FC2ブログ

濁流資金   著者 濱嘉之 

濁流資金 

著者 濱嘉之 

読書2


仮想通貨取引所の社長が銃殺された。人事異動で警視庁公安部に復帰した青山望は、同期カルテットと共に事件を追うが、同時に政財界のホープが次々と不審死する事件が発生する。やがて青山は二つの事件の背後に、日本の表と裏の権力者たちによる壮大な陰謀の存在を察知する。公安捜査のリアルを描く大人気のシリーズ最新作!

IT会社の社長が殺される。

現在に適した内容ではないか?

殺人の裏に金があり。

さらに暴力団、ヤクザ、暴走族。

これらが絡み事件を複雑化している。

これに如何に警察内部が関連してくるのか?

これからの楽しみである。

裏の秘密クラブ。

事件の匂いがただよってくる。

そして警察官

トップは警視総監、副総監、本部部長、参事官級、本部課長、署長。

色々な繋がり。

グループ。

どのような特権?

それに対峙する警察官

真実を追いかけるがための・・・。

経済ヤクザがどこまで潜り込んでるのか?

そして仮想通貨の絡み。

現代の中も仮想通貨をいやがってる人たちが存在する。

仮想通貨をこの世に存在してはいけないとおもっている人たちがどのくらいいるのだろうか?

仮想通貨マネー ロンダリング

何を求めての仮想通貨なのか?


警視庁公安部・青山望 濁流資金 (文春文庫)

新品価格
¥691から
(2015/9/6 17:32時点)




濁流資金 [ 濱嘉之 ]

価格:691円
(2015/9/6 17:33時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

『警視庁公安部・青山望 濁流資金』

警視庁公安部・青山望 濁流資金 (文春文庫)濱 嘉之 文藝春秋 2014-09-02Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 オメガ 対中工作 (講談社文庫) 内閣官房長官・小山内和博 電光石火 (文春文庫) 国脈 公安捜査 (ハルキ文庫) 警視庁公安部・青山望 機密漏洩 (文春文庫) 報復連鎖―警視庁公安部・青山望 (文春文庫) 警視庁公安部の青山らが活躍する警察小説の...

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本