FC2ブログ

紙の本は、滅びない

紙の本は滅びない

著者 福嶋聡

読書2


世界最大のインターネット書店であるアマゾンが「日本上陸」して15年。キンドルやiPadは新たな読書端末を登場させた。それでも人々は、書店にやって来る。何を求めて?インターネット空間に漂うコンテンツが膨大になればなるほど増す、書物の必要性。「世界を、宇宙を、人々の生きざまをもっと知りたいし、変えていきたい」と綴る現役書店人が今こそ世に問う「紙の本の」意義。

福嶋/聡
1959年、兵庫県生まれ。京都大学文学部哲学科卒。1982年2月、(株)ジュンク堂書店入社。サンパル店(神戸)配属の後、京都店、仙台店、池袋本店、大阪本店を経て、2009年より難波店店長

インターネットの時代になり、アマゾンが日本で幅をきかせている。

それでも紙の本を売る書店はなくならない。

小さな書店はどんどん減ってきてはいるが、大きな書店は頑張っている。

アマゾンで購入したほうが安いし、効率も良いし、いいことばかりではあるがそれでも紙の本を求めて人々は書店へ足を運ぶ。

それはなぜなんだろうか?

紙の本には紙の本なりの良いところがあるからであろう。

電子ブックがこれだけ世の中が広がっているが、と言うけれど本当に広がっているのであろうか?

広がっているとも言えるし、広がってないとも言える。

その広がっていると言う基準は何を思って広がっていると言うのであろうか?

わからない。

その中でやっぱり紙の本に人間は目を通すのはなぜだろうか?

ブルーライトが関係してるのかもしれないし、関係してないのかもしれない。

本はその箇所に事を書き込むことができる、メモをとることができるところが良いところでもあるし、難しいところである。

本を買わなければ本の成長はない。

本に投資する事で本は進化する。

その本を読んで、人が成長してより良い世の中になることを祈る。

本屋さんで本買うことが全てでは無い。

消費者はいかに良いものをいかに安く買うかである。

ビジネスマンが安く仕入れて高く売るという事と同じである。

だから、ネットで買おうが本屋で買おうが、どちらでも良いのではないか。

大切な事は唯1つ、本が好きだということである。



紙の本は、滅びない (ポプラ新書 018)

新品価格
¥842から
(2016/3/5 19:16時点)




紙の本は、滅びない

価格:842円
(2016/3/5 19:20時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本