FC2ブログ

一流の投資家は「世界史」で儲ける 著者 塚口直史

一流の投資家は「世界史」で儲ける
著者 塚口直史


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
歴史は繰り返される、その言葉をこれまでの人生で何回聞いたであろうか?
グローバルマクロ戦略ファンドマネージャー、早稲田大学政治経済学部経済学科卒である塚口氏。
塚口氏曰く、歴史は繰り返すと言うことである。
今日覚えた知識は明日使えるとは限らないだからこそ歴史を学ばなければならないと言うことである。
お金とはどのようなものかをまず知らなければならない。
お金のやりとりが増えれば増えるほど、経済は活性化し、その流通を増やす方法は、取引の際に生まれる摩擦を抑えることで可能となります。
紙幣を利用することで、今まで効果を使用することで生じていた様々なリスクを恐れて控えられてきた潜在的な経済需要が一般化するのです。
硬貨と言う本源的な価値を持つ資金が国外逃避するのか、国内の家庭に退蔵されていき、フランス国内では実質的な貨幣供給が急減し始めたのである。
このような超資本主義社会、超資本主義世界に生きている中で、その世界の土台を形成している紙幣を理解することなく、今の世界の立ち位置を理解することは不可能と言うことになります。
世間の人々が多くの時間を費やして、日々労働して獲得しているお金と言う物の信用価値は、紙幣の発行者のモラルに依存しているのです。
現代のグローバル化は核の均等化で武力を行使できない形で実現されていますが、当時のグローバル化もそれと似た状況で実現されていたのです。
しかし不動産投資家の事情を踏まえた上で、じっくり時間をかけて、国民が納得する形で進めるしかないと思います。
人々の所得の伸び悩みが世界に広がる時、その社会の持続的発展は困難となってしまうでしょう。
だからこそその感動が起きないうちに、国が行き過ぎた効率性の追求やグローバル企業の寡占化を規制していく必要があると思います。
歴史を勉強して、歴史から学んでいく、それがこの地球において1番大切な勉強方法かもしれません。
インフレと言う観点からはモラルハザードが社会で起きているのか、特に広く社会に及ぼす銀行系で起こっているのかを推し量る理由が必要です。
お金の価値は銀行による「確かな決済+」に担保されていると言っても過言ではありません。
未来に備えるための資産運用を始めなければなりません。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

★発売後、即重版決定!
★投資は「世界史」を学べば上手くいく!
★欧州を中心に世界をまたにかけて活躍する現役ヘッジファンドマネージャーが教える「歴史」から未来を予測する技術

◎紙幣を生み出した男から学ぶ仮想通貨の未来
◎オランダ黄金時代から学ぶ21世紀を生き抜くための投資
◎4つの景気循環論から考える日本の将来とは?
◎歴史から学ぶ「下落相場」への対処法
◎未来を予測するために投資家が知っておきたい「思考法」

リーマンショックなど多くのファンドが損失を拡大するような状況でも、
常に圧倒的な利益を獲得してきた現役ヘッジファンドマネジャーが教える「世界史」で未来を予測する技術。
「オランダ黄金時代」「18世紀前半のフランス」「1920年代のドイツ」など、
世界史から「投資のエッセンス」を抽出した投資家のための最高の歴史の教科書。

【本書の目次】
はじめに
第1章 18世紀フランスから学ぶ「お金の本質」
第2章 オランダ黄金時代から学ぶ21世紀を生き抜くための投資
第3章 「4つの景気循環論」から考える日本の未来
第4章 2つのパターンの下落相場への対処法
第5章 歴史から学ぶ「インフレと金利」
第6章 お金の歴史から考える仮想通貨の未来
第7章 戦争に備えるための4つの選択肢
第8章 シミュレーション思考の考え方
おわりに
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

一流の投資家は「世界史」で儲ける

新品価格
¥1,620から
(2018/10/25 21:30時点)



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本