FC2ブログ

恐慌はすでに始まっている! 世界経済終わりの始まり

恐慌はすでに始まっている!
世界経済終わりの始まり

著者 松藤民輔 中島孝志

読書2


恐慌は予測できる! 著者の提唱する「恐慌」予測方法によってチャンスをつかめ! 「投資」とは「透視」であり、明日を見る技術はすでに確立されているはず。常識にとらわれず、大きく方向性をとらえれば、チャンスが到来! すでに始まった恐慌から、世界経済を予測する!

富の再分配が騒がれ、実行されてない現実。

そんな中、中国の失速が騒がれる中、著者は何を考えてこの本を書かれたのか?

何故、著者恐慌に拘るのか?

それは、恐慌が稼げるからである。

恐慌は富の再分配を運んできてくれる。

歴史を振り返っても今の状況的で景気が良くなる事は無い。

どっかで弾けるしかないのである。

それが今近づいていると著者は言われている。

この機会を利用して、いかにお金を稼ぐか、それが将来資産作る上で大切になってくるだろうと思われる。

債券の利回りなんか特にそうである。

もうすぐくるではなくもう始まっているのである。

そう言われても私たちは何をすべきなのか?

そんな問いに私は答えることができない。

強いて言えば、株や投資信託で恐慌が来るのを待つことである。

それが正しい選択かどうかはわからないが。

むずかしい問題である、でも私たちはこの現実を受け止めなければならない。

そして新しい社会新しい世界を作っていかなければならない。

それは全人類の希望である。

恐慌は富の再分配である。

だからこそ恐れる必要は無い。

むしろ利用するべきである。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

恐慌はすでに始まっている! 世界経済終わりの始まり

新品価格
¥1,404から
(2016/7/27 21:40時点)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本