FC2ブログ

株は1年に2回だけ売買する人がいちばん儲かる 著者 伊藤智洋

株は1年に2回だけ売買する人がいちばん儲かる 

著者 伊藤智洋

読書2

◎チャート分析の第一人者が悟った究極の投資法

マニアックなほどに深い内容をもつ数々の名著を執筆し、チャート分析の第一人者として根強いファンをもつ著者は、長年の研究と自身の投資実践の結果、
価には動くべき時期=パワートレンドがあり、その時期においてのみ、チャート分析の確度が非常に高まる」との結論に達しました。
本書は「個人投資家が投資をするならそのパワートレンドの時期のみに絞るべきであり、それこそが簡単に儲けるための近道である」という
著者の最新の知見を解説する初めての本です。

◎「を上げる」という共通認識が生まれるのは年に2回

市場で圧倒的な支配力を持つ機関投資家、ファンドなどの市場参加者たちは、「相場から収益を上げなければならない」という職務を担うがゆえに、
一定の行動パターンから逃れることができません。
そのため、何の力も作用しなければ横ばいに推移するのが自然なはずの相場において、価は年に2回、想定される値幅のなかで、一気に動く――、
などの特徴ある運動法則が示現することになります。

◎相場の動きの本質とそこから利益を上げる方法がわかる

本書では、そのような動きが現れているという事実をデータや市場参加者の行動心理分析から明らかにするとともに、
個人投資家がそうした動きを先読みして効率的に利益を上げるための方法を具体的なノウハウとして体系的にまとめました。
従来のチャート分析本、投資ノウハウ本とは一線を画す、深い考察と実践経験から導かれた式投資の考え方と手法は、相場で儲け続けて勝つための必読書といえます。

結局は同じ動きをする。

株価が高い時期もあれば 株価が低い時期もある。

株価が低い時期に株を購入して 株価が高い時期に株を売れば、儲けが出る。

よって 株の売買は1年で2回でよろしい。

その時期を 見定めることが一番大事である。

しかし株をもっている人間は、何も持たない時期が苦しい。

だから株を買ってしまう。

我慢我慢我慢である。

信じるものはすくわれる。

デイトレは個人投資家には向かない。

だから株の売買は一年で二回で良い。

この信念をどこまでつらぬき通せるのか?

インフレでないと 日本の借金は返せない。

だから株の売買で勝てるようになることが大切である。










株は1年に2回だけ売買する人がいちばん儲かる


新品価格
¥1,512から
(2015/10/17 19:29時点)












株は1年に2回だけ売買する人がいちばん儲かる [ 伊藤智洋 ]


価格:1,512円
(2015/10/17 19:30時点)
感想(0件)





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

【株は1年に2回だけ売買する人がいちばん儲かる-チャート分析の第一人者が生み出した究極の投資法-】伊藤智洋

第1章 日々の値動きを追いかけていても株式投資で勝つことはできない 第2章 相場の値動きは毎年似たようなものになっている 第3章 値動きのシナリオがあれば迷いなく投資できる 第4章 上昇に入るときはタイミングとチャートの形でわかる 第5章 「積極的な上昇局面」…

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本