FC2ブログ

白銀ジャック

白銀ジャック

著者 東野圭吾

読書2


2014年8月2日(土)よる9時よりテレビ朝日系列でドラマスペシャル化!

ゲレンデの下に爆弾が埋まっている――

「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。
年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を
嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。
雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。
すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。
今、犯人とのを賭けたレースが始まる。
圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス!

スキー場で雪の下に爆弾が仕掛けられた。

爆弾を爆発したくなければお金を欲しい。

今回はこのような事件である。

この事件に対してスキー関係者がどのように対応していくか、それがみものである。

はたして、お金を取ることだけが目的なのか、美しいゲレンデを破壊する動きは。

ゲレンデが創る幻想的な風景。

私達はこの風景にて癒され、感動を与えられる。

ついでに恋も、もらっちゃう。

大自然という人類では太刀打ち出来ない、相手の中、スキー、スノボーなどで人は娯楽を得る。

ついでに恋も、便乗。

犯人は3回に分けてお金を要求。

3000万円、3000万円、5000万円、ある所にはお金はあるのだなってシーンが現在の企業社会を映し出し同感。

会社の飼われている社蓄ってとこかな。

そして金に目がくらんだ人達、つまり経営者達の最悪な構想が招き出した事件。

お客を金にしか見えない人達にとって、お客様優先という言葉はどのように映るのだろうか?

そういう時代であるから仕方がないと言えばそれまでである。

日本にはこういう諺がある。

長いものに巻かれる。

これがいいのか悪いのか別である。

しかし現実的にはこういう世界である。



白銀ジャック (実業之日本社文庫)

新品価格
¥700から
(2016/2/27 17:13時点)




白銀ジャック [ 東野圭吾 ]

価格:699円
(2016/2/27 17:14時点)
感想(342件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本