FC2ブログ

帝国の逆襲 金とドル最後の闘いの読書と足跡 副島隆彦 読書感想 投資に悩んだとき

読書2

帝国逆襲 ドル最後闘い

著者 副島隆彦

株、
国債の暴落始まる日本はまたアメリカに巻き上げられる!

アメリカは世界を喰いものにして生き延びる。

好評巻末付録:株は「業績」で買え優良銘柄30。

一番の指標は米国の10年債である。

2015年に米国は再度追い込まれる。

日本の20円の円安はアメリカ国債に使われたおである。

国債を買わせる為に地方銀行まで日銀はプレッシャーをかけ始めた。

地方銀行がつぶれ始めたら限界という事になる。

いつ限界がくるのか?

限界が来た時にどのように対処すれば良いのか?

そこらへんが知りたかったが・・・・。

残念である。

ドルは復活するだろう。

ドル高円安の流れは止まらない。

シェールガス及び、
アメリカ経済の復活。

求められるイノベーションは誕生するのか?

より良い未来のために!

新しい時代のために!!

次なるイノベーション。

帝国の逆襲――金とドル 最後の闘い (Econo-Globalists 16)

新品価格
¥1,728から
(2015/5/11 19:58時点)



帝国の逆襲 金とドル最後の闘い

価格:1,728円
(2015/5/11 20:01時点)
感想(0件)





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本