FC2ブログ

特捜投資家 著者 永瀬隼介

特捜投資家
著者 永瀬隼介


新たな知識を求めてこのと出逢う。
小説から、ビジネスチャンスが生まれることもある、を読むと言う事はどこかにチャンスを得る可能性があると言うことである。
だからこそ人はが読むべきだし、読書をすべきである。
これは投資家物語であると思わせ、ブンヤ物語である。
ある街金融の成り上がりの成功者から出てくる過去の話を株価とすり合わせた物語となっている。
世紀の大悪党と言われた、社長は過去にお金で苦労している。
そのお金での苦労により、新たな人生、お金の執着が生まれている。
実際に、お姉さんが借金取りのヤクザに売られてそのまま結婚すると言う、悲しくもある現実に追われている。
株式投資をする関連者は、空売りをかける。
空売りをかける材料を、記者を使って探すのである。
小さい頃にお金で苦労した人たちが、どのようにお金と向き合って付き合っていくのかそしてお金で挫折した人たちがどのようにお金を使って再生していくのか問われた1つである。
捉え方はその人次第である。
それでも人はお金を稼がなければならないし、お金がなければ有意義な人生を送ることができない。
当然世の中にはお金がなくても幸せと言う考え方もある。
これが間違っているわけではない。
むしろそう思えるのであればそれは正しい考え方である。
しかし残念なことに人間と言うものは他人と比べるものである。
他人と比べて自分が勝っているのかどうかを比較して、幸せを感じ取る生き物である。
それがブランド品だったり、高級住宅だったり高級自動車だったりする。
当は必要ないものである。
高級住宅である必要性は何か?
高級自動車である必要性は何か?
高級ブランド品のバックである必要は何か?
いちど問い合わせてみるといい、それは他人と比較して自分が勝ってるということを示し出したいだけである。
当は進めれば問題ないのである当は動けば問題ないのである車は。
それでも見栄を張るために、他人と比較して自分が勝っていると言うことを知るために人はお金を使うのである。
そしてお金を使うためにお金を稼がなければならない。
だからこそ人々は難しい状況である現代を生きていかなければならないのである。
どのようなところでお金を稼ぐのか、そしてどのようなところにお金を使うのかはその人次第である。
お金を使うと言う事は、そこを応援する、そのものを応援する、その企業を応援すると言うことである。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

──気がつけば、忖度独裁国家と化していた日本。
そこには、権力におもねり人を食いものにするフェイクなヤツらがあふれている。
斜陽の新聞社を辞めた泣き虫記者、失敗続きのバリキャリ美女、うだつの上がらない学習塾経営者、
そして、地獄から這い上がった孤高の投資家……
崖っぷち4人の逆襲が始まる!
痛快無比の投資エンターテインメント小説が誕生!

* * * * *

【メディア掲載レビューより】
ジャーナリストと起業家、投資家には、共通点があります。
それは、いずれも「一発狙い」だということ。
「一発」という表現が適切でなければ、
「ホームラン狙い」とでも言えばいいでしょうか。
ジャーナリストはスクープを狙いますし、
起業家は大きな事業を企てる、
そして投資家は大化け株を探す。
かの天才コピーライター、デイヴィッド・オグルヴィは、
「バントをするな、場外ホームランを狙え」と言ったことで有名ですが、
情報産業では、「大きく考える」ことが富をもたらす秘訣なのです。
とは言いながら、「大きなこと」には常にリスクがつきまとうのも事実。
広げられた風呂敷が本物なのか、
関わっている人間はまっとうな人間なのか、
急激に集まるカネは引く時もはやい……などなど。
そんな情報産業に潜むリスクと、カネの現実、現在の資本主義社会の退廃ぶりを、
ジャーナリスト、起業家、投資家が交錯するストーリーの中で描き出したのが、『特捜投資家』。
「EVの革命児」ともてはやされるミラクルモーターズの黒崎宏、
成功した男たちを渡り歩くクールビューティーな女性起業家、椎名マリア、
個人投資家として数百億の資金を動かし、莫大な利益を得ている天才投資家・城隆一郎、
そして城に雇われ、ミラクルモーターズを調べ始める、元大手新聞記者のフリージャーナリスト・有馬浩介、
捜査線上に浮かんできた、闇の大物……。
スリリングなストーリーを読んでいるうちに、
資本主義社会を渡り歩くための知恵が身につく、じつに興味深い小説です。
若い頃、『ナニワ金融道』を読んで、お金と人間の現実を学び、
実世界に出て本当にその通りだなと思ったものですが、
本書もまた、現代の資本主義社会の現実を見事に描き出しています。
脇の甘い人間がハマる落とし穴、レバレッジ投資のリスク、情報操作の危険性、
平気で風呂敷を広げる起業家と、それに群がる危うい投資家たち……。
まさに今の日本の闇の部分を描いているようで、背筋が寒くなります。
ぜひ、読んでみてください。
傑作です。
(「ビジネスブックマラソン」編集長・土井英司)


特捜投資家

新品価格
¥1,620から
(2018/11/6 20:55時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本