FC2ブログ

読書と足跡

0

歪笑小説

歪笑小説

著者 東野圭吾

読書2

禁断の小説業界舞台裏を描く、東野笑劇場!
新米編集者が初接待ゴルフで知った、「伝説の編集者」の仕事ぶり。自作のドラマ化に舞い上がる作家。担当編集者に恋心を抱く小説家…小説業界をネタに、ブラックな笑いで贈る連作小説集。

真実は体験してみないとわからないもんである。

これは何事においても正しい答えとなるのではないだろうか?

何事においてもその仕事の事は、その仕事をやってみないと気持ちはわからない、そんな仕事が世の中たくさんある。

しかし、いろんな仕事をすることは難しいことである。

毎回毎回転職することが難しいからである。

その中で今回は出版会社の編集者と言う仕事についての物語である。

これは著者にとってはとても身近な職業だと推測される。

それがどれだけ信憑性あるかどうかわからないが。

しかし驚くことに私はこの本を読んでいて、編集者と言う仕事はこんなもんだろうなと言う想定がつく。

不思議なもんである。

体験したこともないし関わったことも無いのだけど、なぜだか編集者と言う仕事の過酷さがイメージできてしまうのである。

他の本を読んでいての事かもしれないし、ドラマを見てからそのようなイメージを持っているのかもしれない。

それは私自身全く記憶がないのであるが、それでも編集者と言う仕事のイメージは出てきてしまう。

世の中とは不思議なもんである。

いや人間とは不思議な生き物である。

しかし面白いのは作家の先生の嫌な部分を作家である東野圭吾が書いているところである。

出版業界の実情というかリアリティーを描いているのかどうかは私にはわからないが、世の中そういうものだろうとは思う。

著者である東野圭吾氏がこのような本を書くと言う事は、出版業界に多少なりとも不満があるのではないかと言う疑問が生じてくる。

ちょっとした疑い。

おそらくそんな事はないと思うけど。

最後は涙ぐむ展開で物語が終わる。

終わりよければ全てよしまさにそんな小説であった。


歪笑小説 (集英社文庫)

新品価格
¥668から
(2016/4/29 20:10時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

歪笑小説

拝啓 「歪笑小説 」 12の短編が詰まった作品。歪笑という笑いが文壇を舞台に繰り広げられる。「歪笑小説」はこの文壇を舞台にしていることで、「黒笑小説」の前半4篇と繋がっています。そんな短編の連なりが長編小説のように感じさせてくれました。なので「黒笑小説」を…
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

カテゴリ