FC2ブログ

私たちの人生の目的は終わりなき成長である。

私たちの人生の目的は終わりなき成長である。

著者 千田琢哉

読書2


成功者たちが敢えて口に出さなかった事実を公開しよう。成功とは、成長の通過点に過ぎない。成長の途中経過として、たまたま成功が存在するだけなのだ――。20代のカリスマ・千田琢哉の人気作、待望の文庫版登場!「価値ある人生」を生きる80のルール。

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

私たちは成長しながら、人生を全うしようとする人間である。

そもそも人間は何のために生きるのかという疑問が生じてくることがあるのかもしれない。

子孫を残すためや文明を発展させるためと言う発想もある人も多い。

その中で自分の価値観と言うものを大いに掲げて、そして自分の価値観と会う人たちを探して共に生きるという事は、素晴らしいことかもしれない。

素晴らしいことだと思う。

そのために今現在何をやらなければならないのか、それを明確にして生きていくことが必要である。

そしてこの本は成功するために成長が必要ということを歌っている本である。

千田琢哉』氏は言われる、成功者より、成長者になろうと。

そのために虚勢を張る新人よりも不器用でも笑顔に入る新人が多いされると教えてくれている。

どんな人たちにも新人の時代と言うのはある、いかに助けてもらうような環境を作るか、それが大切である。

それに好きな人と一緒にやった仕事は結果として出やすい傾向があるということを教えてくれた。

成功者は挨拶や会釈ができる人である。

末端の人事睨み付けるし、偉い人ほど昔すると言うことを覚えておくことが大切である。

そしてお辞儀をするときは相手より深くお辞儀をすることである。

お辞儀の深さが成功者の成功度と比例するといっても過言では無いのかもしれない。

頭にきたときほど歯を食いしばって敬語で対応する度量が必要である。

未熟なうちはペコペコをしてから、情報収集する必要性があるし、下っ端後は納得できないこともやるものであるし、相手にリラックスしてもらうような気遣いが必要である。

ありがとうと言う感謝の言葉だがこれを嬉しそうな表情で言うのがポイントである。

逆に申し訳ございませんは心こめて小さく、心強く言うべきである。

社会にとって1番大切な事は報連相でありその中で大切なのは連である。

スランプに落ちたら基本に戻る、基本でだめなら初歩に戻る。

3年で一人前になるのではなく3ヶ月で一人前になる努力をすべきであるし、自分の会社ブラック企業呼ばわり次第ことが大切である。

今の会社を選んだのは自分だから、今いる場所で出世を目指すべきであるし、花形部署を目指すより、今の部署花形にすることが大切である。

そしてその仕事を食べていくのであれば、プロになるべきである。

お客さんの前で良い対応するのは当たり前であり、バックヤードに戻ったときにどのような口調で会話をしているかがその会社の限界である。

いつも最初に挙手をして目立つ存在にななければならないし、陰口を言わないだけで相対的に出てはできるものである。

9ヶ月本気で打ち込んで家こぼれのままであれば、別の道を探すべきであるしもしあなたが達皿をしたいのなら、5年間は元同僚とあってはならない。

たくさんの言葉が出てきているが、大切な事は繰り返し出てきている言葉である。

そして自分の胸に響いた言葉こそ自分のためになる言葉であるからその言葉を大切にすべきである。

その言葉と出会えることが出来るのも、本との出会いがあったからである。

読書をすることによりまだまだ出会えることができる。

人は準備不足だとキレやすくなるし、本気で準備した人は負けても言い訳にすることがないのである。

本番こそ次の挑戦の最も真剣の準備であるため、本番にこだわるべきだし、1を生かせるために99の準備が必要であると言うことを受け止めるべきである。

現実逃避の準備はあまり意味がないのためするべきではないし、徹夜で準備する人も単なる怠け者だと言うことでし、緊張するのは準備不足のせいだからであるし、努力を認めてもらおうとするのはいやらしいことであるということを理解しなければならない。

準備で今日糠内ことが大切である。

成功するには勉強するしか道はない、成長するしか道はない。

金持ちになるためには勉強する以外方法論は無いのである。

投資額はあなたの未来であるため、自分が成長したい事にいくら投資したかを考えてみる。

1つの分野に1000万円投資していたら、それはもうプロに近いレベルである。

頭脳への投資リターンは、FXの比ではないと言うことを、自覚すべきである。

貯金は大切だが、貯金だけではおバカになってしまう。

これまでに最も時間を割いてきたことにお金を注ぎ込むことが1番効率的である。

プチ整形やおしゃれだって、立派な事ことを私の1つになるが、何でもタダで済ませようと言う感覚は卑しい人間になってしまう。
列車や飛行機は、グレードの高い席に座りグレードの高い時間と言うのは経験すべきである。

あれは無駄だったと口にした瞬間無駄が決定しまうため無駄にしてはならない。

この世でダントツに貴重なのはやはり時間である。

時間を大切にしているスピード人間はいつも熟睡をしている。

時間を作るために必要な事はものを捨てることである。

幸せを感じない事は全てお断りすべきである。

嫌な上司を克服できればどんなお客様とも付き合っていけると心に秘めて社会は生きていくべきである。

私たちは幸せになる権利があるし幸せにならなければならない。

そのために自分に何が必要なのかを、明確にして成長しなければならない。

他人と出会ったことよりも、他人と出会って次の出会いからが大切である。

多くの人に会おうとすれば出会いのレベルを下げなければならないため、出会いのレベルをむやみに下げたりはしないことも1つ大切である。

将来自分がどんな人間になりたいのか、どんな未来を描き続けているのかを明確にして頑張っていくしか方法論はないのである。

手に入れよう自分の理想とする生活を。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


私たちの人生の目的は終わりなき成長である(文庫版)

新品価格
¥594から
(2016/12/31 09:42時点)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

超一流は、なぜ、デスクがキレイなのか?

君の眠れる才能を呼び覚ます50の習慣

稼ぐ男の身のまわり

『特別な人』と出逢うために

死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉

筋トレをする人は、なぜ、仕事で結果を出せるのか?

人生の勝負は、朝で決まる。

仕事は好かれた分だけ、お金になる
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本