FC2ブログ

アンチェルの蝶  遠田潤子 読書感想

アンチェルの蝶

著者  遠田潤子

読書2


大阪の港町で居酒屋を経営する藤太の元へ、中学の同級生・秋雄が少女ほづみを連れてきた。奇妙な共同生活の中で次第に心を通わせる二人だったが、藤太には、ほづみの母親・いづみに関する二十五年前の陰惨な記憶があった。少女の来訪をきっかけに、過去と現在の哀しい「真実」が明らかにされていく―。絶望と希望の間で懸命に生きる人間を描く、感動の群像劇。

1966年、大阪府生まれ。大阪府在住。
関西大学文学部独逸文学科卒業。
2009年、『月桃夜』で第21回「日本ファンタジーノベル大賞」大賞を受賞しデビュー。
圧倒的な熱量を放つクライマックスシーンが印象的な本作品が二作目であり、現代を舞台にした長編書下ろし小説である。

独身の男に子ども。

どのような展開が待っているのか?

始まりである。

思い出したくない過去

子供との生活で響く思い出

母親の送ってきた人生

あかされる真実!

衝撃の事実。

あなたには思い出したくない子供の頃の思い出はありますか?

ある人もない人もいるだろう。

どのような子供の頃の人生を歩んできたのか?

それは、思い出という言葉を聞いたときに、良い事を思い出すか?

嫌な事を思い出すか?

それによって変わるだろう。

大人になって幸せになり、嫌な思い出を消すことができるなら良いが・・・・。

最後に幸せになればよい。



アンチェルの蝶 (光文社文庫)

新品価格
¥842から
(2015/6/6 09:48時点)




アンチェルの蝶

価格:842円
(2015/6/6 09:51時点)
感想(0件)








忍者AdMax

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本