FC2ブログ

マスカレード・イブ 著者 東野圭吾 

マスカレード・イブ 

著者 東野圭吾 

読書2


ホテル・コルテシア大阪で働く山岸尚美は、ある客たちの仮面に気づく。一方、東京で発生した殺人事件の捜査に当たる新田浩介は、一人の男に目をつけた。事件の夜、男は大阪にいたと主張するが、なぜかホテル名を言わない。殺人の疑いをかけられてでも守りたい秘密とは何なのか。お客さまの仮面を守り抜くのが彼女の仕事なら、犯人の仮面を暴くのが彼の職務。二人が出会う前の、それぞれの物語。「マスカレード」シリーズ第2弾。

若き日のはなしであり、入社当時からの成長が見えてくる感じが受ける物語の始まりである。

元彼との絡み。

どのように人間構成されたか?

読むのが楽しみである。

元カレの愛人は?

どうなるかハラハラドキドキである。

読者が求めてるのは、読者人 が思いもつかない展開である。

元ホステスの愛人にも裏がある。

隠された謎 とは。

お客の仮面を剥がしては行けない ホテルマンなら。

しかし ホテルマンも仮面をかぶっている。

楽しいひとときをえるためである。

素晴らしいホテルには素晴らしいホテルマンがいる。

一度経験してみると良い。

また経験したいと思うであろう。

そうやって人は成長していく。

ルーキーデカの登場である。

年齢は関係ない。

ルーキーかどうかも関係ない。

できる人間はできる。

ホテルマンとしての仮面

お客様の仮面。

女としての仮面。

男としての仮面。

まるで この本は 仮面がテーマであるかのようだ。

あなたも仮面をかぶっていますか?

ベネチアの仮面パーティ みたいに。


マスカレード・イブ (集英社文庫)

新品価格
¥648から
(2015/8/30 14:32時点)




マスカレード・イブ [ 東野圭吾 ]

価格:648円
(2015/8/30 14:34時点)
感想(90件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

「マスカレード・イブ」東野圭吾

ホテル・コルテシア大阪で働く山岸尚美は、ある客たちの仮面に気づく。 一方、東京で発生した殺人事件の捜査に当たる新田浩介は、一人の男に目をつけた。 事件の夜、男は大阪にいたと主張するが、なぜかホテル名を言わない。 殺人の疑いをかけられてでも守りたい秘密とは何なのか。 お客さまの仮面を守り抜くのが彼女の仕事なら、犯人の仮面を暴くのが彼の職務。 二人が出会う前の、それぞれの物語。「マスカ...

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本