FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

死にがいを求めて生きているの 著者 朝井リョウ

死にがいを求めて生きているの著者 朝井リョウ新たな知識を求めてこの本と出逢う。海と山は出会ってはいけない、争いが生じる、果たしてこの文言はどう繋がっていくのか?まずは、白井友里子、塞ぎ込んでいる弟の翔大、鬱になった奈央ちゃん、そして植物状態の友人をお見舞いに来る友達。彼に確認したい!毎日、同じ繰り返しで飽きないのか?そこで返ってきた答えは・・・・。次は前田一洋。昔からの親友同じクラスの親友、クラス...
0

家と庭  畑野智美  読書感想

家と庭著者 畑野智美新たな知識を求めてこの本と出逢う。忙しい日々が続く。時間に追われる日々である。ほのぼのとした時間を追い求めて、朗らかな表紙のこの本と出逢う事になりました。下北沢の街が舞台。望君と母親、姉、妹と女性が多い家族構成での人間関係を描く作品。長女がいきなり帰ってきた。娘を連れて帰ってきたのである。理由は、理由がわからないから厄介なのである。好きだから側に居たくない、好きだからこそ一緒に...
0

2014-2015世界のマネーは米国に向かうの読書と足跡 藤田勉 読書感想 この結果どうなった?

2014-2015世界のマネーは米国に向かう著者 藤田勉藤田勉(ふじた・つとむ)シティグループ証券株式会社取締役副会長一橋大学大学院博士課程修了、経営法博士。北京大学日本研究センター特約研究員。慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所客員研究員。慶應義塾大学「グローバル金融市場論」講師。2006~2010年日経アナリストランキング日本株ストラテジスト部門5年連続1位。内閣官房経済部市場動向研究会委員、経済産業省企業価...
0

日本人が知らない世界標準の働き方 著者 谷本 真由美

日本人が知らない世界標準の働き方著者 谷本 真由美新たな知識を求めてこの本と出逢う。「日本の常識は世界の非常識」時代が変わろうとしています。日本人の価値観が問われています。今までは24時間働けますかがテーマであった時代ですがこれから本当にそのテーマで生きていくのが良いかどうかが問われています。大切な事は自分の人生でどのような人生を送ったかです。仕事をすることだけがあなたの人生で満足することでしょ...
0

考えることこそ教養である 著者 竹中平蔵

考えることこそ教養である著者 竹中平蔵新たな知識を求めてこの本と出逢う。頭が良いと言うのはどういうことでしょうか?これからの時代頭がいいの概念が変わってくるでしょう。必要な事は、「CPU」、考える力です。CPUとは中央処理装置意味します。CPU的な思考こそが本当の意味で賢い価値のあることとなってくるのです。これまでは記憶をすることが頭の良いことになっていました。これからは考える力があることこそ頭の良い事と...
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア