FC2ブログ

儲かりたいならパート社員を武器にしなさい 著者 小山昇

儲かりたいならパート社員を武器にしなさい
著者 小山昇

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
人手不足になってきている現代です。
社員を集めることができなければアルバイトは積んでことができない、そしてパートも集めることが出来ない時代です。
なぜパートを雇うとメリットが出るのか、それが4つである。
①能力が高い人を採用できる。
②優秀な人は辞めない。
③残業代が減る。
④パートが子育てに時間を使える。
だからパートを大切にしなければならないし、パートに高時給、短時間労働の4つのメリットを与えなければならない。
将棋の世界にはこういう言葉があります。
(歩のない将棋は負け将棋)。
歩は金に変わります。
欠かせない金である。
パートに必要な事は会社のルールを教えることが大切である。
パートの文句は向上心の表れである。
それを受け止める度量があるかどうかが必要である。
パートが会社を辞める理由は3つである。
①仕事が嫌で止める。
②上司が嫌で止める。
③会社が嫌で止める。
パートには時給を上げるべき理由が4つである。
①残業が減る。
②業務効率が上がる。
③パート同士のコミニケーションが良くなる。
④パートが辞めなくなる。
人は動かせば動かすほど成長する。
この言葉は心に響く言葉です。
アシカに人は環境が変われば、その環境に適して変わっていきます。
なぜ子供が成長していくのか?
それは、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学と環境が変わっていくからである。
その環境に合わせて子供たちが成長していっている。
しかし大人になるとその環境が変わることを嫌がってしまう。
だからこそ、成長が止まってしまうのである。
よって人は動かせば動かすほど成長すると言う言葉が身に染みてわかる。
やる気をお金で買う事は悪い事ではありません。
むしろお金のルールを明確にすべきである。
それがパートが辞めなくなる理由である。
いかにパートを大切にして、いかにパートに成長してもらうか。
給与はお客様から払っていただくが、賞与は社長が払うものである。
だからこそいかにパートに還元するかが社長の努力かもしれません。
これから人手不足の事態が止まりません。
いかに人を大切にしていくが大切なことです。
むしろ人を確保できる組織が勝利していくでしょう。
だから人をいかに動かしていくかが大切になっていきます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

年収1500万円、「パート出身」の常務取締役がいる会社!
常に時代の先を読み会社を変えてきた経営者が語る、
「パート社員・戦力化」の秘訣

「働き方改革」により、非正規雇用従業員の待遇改善が見直されているが、
今なお、多くの会社では「安く、都合良く使える労働力」として扱われている。
だが、著者が経営する株式会社武蔵野ではすでに何年も前から、
全社員約800名のうち4分の3を占めるパート・アルバイトの
雇用環境の改善に取り組んでいる。そしてそれだけではない。
「パート・アルバイトを経営の中枢に据えて、戦力化してきた」
結果、5年前、「40億円」だった武蔵野の売上は「60億円」になり、
15年連続増収、過去最高売上・最高益を更新。

「パートを“社員の手足"や“使い捨ての駒"としか考えない会社は、競争力を失い生き残ることはできないでしょう。右肩下がりの時代でも成長を続けるには、“パートを大切にして、戦力化する"ことが不可欠です」(はじめに より)

従業員満足度は約9割! 主婦、シニア、学生の働きぶりが見違える、
「儲かる会社」のしくみを徹底解説!
すべての経営者、管理職、マネージャー必携の一冊。

●高時給、短時間労働だから優秀な人が集まる
●会社のルールを教えると「不満」が「やる気」に変わる!
●パート全員にiPadを配布して、残業時間を減らす
●実力あるパートに役職を与え、社員との差別をなくす
●パートにも賞与を出す
●人事異動させて「モンスターパート」を生み出さない
●ロッカーをなくすのは揉め事を起こさないためのしくみ……amd more!

序章 パート社員は、一緒に夢を実現するパートナーである
第1章 優秀なパートを育てたいなら「会社のルール」を教えなさい
第2章 パートの能力は「しくみ」で最大限引き出せる
第3章 やる気は「お金」で買いなさい
第4章 職場のトラブルはすべてコミュニケーションで解決できる
第5章 「価値観」重視で採用しなさい

儲かりたいならパート社員を武器にしなさい (ベスト新書)

新品価格
¥864から
(2017/8/31 23:04時点)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本