FC2ブログ

売れない・貸せない・利益が出ない負動産スパイラル 著者 姫野秀喜 乾比呂人

売れない・貸せない・利益が出ない負動産スパイラル
著者 姫野秀喜 乾比呂人


新たな知識を求めてこのと出逢う。
不動産投資をするにおいて、負動産は気になることでしょう。
資産のつもりで持っていたが、気がついてみれば負債になっている。
そんなことを思っている人にはお勧めのです。
ビジネスにおいてを読む事はとても大切なことですし、避けては通れない道です。
を読まない人たちは視界が狭くなってしまいます。
そこに何の価値もありません、だからこそ人は学んで生きていかなければなりません。
私たちがそのようにして成長していくのです。
そしてこのはサラリーマンの方が不動産投資をするために向けられたではありません。
どちらかと言うと、親が残した資産を受け継ぐ人たちが読む本になります。
つまり恵まれた人たち向けの本となります。
恵まれた人たちと、ハングリー精神でかかってくる人たち、はたしてどちらが強いでしょうか?
少なくとも私はハングリー精神で立ち向かう立場の人間です。
残された財産と言うものはありません。
だからこそ、自分で財産を作るしかないのです。
だからこそ自分で財産を築くために勉強しなければならないのです。
そしてこの日本において、財産の築き方を教えてくれる事はありません。
ではどうするのでしょうか?
本を読み学ぶことしかありません。
読書をすることにより自分で勉強することができるようになるのです。
これがとても大切なことです。
価値のある、ニーズのある資産を手に入れましょう。
その判断はどうするべきでしょうか?
やはり自分で学んで手に入れるしかないのです。
そのためにはどうすれば良いのでしょうか?
答えは本にあると私は考えます。
これが旬の勉強の仕方であり、これが旬の資産の築き方だと考えます。
自分で道を切り開かなければ、道は開けません。
だからこそ自分で前に進まなければいけません。
そこに新しい道、新しい光、新しい世界が待っているのです。
私はそこに価値を見出しています。
とても大切なことだと思っています。
そのために自分で道を切り開くしかありません。
そのためには知識がとても必要となります。
どのようにして知識を得るかも大切です。
たまたま知識を得ることもあれば、自分で知識を勝ち取ることもあります。
自分で勝ち取る知識にこそ価値があるのです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


所有する土地や不動産をマイナスを生み出す「負動産」としないため、あるいは、これから取得する不動産が「負動産」かどうかを見抜くための考え方を解説。
土地オーナーや不動産投資家、税理士等の実務家などそれぞれの立場での必要知識をまとめ、不動産経営に役立つ税務知識も収録。

売れない・貸せない・利益が出ない 負動産スパイラル

新品価格
¥2,592から
(2018/10/31 20:49時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本