くなったって、お金の不安から解放されることはないのだ。
本書はこれまでどんなにお金を貯めることに失敗した人でも、
うまくいく方法が書かれている。

人生をリセットするのに、遅すぎるということはない。

時代のせいにせず、どんなときにでも、
あなたが「お金を貯められる人」になる術を身に
つけておくことは、
今後ますます厳しくなる日本経済において必須の能力だ。

変えるのは、あなた自身だ。

何かを得るためには何かを捨てなければならない。

夜型の生活であり、娯楽である。


お金が貯まる人が捨てた37のこと

新品価格
¥1,404から
(2015/7/12 15:22時点)




お金が貯まる人が捨てた37のこと

価格:1,404円
(2015/7/12 15:24時点)
感想(0件)








にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本