FC2ブログ

堕落男  著者 草凪優 

堕落男 

著者 草凪優 

読書2


殺人、絶望、逃亡――どん底で男は女を求める。

広告代理店で活躍、家庭も円満だった梶山一人は、爛れた不倫の末、奈落の底へ。
離婚、退職勧告の後、場末のバーのマスターに成り下がり、借金地獄に。
さらに、事件が起きる。死を覚悟したとき男は、惚れた女たちに会いにいく――。

性に溺れた男と女の物語。超人気官能作家・草凪優の新境地。
350枚、渾身の長編書き下ろし。
文芸評論家・池上冬樹は「これは官能小説の域を超えている」と記し、
女性書店員&読者からも感嘆の声が続々!
草凪自身「この作品がダーニングポイントになった」と語る。
表紙デザインはマッチアンドカンパニー・町口覚、写真は野村佐紀子。
カバーにも力が漲る。官能小説を超えた「センチメンタル・エロスの傑作」が誕生!!
[解説/ 池上冬樹]

【目次】
■第一章 緑の光線
■第二章 紫のランジェリー
■第三章 白いドレスのように
■第四章 黒い髪の記憶

男の堕落姿を描く。

堕落のうらに女あり。

事件の裏に女あり。

人間が堕落していくのは異性の影響である。

これは男性も女性も同じである。

人間は堕落する生き物である。

だからこそ、成長するための志 が必要である。

常にである いつの時代も。

堕落当時は男も女もお互いが求めお互いが満足していると感じている。

しかし、振り返ると、堕落した方はいい思い出だが、堕落してない方には悪い思い出となる。

なぜなら今が幸せだからである。

成長したからである進歩したからだ。

さらなる高みを目指して男性も女性も成長しなければならない。

不倫の結末。

w不倫の結末。

そこに幸せはあるのか?

あって良いものなのか?

性の先にあるものは!

sexの先にあるものは!

愛の先にあるものは!

何を求めてるのか?

そして生きているのか?


堕落男 (実業之日本社文庫)

新品価格
¥640から
(2015/9/11 20:08時点)




堕落男(もの)

価格:640円
(2015/9/11 20:09時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本