FC2ブログ

知れば得する!“お金が増える”大家さんの税知識 著者 椙田拓也

知れば得する!“お金が増える”大家さんの税知識
著者 椙田拓也



新たな知識を求めてこの本と出逢う。
不動産投資をするにあたり、税の知識は大切だと言う話をよく聞きます。
そこで税金に対して勉強するかどうか、それはその人それぞれになってきます。
しかし何のビジネスにおいても税金と言う括りは関わりを持たないって事はないでしょう。
と、言う事は税金を学ぶ事は必須なのかもしれません。
ではなぜ不動産投資をするにあたって税金を学ばなければならないのか、それは不動産投資が思ったほど儲からないと言う経験を持った人たちがいるからです。
もちろん例外もあります。
当然儲かった人たちもたくさんいるのです。
その人たちも税金に対して無関心だったのかは分かりませんが、利益を出すために工夫したことに変わりはないと思います。
不動産投資節税ができますと言う言葉が最近流行っています。
これが事実か?と言われますと難しいところでは無いでしょうか。
大きな意味では節税も可能ですが、赤字にしていては規模拡大はできません。
不動産投資は1つの事業だからです。
事業であれば赤字では成り立ちません。
事業である以上は規模拡大することが大切なことです。
その中で日本の税金は高いでしょうかと言う質問がたくさんあります。
日本の消費税は割と高い方になるでしょう、しかし消費税は低い部類に入るということです。
それでも納税は国民の義務ですから、税金を払う必要があります支払うことが悪いことではありません。
むしろたくさんの税金を納める事は日本国民として誇らしいことだと思います。
この辺のジャッジメント、捉え方というのが非常に難しいことです。
税金がかかるときっていうのはどんなときか?
それは取得する時、保有する時、売却する時、死亡するときと、大きく分けると4つになります。
税金は大きく分けると国税と地方税があります。
さらには登録免許税と言うものがありこれはどんな時にかかる税金かと言うと、土地建物を登記するときにかかる税金なのです。
そして不動産取得税というのがあります。
これは不動産を購入したときにいちどだけかかる税金なのです。
不動産投資をして不動産を持ってしまうと、固定資産税というのがかかります。
これはその年の1月1日に置いて不動産を所有している人にかかる税金です。
不動産を購入するだけで不動産投資が終わるわけではありません。
不動産を持ったと思ういろいろと税金かかってきます。
自分で勉強しながら1つの事業として経営していかなければなりません。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

・目次抜粋
◆序 章 不動産投資における〝真の成功〟は「税務」にあった

【初級編】
第1章 購入前に知っておくべきこと
第2章 知らなきゃ損する! 不動産投資に関わる税金の基礎
第3章 スイスイ進む! 不動産投資、初めての確定申告

【中級編】
第4章 節税ではなく、最初から税金を生まないコントロールをする
第5章 規模拡大のためには先手で行動する

【上級編】
第6章 不動産投資で収益を最大化する「秘策」
第7章 相続・事業承継で有利になる税対策
第8章 現役大家と敏腕税理士が語る、本当にお金を残す不動産経営術
    著者・椙田 拓也 & 監修・曾我 隆二 対談

知れば得する!“お金が増える”大家さんの税知識

新品価格
¥1,674から
(2018/6/18 08:16時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本