FC2ブログ

株はタイミングで儲けなさい

タイミングで儲けなさい

著者 藤本壱

読書2


過去データで儲けやすい時期を検証。
は秋に買って春に売れ!

日本の株式市場にはアノマリー(歪み)があると言われています。アノマリーとは、理論的には理由が説明しにくいものの、実証的には同じようなパターンが何度も繰り返し起こっているような現象のことです。例えば日本の株式市場では夏から秋にかけては価が低迷し、底をつけやすく、秋から春にかけては価が上昇してピークになりやすいと言われていますが、過去データで検証してみると、実際にそのような年か多くなっていることがみられます。そこで株を仕込むには、秋から冬に向かうあたりで底を付けたころに買い、春から初夏にかけてピークを付けたころに売るのが良いパターンとなります。このような季節性もアノマリーの1つです。

儲けやすい時期を選んで、勝てるタイミングで勝負する!
本書は過去20年の株価データを使い、以下のアノマリー的な現象を利用した投資法と成果を検証し、解説しました。

1 株価は秋から春にかけて上昇し、春から秋にかけて下落する
2 直近高値を更新した銘柄の買い
3 急騰した銘柄の買い
4 市場全体が急落した後のリバウンド狙い
5 2つの銘柄のさやの増減を利用したさや取り
※詳細は目次をご覧ください

それぞれの投資法の具体的な考え方とやり方を実例解説し、それにもっとも合った(成績の良かった)銘柄群も例示していますので、参考になると思います。

アベノミクスという株で儲けるには、絶好の機会でいかに稼げるかをテーマにこの本を手に取ってしまう。

何故なら勝ち組になりたいからである。

勝ち組になるために、いかに儲けるか?

この本は買う時期と売る時期に対して書かれている。

買う時期は、5月頃から10月くらいまである。

確かにこの時期は下がる傾向にある気がする。

つまり、夏から秋にかけて株を買い、春に売却する。

これが1番、リスクなくして儲けることができる。

リスクなくして、儲けなしである。

リスクは背負いたくない、儲けは欲しいでは都合が良すぎるし、歴史上、リスクを取ったものが成功を収めている。

これは歴史が物語っているのである。

いかに、リスクテイカーになれるのかが、成功への一歩である。

しかし、ただリスクテイカーになれば良いというわけではない。

いかに、リスクを減らしたリスクテイカーになるかのバランスが必要である。
(わかっているけど難しい)

結論付くのは、夏から秋にかけて株を買うと言うことである。

そしていかにそこまで株を買うという行為を我慢できるかである。

我慢と忍耐ことが株で成功収める秘訣かもしれない。

思い立ったら行動。

来年の夏から秋に向けて株を買うお金を貯めてみよう。

そして来年の夏から秋にかけて株を買おう。








株はタイミングで儲けなさい (いつ買っていつ売れば儲けやすいのか?)


新品価格
¥1,512から
(2015/12/19 09:24時点)












株はタイミングで儲けなさい [ 藤本壱 ]


価格:1,512円
(2015/12/19 09:25時点)
感想(0件)





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本