FC2ブログ

読書と足跡

0

2016日本経済 投資のシナリオ

2016日本経済 投資のシナリオ
著者 今井きよし
読書2
◆日本が企業の6重苦を乗り越え、株価は2019年まで上昇する!
「絶望のうちに生まれた上げ相場は、懐疑のうちに育つ」
という名言があります。
20数年下がりに下がり続けた相場は、
これからは上昇していくというのです。
その最も大きな要因は、日本経済が拡大期に入ったからです。
というのも、企業は「円高」「法人税率引き下げ」
「経済連携協定」「エネルギーコスト減」などの恩恵を受け、
これまで5重苦、6重苦と言われていたものが解消されました。
また、実際に企業全体の業績も良くなっています。
そして日本は、
1980年代に経験した「トリプルメリット(原油安、円高、金融緩和)」が、
「原油安、円安、金融緩和」と形を変えて、
「トリプルメリットII」の時代へと突入していきます。
まさに躍進相場を迎える土壌はそろいました。
また、そのほかにも相場を押し上げる要因はたくさんあります。
「安倍長期政権へ」「郵政3社の上場」「株の大量買い、クジラの存在」
「消費税増税の見送り」「GDP600兆円の目標」
「東京オリンピックによる金融緩和」などです。
そこで、著者が出した長期予想が、
「2019年ごろに日経平均3万円」の強気予想なのです。
◆世界経済2つの動乱で、日本はさらなる飛躍へ!
日本の株価上昇の要因はそれだけではありません。
現在、世界ではブラックスワン出現の要因がさまざまあります。
そうしたシナリオも想定しておくことも重要です。
世界における突発的な出来事は、株価急落の原因になりますが、
逆に日本にとってはプラス材料となり、株価下落を乗り越えていきます。
そうした世界のブラックスワン出現で、
最も危惧されるのは「ドイツ」と「中国」です。
1.ドイチェ・バンクの隠れた巨額負債に、
欧州はさらに混沌を迎える
2.独裁体制で中国は崩壊へ、
習近平は第2のゴルバチョフとなる
その理由は、本書に詳しく述べられています。
米ヘッジファンドから直接情報を入手し、
相場のウラを読み解いてきた著者だからこそ知り得る情報が満載です。
本書中には、著者が推奨する銘柄も掲載、
2016年、あなたの投資のシナリオが描ける1冊です。
今日も晴天なり、そう叫びたくなる青空を見ながら私は読書の時間へと向かい出す。
向かった先は、なんとマクドナルドことマック。
(関西ではマクドだったかな)
周りを見渡したら、御夫婦、年配のお父さん、OLさん多々様々。
その中で、私は経済のビジネス本を、よんでいる。
なぜ?
それは将来への不安、そして投資のため。
今は不満なく投資をしていて、順調に複利を繰り返している。
でもいつ流れが変わるかわからない。
変わったらどうしようと思いながら自分で読書しながら情報を集めている。
だって、2016年、早々株価が怪しい。
下落、下落、下落。
中国では連日の暴落。
不安、不安、不安という言葉が私の中に襲ってくる。
しかしこの今井先生は強気の見通しである。
なんでと思うほど。
日経平均3万円?
その理由を知りたくて、この本をめくっている、マクドナルドで。
どうやら歴史的記録更新と、クジラの存在のようだ。
この理由により、日経平均は3万円を目指すとのこと。
株を持っている私としては是非、3万円を達成して欲しいもんである。
今井先生曰く、アメリカは共和党が大統領になってくれた方が日本には都合が良いとのことだ。
アメリカの景気回復、ヨーロッパ・中国の景気悪化をふまえて考えると投資先は日本しかない。
だから日経平均は上がるのだと、更に大きな鯨が押し上げてくれる。
銀行である。
メガバンクの動きに注目。
投資信託、NISA、稼ぐチャンス。
さぁ私は何をしよう!









2016 日本経済 投資のシナリオ


新品価格
¥1,728から
(2016/1/12 21:56時点)












2016日本経済投資のシナリオ [ 今井澂 ]


価格:1,728円
(2016/1/12 21:57時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

カテゴリ