FC2ブログ

罪人が祈るとき 著者 小林由香

罪人が祈るとき
著者 小林由香


新たな知識を求めてこのと出逢う。
ピエロのペニー、これがどう物語を動かすのか・・・。
いじめ、自殺、人は苦しみながら生きていく。
当にそれが正しい社会なのか?
そこに改善の余地はないのか?
改めて考えさせられる一冊である。
人間関係とはビジネスでも存在する。
誰のために、何のために生きるのか?
そして、これから始まる復讐劇、明かされる真実、色々な想像ができます。
子供は残酷な生き物です。
いつの時代もイジメはなくならない。
何故、これだけのイジメが存在するのであろうか?
わからないことが多い世の中で私達は精神的タフさが求められる。
復習を計画するからこそ、精神的な逃げ場ができる。
何か他の事を考える事が出来るから、精神的安定を獲得出来る。
とても大切な事であり、欠かせない事である。
結局は生きててナンボの世界である、この世の中は。
『どうか、どうか、あの少年の未来にたくさんの幸せを』
胸に響く言葉、むしろ響かないといけない言葉、このような言葉が世に広まると幸せは拡散する。
何故、人は人をいじめてしまうのか?
何故、人は人をいじめて楽しむのか?
疑問に思うし、疑問に思わなければならない。
どんなに世の中からいじめがなくなってほしいと願ったとしても、どんなに世の中から暴力がなくなってほしいと願ったとしても、なくならないのが現実である。
だからと言って何もしなくて良いのかと言われたらそんなことはない、何かをしなければならない。
少しでも他人を思う気持ちを磨かなければならないってし、他人の考え方を尊重しなければならない。
他人のことを思って行動できるようになれば、周りが変わってくるのではないでしょうか?
むしろそういう人たちと群れる必要があるのではないでしょうか?
そのためには何をすれば良いのか?
そういう人たちの周りにいるためには何をしなければならないのか?
やはりそれはを読むことではないでしょうか?
を読む人たちの周囲にいることではないでしょうか?
を読むことにより、他人を思う気持ちを身に付けることができます、だからを読む人たちの周りにいなければならない。
そうすることにより自分に置かれる環境は変わってくるのではないでしょうか?
だから人は本を読むのです、だから人は本を読まなければなりません、自分の考えだけが正解ではありません、他人の考えを尊重しなければなりません。
他人の考えを尊重する大切さを学ぶことができれば、この本を読んだ意味があるのではないでしょうか?
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

自殺を決意した少年と、息子を自殺で亡くした父親──。
同じ空を見上げたとき、ふたりはなにを祈るのだろうか。
涙なくしては読めない感動のラスト!
衝撃のデビュー作『ジャッジメント』に続く、初の長編ミステリー。

罪人が祈るとき

新品価格
¥1,728から
(2018/6/27 06:48時点)








にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本