FC2ブログ

人生100歳時代 不動産投資のフロンティア 将来の不安を安心に変えるフロンティアハウス 著者 鶴蒔靖夫

人生100歳時代
不動産投資のフロンティア
将来の不安を安心に変えるフロンティアハウス
著者 鶴蒔靖夫


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
まず、この本で言われている事は人生100歳時代に突入しようとしている事である。
であれば、年金だけで不安ではないか、そんな心情になってくる。
そう思う人もいれば、思わない人もいる。
何が正しいのではなく、自分自身が納得いく、安心しできる人生を送っているかどうかである。
『納得いく人生』、『安心出来る人生』である。
これは、フロンティアハウスを推奨する本なのだが何故か鶴蒔氏が書いた本となる。
ここに疑問を感じる。何故なら、鶴蒔靖夫氏は、評論家であり、パーソナリティーである。
フリーライターとして活躍しており、ラジオなどでも活躍している。
フロンティアハウスの社員では無いがこの本を書かれているのはなぜだろうか?
そんな疑問が生じるのである。
将来に不安を持つことに変わりは無いが、このまま100歳の時代になってしまえばどうしてもお金が足りなくなってしまう。
年金だけでは生きていけないため、不動産収入による生活を送らなければならない。
預貯金に関してはリスクを取らないリスクになってきている。
そこを一歩踏み出せるかどうかが、これからの人生の勝ち組と負け組の分かれ道となるだろう。
そして不動産投資をするにおいても、どの業者とタッグをくんで、やっていくのかが大切であると述べている。
このことは、他の本にも書かれており、間違いないことであると思われる。
いかに信用できる企業と手を結ぶのかが大切では無いだろうか?
どの会社信用して、どの物件を信用して、どのような投資をしていくのかを考えていかなければならないから、これからの時代は大変だと思います。
ですが、私たちはその中でも幸せを追求しなければなりません。
その幸せとは人それぞれになります。
価値観も人それぞれになります。
何が正しくて何が間違っているのかではなく、自分がどこに満足するのかが大切なことだと考えます。
現代の社会では、自分の価値観に合わない人を排除しようとする動きがあります。
自分の価値観はあくまでも自分だけの価値観であり、それを他人に押し付ける事は決してあってはなりません。
信頼が絆を生む不動産投資」など参考に出来るし、「不動産投資の“すごい”真実」などはオススメ
間違った社会、間違った世の中で、どれだけ自分の価値観を共感してくれる人に出会えるのでしょうか?
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

入居者とオーナーの幸せをつくるリーシング・イノベーション。
不動産投資の大技・中技・小技を駆使して、親から子、子から孫へ安心を伝えるベストパートナー。

老後の生活における金銭的な不安や、ゼロ金利とも呼ばれる空前の低金利の継続などを背景に、不動産投資の人気が非常に高まっている。購入した物件を賃貸に出すことで家賃収入をローンの返済にあてることができ、ローンの完済後は家賃収入がそのまま長期的な安定した収入になる。ワンルームマンションの区分所有なら1戸からの投資も可能で、初期費用もそれほど大きくはならないとあって、最近では一般の会社員のあいだにもワンルームマンション投資が広まってきている。
その一方で、ブームに便乗するかのように投資用不動産が次々と建てられた結果、エリアによっては供給過剰となり、空室も目立つようになってきている。万人受けのする既存のワンルームでは入居稼働率に限界が見られるにようにもなってきており、エリアの特性や入居者のターゲットを絞った間取りや設備、内装などの工夫が、より重要になってきている。
そうした投資用不動産市場において、横浜地区を拠点に独特の存在感を発揮しているのがフロンティアハウスだ。
近年の不動産投資では、少額の自己資金で始められるワンルームマンションの区分所有にスポットが当たることが多いが、フロンティアハウスは投資用アパート全体をオーナーが所有する一棟所有を中心に、開発から建築、販売、賃貸管理、建物管理までをワンストップで提供している。そのため、ワンルームマンションよりも物件価格は高めになるが、一棟所有には、区分所有にはない大きなメリットがあるという。それは、将来的に建て替えが可能なことと、ひとつの建物内で形態の異なる賃貸を効果的に組み合わせることができるということだ。
不動産投資における最大のリスクのひとつが「空室」であり、この「空室」をいかにしてなくすかが、不動産投資が成功するかどうかの鍵となる。そのためには、入居者のニーズを先取りし、建物の外装や部屋の内装、設備などを時代に合わせていくだけでなく、「部屋の貸し方」そのものをフレキシブルに運用し、対象となる入居者の層を広げることができるかも、これからのポイントとなるだろう。その点で一棟所有には、区分所有よりも大きなメリットがあり、こうした取り組みをフロンティアハウスでは「リーシング・イノベーション」と呼んでいる。
本書は、通常の賃貸とマンスリー賃貸、民泊などを組み合わせる、あるいは賃貸物件と分譲住宅を併用するなど、リーシング・イノベーション戦略に積極的に取り組み、収益物件としての賃貸アパートやマンションの、開発から建築、販売、賃貸管理、建物管理までのワンストップ提供を主軸に、ファミリー向けの分譲マンションや戸建住宅など幅広い領域の不動産事業を手掛け、不動産の総合企業として成長を続けるフロンティアハウスの事業活動を紹介し、企業理念や経営戦略を明らかにする。

人生100歳時代 不動産投資のフロンティア ― 将来の不安を安心に変えるフロンティアハウス

新品価格
¥1,944から
(2018/9/2 13:25時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本