FC2ブログ

ファーストクラスに乗る人のお金2

ファーストクラスに乗る人のお金2

人生のステージが上がる61の工夫

著者 中谷彰宏

読書2


大好評『ファーストクラスに乗る人』シリーズの中でも、とくにロングセラーとなっている『ファーストクラスに乗る人のお金』が第2弾となって登場! 前作からさらに進化した、中谷彰宏流のお金論。人生のステージを上げるための、お金に対する考え方・工夫がつまった1冊です。【この本は3人のために書かれました】勉強してるけど、なかなか稼ぎにつながらなくて、焦っている人。貯金しようか、使おうか、迷っている人。もっと稼げるようになりたい人。お金に対する迷い・不安・焦りは多くの人が抱えているもの。本書にはそんな悩みを解決し、人生のステージを上げる工夫が満載! お金に悩むすべての人、必読です!

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

ファーストクラス」に乗りたいと言う気持ちを持ちつつも、現実に阻まれる今日このごろ。

この本はこの3人のために書かれた本である。

勉強しているけれど、なかなか稼ぎにつながらなくて、焦っている人。

貯金しようか、使おうか、迷っている人。

もっと稼げるようになりたい人。

ファーストクラス」代を最初に本にまわす人が乗り続けることができるものである。

出会いにお金を使うより勉強代にお金を使おう。

稼げない人は定休と比べ、稼げる人は生涯所得と比較して考えるものである。

高いかどうかは、生涯所得と比較して考えるものである。

もらえるものだったら高い方と言う人は、お金持ちにはなれない。

値段より自分にとっての価値で決めるべきである。

金運があるかどうかは、勉強代が安いと感じるかどうかである。

見えない原価に気づくべきである。

違いがわかると、お金が入る。

「お値打ちの違いに」気づくべきである。

それが「ファーストクラス」に近づくことである。

無料が好きな人は金運が下がる。

無料に飛びつかない事は大切なことである。

それが「ファーストクラス」に近づくことである。

むやみに会員証作るべきではない、それは知らないうちに個人情報を打っているからである。

明日までにの依頼を受ける人が稼ぐものである。

明日までの仕事をどんどん受けて成長しよう。

仕事量=収入ではない、頑張っている事に酔わない事は大切である。

それが「ファーストクラス」になる秘訣である。

お金をもらうよりも、仕事をもらう人が最終的にはお金が入ってくるものである。

お金より仕事をもらうことを心がけよう、「ファーストクラス」になるために。

やりたくない仕事で佐賀つくものである、みんながやりたくない仕事を本気でやることが大切である。

それも「ファーストクラス」になるためである。

うまくいったときにハシャガないことが大切である。

やってみようとやってみたの差は大きいものである。

商売とは、相手の財布にお金を入れるゲームである、自分の財布に入れたらそれはオウンゴールであり、それが「ファーストクラス」の考え方である。

借金をしてでも仲間の利益を優先すべきである。

自立とは自分が食べていけるだけでは足りない、大切な人を守れるのが自立である。

次がなければ負けの覚悟を持とう。

自分の要素の多いものを投資と言うべきである。

ファーストクラスを夢見て、皆様に感謝し、明日も笑顔で頑張ろう。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?







にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

ファーストクラスに乗る人のお金

ファーストクラスに乗る人の人間関係

なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。

ホテルで朝食を食べる人はうまくいく。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本