FC2ブログ

2019長谷川慶太郎の大局を読む 著者 長谷川慶太郎

2019長谷川慶太郎の大局を読む
著者 長谷川慶太郎

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
読了にて感じることは、明るい気持ちになれないという事である。
しかし、これが現実であり、現状を受け止める事は大切な事であると考える。
まずは、アメリカと中国の争いである。
まさに“貿易戦争”。
世界経済は繋がっており、これが自分達の資産にも繋がっていく。
世界は狭くなった、まさにそんな気分になる。
実際に飛行機で海外出張は当たり前の時代だし、海外ですら日帰りも出てきている。
国内などは、営業所の閉鎖が出ており日帰り出張である。
経費削減になる事は間違いないが、いざという時に対応できるのか疑問に思う。
時代はキャッシュレス時代に突入するのである。
私も交通系の電子マネーをよく利用するが、今時交通系の電子マネーを利用できない店に出くわすとガッカリするものである。
そして2度とないその店にはいかないものである。
そんな時代に突入したのである。
まずは決済が早い!
これにつきる。
クレジットカードはサインだの通信だの時間がかかりすぎる。
それに比べて交通系の電子マネーは早い。
しかも安全である。
自分がチャージした金額以上は使えないからである。
もっと増やすべきである。
交通系の電子マネーが使えない所は淘汰されるべきだと考える。
時間がないこの時代に、決済が早いのは魅力的であり、精神的にも安定をもたらしてくれる。
だからこそ、キャッシュは電子マネーで、そんな店が広がってくれれば時代は明るい。
キャッシュレスの流れは止まらない。
そして外国人労働者の受け入れをもっと積極的にやるべきである。
そうすることにより日本はより高みにいけると思われる。
そこを受け入れる人間がこれから先より富を増やしていくと思われる。
時代は止まらない前に進んでいくのである。
だからこそ受入止める力が大切である。
そして変化する力が大切である。
そこを受け止める自信があなたにはありますでしょうか?
新しい未来へ、より住みやすい未来へ私たちは前に進まなければなりません。
新なる文化を追い求めて新なる文明を追い求めて、投資をしていかなければなりません。
そうすることにより私たちは新しい時代へ進んでいけるのです。
新しい時代進むからこそ、私たち人間も進化していくのです。
だからこそ人間は楽しい生き物なのです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


『2019長谷川慶太郎の大局を読む』の冒頭はなんといっても米中貿易戦争だろう。その原因や今後の推移については本文に譲るとしてまず「まえがき」の抜粋から読んでいただきたい。

「アメリカには一九七〇年代以降、政府の独立組織、対米外国投資委員会(CFIUS)があり外国企業の対米投資に国家の安全保障上のリスクがあるかの可否を審査してきた。とはいえこれまでのアメリカは潜在的な国家リスクより明らかに余裕をもって企業利益のほうを重視してきた。一九六〇年代後半の日米繊維交渉、七〇年代後半の鉄鋼製品、八〇年代の電化製品・自動車、ハイテク製品等の日米貿易摩擦は日本の対米黒字をいかに減らすかに焦点が当てられていた。なかでも八〇年代の貿易摩擦はアメリカの議員が日本製の自動車をハンマーでたたき壊すという派手なパフォーマンスを展開。日本側に譲歩を迫ったシーンをご記憶の方もいるだろう。結果は読者諸兄もご案内のように、いずれも日本側の譲歩に次ぐ譲歩によって幕が閉じられている。」(「まえがき」より)

しかし、これはあくまでも「カネ」だけの問題だったが中国の場合、明らかに日本とは事情が異なるのである。

「これはいうまでもなく中国の急速な台頭のせいだ。今年六月に上梓した拙著『異形の大国を操る 習近平の真意』(発行:李白社、発売:徳間書店)で詳述したが、習近平総書記は二〇二五年までにアメリカに追いつくことを国家目標に掲げている。当然、危機感を持ったアメリカの共和・民主両党の上下院議員は超党派で外国投資リスク審査近代化法を成立させた。この新法は対米投資案件のイエス、ノーの判断に際し国防省と情報機関に大きな発言力を与えるというものである。もちろんこの新法は八月一三日にトランプ大統領の署名を得て成立している。
確かに米中貿易関税問題はトランプ大統領にとって最大の関心事であることは間違いない。だが、トランプ大統領はそれ以上にアメリカ国内での中国脅威の風潮を無視できなくなったというのが実像である。いわば習近平総書記は虎ならぬトランプの尻尾を踏んでしまった。
さらに本書では、「超人手不足時代を迎える日本」「経済が右肩下がりの小康状態にあるヨーロッパ」「新たな朝鮮半島情勢」「BRICS経済の現状」などについて筆を進めてみた。」(「まえがき」より)

長谷川慶太郎


2019 長谷川慶太郎の大局を読む

新品価格
¥1,728から
(2018/11/22 22:39時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本