FC2ブログ

別れの言葉を私から

別れの言葉を私から

著者 唯川恵

読書2


人生で出会う、いくつもの別れのために、そして新しい出会いのために―。恋、仕事、友情―さまざまな場面で迷い、悩み、傷つく女性たちに贈る、等身大の物語。

寒い季節の中、私は本との出逢いを求め、本屋をブラリ散歩

街中では、恋人達が楽しそうに歩いている。

幸せそうな笑顔で歩く、彼、彼女らを見てると平和な気分になり、こちらも楽しい気分になってくる。

そんな気分で本屋に着いたら、何故か唯川恵氏の本が目についた。

しかも、別れの言葉を私から

なんで?

さっきまでの気分は?

返して、さっきまでの気分(笑)なんて、思ったけど、とりあえず読んでみよう。

そして私はコーヒーの飲める所、スタバことスターバックスに足を運び、いつものように、いつものコーヒーを頂く。

ブラックで!

今日は一段と苦味がある気がする。

でも、これが良い。

そんな思いの中、私は唯川恵氏の創る世界に入っていく。

三角関係である。

親友に彼氏をとられた女子の話。

親友を好きになった、両方好き、どっちか選べない、だから2人とも別れる。

しかし、後で事実発覚。

親友とは別れてなかった。

別れたのは私だけ。

別れ方がズルい。

だから怨みが出る。

まぁそんな所だが、親友とも、彼氏とも別れて正解であることは間違いない。

どんなに好きだったとしても、自分のことしか考えられない彼氏、親友は、恋愛以外も自分のことしか考えられない生き物。

男とも、友達ともこっちから願い下げ。

次は仲間。

サークルで仲良かったメンバー毎年2回は集まるという話。

最初は順調だったが、歳を重ねるにつれて、だんだん集まりが悪くなる。

人それぞれ、それなりの用事があるから仕方がない。

誰しもそう思っていることだろう、だって誰しも経験していることかもしれない。

昔の友達を大切にすることは大事な事だが、新しい環境、人間関係を受け入れてないという事でもある。

今自分が置かれた環境を大切に。

さて、次は遠距離恋愛である。

遠距離恋愛になりたての頃は、一生懸命に連絡を取り合ってたが、時間が経つにつれて、噛み合わなくなってくる。

それは距離のせい?

何かのせいにしているうちは、何かのせいにを探す事になるだろう。

それは、あなたにとって、運命の人ではなかったという事だ。

長すぎた春、私は彼のことしか知らない。

だから比較の対象がなかった。

しかし世の中、社会に出てみれば比較対象が必ず存在する。

比較対象した時に人は初めて気づくのである。

強くなりたい。

断れる女性、別れを告げることができる女性に。

唯川恵氏がそんな女性なのだろうか?

そんな女性に憧れているのだろうか?


別れの言葉を私から (光文社文庫)

新品価格
¥535から
(2016/2/5 22:09時点)




別れの言葉を私から

価格:535円
(2016/2/5 22:10時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本