FC2ブログ

ヴィヴィアンの読書会

ヴィヴィアンの読書会
著者 七尾与史
読書2
「私は殺されました。犯人はこの中にいます」
1年前に死んだ作家からの挑戦状。タイムリミットは3時間の謎解きバトル!
「皆さんの生命にタイムリミットを設けさせていただきました」――人気作家ヴィヴィアンすみれの死から1年、染谷公太郎は彼女を偲ぶ読書会に招待される。
しかし開始早々、読書会参加者が飲んだ紅茶には毒が入っており、死にたくなければ、ヴィヴィアンを殺した真犯人を突き止めるよう告げられた。
参加者は自称人気俳優や女装した人物など、怪しい人物ばかり。
はたして誰が、どうやって彼女を殺したのか。
「ドS刑事」「死亡フラグが立ちました! 」「バリ3探偵 圏内ちゃん」「山手線探偵」などの人気シリーズを抱える著者が贈る、書き下ろしミステリー長編。
色々考えていると、散歩をしたくなる。
目的のない散歩は何故か本屋に向かう。
その本屋で本を見て歩き回る。
何か読もうと意識した瞬間、読書会という言葉が目に届いた。
何?
と思い本を手に取るとヴィヴィアンの読書会と書かれている。
ヴィヴィアン?意味不明と思いながらも読書会と書かれてるし、購入してみようと思い購入。
話の流れは基本的には読書会という集まりで真犯人を探すことである。
読書会はそのために利用された集会となってしまった。
正直、かなり寂しい思いになった。
今回読書家に呼ばれた人たちは何かしら関わりのある人たちであった。
そしてこの小説を通じて感じて欲しいのは人は皆秘密を抱えて生きているということである。
秘密にもいろいろな種類があるが、秘密を抱えていない人間はいないと思う。
この読書会を通じて私に犯人が明らかになる。
罪を隠すために罪を犯す。人間とはそういう生き物である。
だからこそ人間と言うのはリスクアセスメントを行いながら、いかにリスクがない人生を送るかである。
リスクを減らして罪と関わらない人生を送る。
これが大切である。
世の中にはいろんな考え方や持った人間がおり、色々な思考回路で物事を語る。
だから人間は面白い。
自分の意見だけを主張しないことである。
他人には他人の考え方があるから。









ヴィヴィアンの読書会 (PHP文芸文庫)


新品価格
¥691から
(2015/12/25 20:29時点)












ヴィヴィアンの読書会 [ 七尾与史 ]


価格:691円
(2015/12/25 20:30時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本