FC2ブログ

君にはもうそんなことをしている時間は残されていない

君にはもうそんなことをしている時間は残されていない

著者 千田琢哉

読書2

ビル・ゲイツ
ウォーレン・バフェット
孫正義
君も
私も
平等に、1日 24時間が与えられている。

Time is life.(時間は命)

と気づくことが、幸せの人生のスタートだ。


■担当編集者のコメント
「気軽に『1時間程度ください』と言わない。」
「ふと気になった身内には、その都度会っておく。」
20代・30代から圧倒的支持を得る千田琢哉氏、待望の時間論。
秒単位、分単位、時間単位等、あらゆる視点から
もっと自由に生きるための時間のルールを明らかにします。

■目次
1分遅刻は、相手の命を軽く見た証拠。

●Part 1 君にはもうそんなことをしている時間は、1秒もない
●Part 2 君にはもうそんなことをしている時間は、1分もない
●Part 3 君にはもうそんなことをしている時間は、1時間もない
●Part 4 君にはもうそんなことをしている時間は、1日もない
●Part 5 君にはもうそんなことをしている時間は、1月もない
●Part 6 君にはもうそんなことをしている時間は、1年もない
●Part 7 君にはもうそんなことをしている時間は、残されていない

■著者 千田琢哉

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

1分の近くは、命を軽く見た証拠である、著者の千田琢哉の言葉である。

このように平等に与えられたもの、それは時間である。

大富豪も、大貧民も時間に関しては平等である。

ただ大富豪は時間を購入することができると言う利点はあるが。

だからこそ時間を大切にするために、好きか嫌いか、いちいち迷う必要性は無い。

迷ってる時間が無断である。

その迷ってる時間を大切にする必要性がある。

他には挨拶するかどうか、結婚するかどうか迷うのであればしないほうがいい。

迷わずつき進むべきである。

そこに私たちは時間を大切にするという時間を持つことができるであろう。

いちいち電話に出るかどうか迷わない、迷う暇があれば電話に出て仕事にすればよい、そうすることによってあなた自身の評価が高まる。

お返しの年賀状いちいち出さない、そして迷わない。

時間が過ぎ去っていくだけで、消して戻っては来ない。

パーティーの招待状は欠席にする。

迷うほどのパーティーであれば参加する必要はないのである。

いちど断ったのにまた誘われたら返事をしないことであり、これは時間を作るために必要なことである。

少しでも時間ができたら、その時間を下に好きなことやればよい。

部下ができたら1分以上部活を叱らないことである。

無断で遅刻してきた相手とはもう合わないことである。

時間の大切さをわかっていない、1時間の遅刻であれば公共的な問題が考えられるが、1分の近くは単なる怠慢である。

電話の用件も1分で片付けるべきである。

ランチでのんびりと列に並ぶ必要性は無い。

その時間自己啓発に充てるべきであり、自分の時間が進むと言う事は、他人の時間が進むと言うことである。

他人の時間が進むと言う事はライバルの時間が進むと言うことである。

私たちは限られた時間で、いかにどれだけするかが大切であり、どんなことをするかが大切である。

誰の為でもない、それは自分自身のためである。

自分の幸せのために、自分の納得いく人生を送るために、私たちは時間を大切にすべきである、ということを千田琢哉氏は言われている。

時間は戻っても来ないし、あなたの味方もしない、私たちはその中で幸せを使わなければならない。

よって大切な事は早めの決断をすることである。

いかに自分で時間を作り出して、いかにその時間で自分が好きなことをするのか、そして幸せに、幸せな気持ちになれるかどうか、人生は自分のものである。

だからこそ迷わない。

迷わず1歩踏みだすことが大切である。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

もし君が、そのことについて悩んでいるのなら

ギリギリまで動けない 君の背中を押す言葉

継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88

私たちの人生の目的は終わりなき成長である。

超一流は、なぜ、デスクがキレイなのか?

君の眠れる才能を呼び覚ます50の習慣

稼ぐ男の身のまわり

『特別な人』と出逢うために

死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉

筋トレをする人は、なぜ、仕事で結果を出せるのか?

人生の勝負は、朝で決まる。

仕事は好かれた分だけ、お金になる

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。
毎日本のことを記事にされていますが、毎日何冊程度の本を読むのですか?
そして、分かりやすい記事。尊敬します。
私の仕事仲間に、時間を大切にする・・まさに今回の記事のような人がいます。
いつでもテキパキと仕事こなし、時間前に出勤して、時間になったら即帰る。
決して間違えたりはしなく、見ていると充実しているようにも見えます。
自分がそんなできた人間ではないので、この本のこと、そして仲間に憧れますね。

Re: No title

kenjiman, さんコメありがとうございます。


千田琢哉氏の本は読みやすく、1時間あれば読了ですよ。
読める時と、読めない時がありますから、多くて一日1冊くらいですね。

No title

応援ポチしました(^^ゞ漫画を読むことが多いのですが、ホロコサンの記事を見て、本を読む機会をより増やそうと思います!(^^ゞ読むスピードがかなり遅いので、休日にゆっくり読書の時間を楽しんで(^^ゞ
本によって、色んなことが見えてくる、見識が広がりそうです。また来ます!!

Re: No title

お得場さん。 コメありがとうございます。

私なんかのブログがお役に立ててうれしいです。
忍者アドマックス、頑張りましょうね。

No title

ポチです!

Re: No title

節約ドットコム さんコメありがとうございます。

励みになります。

No title

迷った時はやらないというのはなかなか考えさせられるなあ
確かに迷う程度の物事はやるだけ時間の無駄なのかもしれない。
非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本