FC2ブログ

年収1億円の人は、なぜケータイに出ないのか? 著者 水野俊哉

年収1億円の人は、なぜケータイに出ないのか?
著者 水野俊哉


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
この水野氏は、出版プロデューサーであり、作家であり、経営コンサルタントであり、富裕層専門コンサルトという肩書きを持っています。
いまいちよくわからない肩書ですがいろいろな考え方があり、いろいろな価値観があります、それを学ぶこととても大切なことです。
そして面白いことに、年収3,000,000円の人と、年収10,000,000円の人と、年収1億円の人の考え方の違いを説明しされています。
超一流の思考と行動を分析されているのですが、それを毎日のルールとして受け止めれば変更することも難しくはないと言う考え方です。
例えば年収3,000,000円の人は、ユニクロで服を買いますが、年収1千万の人は流行の服を買います、年収1億の人は同じブランドの服を買います、それはなぜでしょうか、そういったことが説明されております。
思考と行動は自分自身ではなかなか気づくことができません、やはり他人を真似して他人の考え方を参考にしてやってみるしかないと思われます。
例えばクレジットカードの持ち方も参考になるのではないでしょうか?
年収300万円の人は、キャッシングやリボ払いのためにカード持ちます。
しかし年収1千万円の人はポイントを貯めるためにカード持ちます。
では年収1億円の人はどうかとなりますと、サービスを受けるためにカードを持つのです。
では保険ならどうかといいますと、年収3,000,000円の人は勧誘されて保険に入ります。
年収10,000,000円の人は万が一のために保険に入ります。
年収1億円の人は、節税のために保険に入るのです。
この違いはとても大きな違いです。
節税のために入るのと、身銭を切って保険に入るのでは意味合いが違ってきます。
そしてその言葉の意味がわかる人とわからない人に分かれるでしょう。
この言葉の意味にわかっている人であれば、将来年収が増える可能性が高い人だと思います。
なぜなら節税のために保険に入ると言う意味合いがどういうものかを薄々感じているのか、もしくは把握されているからです。
この意味がわからないのであれば、まずは年収を増やすことよりも資産運用の仕方を学ばなければなりません。
自分で学んで質問をするのか、学ばずに質問するかよって変わってきますが、自分にとって何が得なのかを考えて行動を起こしましょう。
大切な事は自分自身が幸せになること、そして成功することです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

経済評論家・内藤忍氏 「本書を読んで、毎日のルールを変えれば、年収1億円はそんなに難しくない」 「ケータイには出ない」「MTGはリッツ・カールトン」「仕事は朝イチだけ」「名刺を持たない」……。 富裕層専門コンサルタントの水野俊哉氏が明かす真の成功者たちの思考法と生活とは? 「年収300万円・年収1000万円」の人と「年収1億円」の人は、どこがどう違うのか? 「ライフスタイル」「人間関係」「仕事術」「マネー」 あらゆる角度から「本当のお金持ち」の実態を初めて明かした本書。 一生お金の奴隷のままでいい方は、読まないでください! ●著者からのコメント● 本書は皆さんに、会社をやめて年収1億円を目指すことをお勧めするものではありま せん。 ただ、「今の自分の年収に納得していない」「自分には今よりもっとできることがある のではないか」――そんなふうに感じている皆さんに、これまでにない考え方に触れる きっかけになれば幸いです。    

年収1億円の人は、なぜケータイに出ないのか?

新品価格
¥1,620から
(2018/6/28 22:32時点)




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本