FC2ブログ

三ツ星商事グルメ課のおいしい仕事 の読書と足跡 百波秋丸 読書感想

三ツ星商事グルメ課のおいしい仕事

著者 百波秋丸

読書2


ある総合商社のお荷物部署・グループリソースメンテナンス課。毎夜、会社の経費で不要な食事を繰り返しているというウワサから、人はそこを「グルメ課」と呼ぶ。入社1年目の新米経理部員・山崎ひなの。彼女はグルメ課の浪費実態を暴くべく1ケ月限定での異動を命じられるが、案の定そこは社会人らしからぬ人々の巣窟だった…。ひなのは一刻も早く課を潰そうと食事会に潜入するのだが、そこには意外なミッションが隠されていて―。読めば読むほどに味の出る、おいしいお仕事ストーリー!

スパイ活動に任命。

見事職務を達成出来るのか?

グルメ課の本当の目的は?

社員の問題解決の為?

自分らの為?

真実はいかに?

ってな感じである。

結構面白く、読み出したらとまらない。

[結構ではなく、面白いという事ですね。]

この小説は、社員満足・信頼をグルメを通してでも作れる。

グルメを通して、社員満足・信頼の大切さを伝えているのではないか?

それであれば、奥が深い小説である。

何の本も読むほうが、どのように受け取るか?

これが一番大事である。

何を求め、何を得るのか?

そして、それをいかに社会に還元するか?

笑顔のある社会へ!



三ツ星商事グルメ課のおいしい仕事 (メディアワークス文庫)

新品価格
¥637から
(2015/6/13 08:23時点)




三ツ星商事グルメ課のおいしい仕事 [ 百波秋丸 ]

価格:637円
(2015/6/13 08:25時点)
感想(0件)








忍者AdMax





にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本