FC2ブログ

池上彰の世界の見方中東混迷の本当の理由著者 池上彰

池上彰世界の見方中東
混迷の本当の理由
著者 池上彰


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
世界中でテロが起きています。
嫌な時代になってきました。
何故、こんなにテロが多くなってきたのでしょう?
もしかしたら、戦争がないからテロが増えているのかもしれません。
ただ、それだけは考えたくないものです。
テロとは?
恐怖を与える事です。
恐怖を与える事で、テロリストに優位な状況を作ってしまうのです。
これが、テロ恐怖なのです。
そのテロの恐怖の原因を作ってしまったのが、アメリカだと著者の池上彰氏は言われてます。
池上彰氏の言葉は説得力があります。
やはり、自分で取材をしてきたからでしょう。
だからこそ、人に与える言葉に重みがあるのでしょう。
いろいろな国があり、いろいろな人種があり、いろんな考え方がこの世の中には存在します。
もちろんいろいろな宗教も存在します。
その中で何が正しいかは誰が決めることでもなく、あなた自身が何を信じているかによります。
自分が信じている者だけが全て正しいわけではありませんし、自分が信じていることだけが世の中ではありません。
他人の考え方を尊重しなければなりません。
そして他人の考え方を受け入れなければなりません。
世の中にはいろいろな考え方があり、いろいろな発想があり、いろいろな生き方がありいろいろな宗教があります。
その全てを受ける必要があるのです。
そして、池上彰氏は学ぶことの大切さを教えてくれてます。
人は与えるだけでは成長しません。
学ぶことが大切なのです。
学ぶことが非常に難しい事でもあります。
でも学ぶことから逃げることができません。
なぜなら自立しなければならないからです。
自立するためにはやはり学ぶ事に戻ってきてしまうのです。
だからこそ人は学び続けるのです。
そして学び成長していくのです。
それが大切だと池上彰氏は言われてます。
私たちはそんなことをテレビで学ぶことができます。
それは恵まれた環境なのです。
その恵まれた環境に感謝しなければなりません。
感謝することによりまた1人の人間として大きく成長できるのです。
それが私たち人間にとって大切なことになります。
そして日本人であることの有利性にもつながります。
日本人に生まれてよかったとそう思える時が来るでしょう。
それを池上彰氏が教えてくれているのです。
それを受け止めるかどうかはあなた次第です。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

中東情勢の基本が驚くほどよくわかる

国際紛争の震源地ともいえる中東
イスラム過激派によるテロが頻発し、大勢の難民が欧州に流入。
なぜこんなことになってしまったのか?
その答えを見いだすには、歴史のどの地点から見直せばよいのか?
池上さんは、現在の中東の混乱は、1978年のソ連によるアフガニスタン侵攻から振り返るとわかりやすい、と言います。
自称「イスラム国」(IS)が誕生して世界でテロが頻発するようになるまで、約40年の間に何があったのか?
大国の身勝手、イスラム教の宗派対立、土地や資源をめぐる争い。
理解しがたい中東の真実が、池上さんによって鮮やかに解説されます。
本書は、池上彰が選ぶ独自のテーマで、世界の国と地域を解説する『池上彰の世界の見方』シリーズの4冊め。
中東とイスラムの基礎・基本がよくわかります。

【編集担当からのおすすめ情報】
中東だけをテーマに、基礎からじっくり解説した池上さん初の「中東本」です。
こんがらがった糸をほぐすように、誰にもわかるように解説する、池上さんの真骨頂の本です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本