FC2ブログ

日本の大課題 子どもの貧困 社会的養護の現場から考える

日本の大課題
子どもの貧困
社会的養護の現場から考える

著者 池上彰

読書2


経済格差が極まるいま、子どもを育てられない親が増えている。児童養護施設の現場から、子どもの貧困についての実態をレポートし、課題と展望を明快にえがく。

そもそも児童養護施設は何故誕生した?

それは戦後に、大陸から帰ってきた子供達と、疎開していたが、帰還したら焼け野原の子供達の為である。

昔はそんな理由だったが最近は理由が、変わってきている。

人生を楽しみたいとの事で子供を捨てたり、お金がないとの事で子供を捨てる。

そんな、人間味のない、現金主義の世の中の誕生だ。

児童養護施設の子供達はこのように教育されているらしい。

『良き納税者になりなさい』

税金で育ててもらってるため、税金納め恩返しをする。

良い教育だと思うし、良いフレーズだと感じた。

『良き納税者』

これは児童養護施設とは関係なく、すべての日本人が感じる必要がある。

よき納税者に育てるためには大学進学なり良い教育が必要である。

しかし現実的にはマネーの問題があり教育を受けたくても受けれない現実がある。

この問題点にいかに社会として取り組んでいくのかが大切である。

そして貧困に苦しむ子供たちが良い教育を受けて将来的に年寄りを支える時代にしなければならない。

高齢化社会は現実的である。

何とかなるだろうと発想ではどうすることもできない時代が近づいてきた。

私たちは今後どのような人生を送っていくのであろうか?

疑問に思いながら、不安に思いながら貧困問題について考えようと思う。



日本の大課題 子どもの貧困: 社会的養護の現場から考える (ちくま新書)

新品価格
¥886から
(2016/2/21 10:09時点)




日本の大課題子どもの貧困 [ 池上彰 ]

価格:885円
(2016/2/21 10:12時点)
感想(3件)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは。

今年の正月に母子寮みたいなものを作りたいな!って書きました。
最近、子供の悲惨なニュースをよく耳にします。

今は不可能な夢ではありますが
いつか絶対に実現するぞ!と思いながら生きています。

Re: No title

孝ちゃんのパパ さんコメントありがとうございます。

素晴らしい目標をお持ちですね。
応援してます。
頑張ってください

No title

貧困については、ニュースにもよく取り上げられていますね。百円ショップなどで物品が大変低価格で、しかもオシャレな感じのものが買えるので、ぱっと見、外見はこぎれいなのですが実情はかなり深刻だと感じていました。
しかも、「戦争」の二文字も徐々に現実味を帯びてきつつあるようにも感じます。「良き納税者」に育てるべく、教育等のサポートは重要だなとあらためて感じました。

No title

訪問ありがとうございました。
我が〇日新聞でも中学校の制服が買えずに
投稿できない家庭の記事を読んだことがあります。経済格差が教育格差にもなっている日本どうにか策はないものでしょうかね。心が痛みます。

Re: No title

右京 さんコメントありがとうございます。

おっしゃるように戦争という言葉が最近増えてきましたね。
平和な時代になってほしいもんですね。
平和が成り立つ平成のように

Re: No title

morsutohappy さんコメントありがとうございます。

子供たちに経済格差が無くなって欲しいもんですね
非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本