FC2ブログ

一流の男が絶対にしないこと 著者 里中李生

一流の男が絶対にしないこと
著者 里中李生


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
一流の男は俗がいない場所を好む。
俗に関わらないようにする。
アンチにはならない。
アンチは敵を作るだけ。
自分自身にこだわりを持ち、自分自身の生き方に自信を持ち、人生を送るということがとても大切なことだと思われます。
類は友を呼ぶと言いますが、まさにその通りでありセレブの周辺に居ればセレブの生活になっていく。
自分の周囲にどれだけの成功者がいるのかどうかが大切である。
一流であり続けるのであれば、一流の人のそばにいることが大切と言うことです。
確かに言いたいことはわかります、二流三流の人たちのそばにいるとストレスが溜まってきます。
それは自分自身が二流だったり三流だったりするからでもあります。
自分から自分をおじさん扱いしない事が大切である。
相手に媚びないことも大切ですし、自分自身を持つことも大切です。
そして一流の女性と知り合うことも大切です。
一流の女性にお金を使うことも大切なことです。
自分がどのようなものに価値観を抱き、そしてどのようなものに一流と感じるのかその価値観を磨かなければなりません。
そして自分が感じたものにお金をいかに費やすことができるのか?
これがとても大切なことなのです。
自分自身がそれを感じているのかどうか?
自分自身がそれを求めているのかどうか?
求めなければ手に入りません。
強い男でしなければなりません。
娘や子供たちの友達になってはなりません。
尊敬される存在にならなければなりません。
それが一流の男と言うものです。
一流の男になり、一流を追い求めなければなりません。
強い男でなければなりません。
どのようなものが大切なのかを考えなければなりません。
読書をしない成功者はいません。
強い男、成功した男である限り読書をしなければなりません。
読誦する限り人が成功します。
だから人は本を読むのです。
セレブは本を読むのです。
成功者は本を読むのです。
そこに新しい明日、光のある明日があるからです。
私たちは本を読んで学ぶでしょう。
私は本を読んで新しい知識を手に入れることができます。
新しい知識を得て一歩すすむことができるのです。
そこに新しい時代が訪れるのです。
新しい世界が訪れるのです。
新しい社会が訪れるのです。
さぁ楽しみましょう新しい社会を。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


日本人がどれだけ一流ではなくなったか教えたいと思う。
「一流の条件」とは何か。人並み以上の資産を持てばいいのか、高い地位につけばいいのか、あるいは目を惹く容貌であればいいのか。
いや、周囲を見れば、それらを持ちながら、一流とはみなされない人物も多い。それは、彼らが自分自身を貶める何かをしてしまっているからだ。
人間の本質は、些細な言葉や行動、考え方に表れる。一流の男は、何をすれば自分を堕落させてしまうかを知っている。
累計260万部を超える著者が、偽善や嘘が溢れる世の中で本物を見抜く力、そして自分自身が一流になるための方法を語る。

一流の男が絶対にしないこと

新品価格
¥1,296から
(2018/12/8 07:58時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本