FC2ブログ

愛に似たもの

愛に似たもの

著者 唯川恵

読書2


羨望嫉妬優越感・・・・・誰もが認めたくない感情に足元をすくわれ、“不幸”へと落ちていく8人の女たち。人間の愚かさやズルさをストレートにテーマにしたブラックな短編集。身につまされます!

愛とは何?

恋とは何?

愛とは心という字が真ん中にある。

恋とは心の字が下にある。

そこが違うと世間は言う。

そんな事にどんな意味があるのだろうか?

日本語は多彩な表現方法がある。

色々な伝え方があるのは、日本人が表現の仕方が下手であり、言葉でしか伝える事が出来ないというか、言葉で伝える事が逆に上手なのかもしれない。

そんな考えをしながら、唯川恵氏の世界に入り込んでいく。

最初の話は『真珠の雫』である。

女3人、母親に姉妹。

母親は、男に騙されるような女、姉は見た目も母親にそっくりでパッとしない。

妹は美人で欲深い女。

姉妹は父親が違う。

だから正反対の姉妹が誕生した。

夜の世界で成り上がる妹、成り上がる為に男を利用するが、その男を寝取るのが姉?

真面目なはずの姉が・・・。

母親と姉をいいように利用していたはずだが、利用されていたのは妹の私?

OLの話が多い、唯川恵氏としては、夜の世界を主人公に描く事が珍しく写ってしまった。

私だけかもしれないが。

次の話は『つまづく』成功した女性が、便利の良い若い男に母性を寄せる話。

性的関係があるわけではない。

しかし、ほっとけない。

母親が息子に想いを寄せる感情だろう。

しかし、想いを寄せすぎるあまり、道を外してしまう。

ようはつまづくのである。

人は恋愛だけではない。

恋愛感情抜きにして守りたいものがある。

次は『ロールモデル』。過去は友達の意見を参考にしていた。

しかしその友達も弱気になり今私の意見を参考にしている。

いついつからか逆転したのであろうか?

そんな優越感に浸っていたが、人生とは辛いものである。

やっぱり最後は戻ってくる。

いつものように戻ってしまう。

人間とは決まった生き物かもしれない。

気持ちの悩み等で多少プレは存在するが、立ち位置はいつも決まっている。

次は『選択』若い頃、付き合ってた彼氏と、結婚条件の良い彼氏。

好きを選択するか、結婚の安定を選択するのか様々だが。

次は『教訓』。

やっと巡り会えた彼、今回の彼だけは手放したくない。

だから過去の教訓をもとに自分自身のアピール。

しかし、それは見栄を張っている自分で本当の自分ではない。

次は『約束』仕事仲間だが、体を壊している女性の旦那を奪った。

そして、娘を授かるが、大きくなった娘が放った一言とは?

驚愕の言葉。

冷たさが襲ってくる。

次は『ライムがしみる』信じた男に騙される、そして、騙される男はママと同じ。

運命かな?

そして『帰郷』変わり果てた私を見てどう思う?

そして、私は幸せ?

幸せっていったい?

この本をつうじて、様々な人生に出会える事が出来る。

私はその人生に出会いどう化学反応するか楽しみだ、私自身の化学反応。

一回り大きくなれたかなっと思うが・・・、実際はどうかな?

でも、笑顔で終われる人生を追いかけたい。


愛に似たもの (集英社文庫)

新品価格
¥514から
(2016/2/18 12:48時点)




愛に似たもの

価格:514円
(2016/2/18 12:53時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本