FC2ブログ

アフターダーク

アフターダーク

著者 村上春樹

読書2


真夜中から空が白むまでのあいだ、どこかでひっそりと深淵が口を開ける。

時計の針が深夜零時を指すほんの少し前、都会にあるファミレスで熱心に本を読んでいる女性がいた。フード付きパーカにブルージーンズという姿の彼女のもとに、ひとりの男性が近づいて声をかける。そして、同じ時刻、ある視線が、もう1人の若い女性をとらえる――。新しい小説世界に向かう、村上春樹の長編。

村上春樹氏の名前を見ると読んだことない本は1度は見に通しておこうと思い本を手に取る私。

今や村上春樹と言うブランドは完全に確立されている。

彼が作る世界がどのような世界なのか興味を抱かせる。

物語は東京都新宿と言う世界感を感じる、ファミレスで読書している女と姉、偶然立ち寄った男、ラブホテルのしている女、DVの男などなど。

読み始め、さらに読んでる最中1番違和感を感じたのは、どこに視点があるのか?

誰に焦点があたってるのかわからなかった、まったく。

村上春樹氏の小説としてはかなり違和感のある小説であるというのが本音である。

読んでると、村上春樹氏の闇の部分、が書かれているように感じる。

中身が暗いとしか感じない。

村上春樹氏はどうしたのだろうかと心配になる気持ちも生まれてくる。

まぁたまにはこういう小説も良いのではないかと思うことにしている。

村上春樹氏も気分転換で書いた小説なのかもしれない。

さほど世間に広がってない小説だと思うが。


アフターダーク (講談社文庫)

新品価格
¥648から
(2016/5/14 19:23時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村





村上春樹オススメ作品

風の歌を聴け
ねむり
女のいない男たち
ノルウェイの森(下)
パン屋を襲う
ノルウェイの森(上)
図書館奇譚
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本