FC2ブログ

ラプラスの魔女 著者 東野圭吾

ラプラスの魔女
著者 東野圭吾


新たな知識を求めてこのと出逢う。
今や日を代表する東野圭吾氏。
作品よりも、東野圭吾氏の名前だけでが売れる、その域に達した著者である。
温泉地での事故?
いや、事件?
羽原円華が解決する?
不思議な力で?
物語の概要はこんな感じになるだろうと推測される。
今回はどのような力を使って、謎を解いていくのか。
東野圭吾先生の書くには、いろいろな疑問が生じているし、いろいろな謎が含まれている。
だからこそ東野圭吾先生の言葉にのめり込んでいく。
だからこそ東野圭吾先生は人気あるのだろう。
そう思われる。
1人の少女はこの温泉の硫化水素事件をどのように導いていくのか、そしていろいろな物語のつながりはどこにあるのかを追求していく。
この物語は奥が深い、父親と子供の争いがドラマになる。
そしてこの物語は人間の醜さを表した物語となっている。
だからこそこの小説を読むことによって、人が生きていることがどれだけ素晴らしいかと言うことを学ぶことができる。
そこに私は価値があるのだと私は思う。
どんな人間にも価値がある、どんな人間にも存在する意義がある。
人間は生きているからこそ、いろいろな事柄に影響を与えるのである。
「ラプラスの魔女」は、「魔女の胎動」と関連する話である。
東野圭吾氏のとしては、「レイクサイド」「歪笑小説」、「どちらが彼女を殺した」、「白銀ジャック」、「人魚の眠る家」、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」、「マスカレード・ナイト」、「マスカレード・イブ」、「マスカレード・ホテル」、「麒麟の翼」、「虚ろな十字架」、など過去に読んでみた。
どの作品ものめり込める楽しさがあり、読み始めたら止まらないと言う感触がある。
つまりそれは面白いと言うことではないかと考える。
話が脱線してしまったが、映画化されるのも頷く作品である。
科学と言うのはいっぽ間違えれば大惨事になると言うことを再認識した。
しかし科学の発展がなければ人間は便利に暮らすことができないのも事実である。
だからこそ人は科学と言うものとどのようなお付き合いをするのかを問われている。
そしてその科学の発展に陰ながら協力しているのが人間たちである。
どのようなものを購入して、どのようなものにお金をつぎ込むのか、それがその業界の発展につながり、科学の発展につながっていくのである。
だからこそお金の使い道と言うものは大切なことである。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?
待望の文庫化! 映画化決定!

遠く離れた2つの温泉地で硫化水素による死亡事故が起きた。検証に赴いた地球化学研究者・青江は、双方の現場で謎の娘・円華を目撃する――。東野圭吾が小説の常識をくつがえして挑んだ、空想科学ミステリ!

ラプラスの魔女 (角川文庫)

新品価格
¥821から
(2018/9/2 13:36時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

東野圭吾 『ラプラスの魔女』

                            &...

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本