FC2ブログ

読書と足跡

1

東京改造計画  ~変化した東京を望む方へ~

東京改造計画著者 堀江貴文新たな知識を求めてこの本と出逢う。ビジネスマンの目線で新しい東京をマネージメントする、面白い発想である。問題は日本人の大多数が変化を嫌う民族であるという事である。だが、コロナを経験した今こそ新しい時代の幕開けにふさわしいかもしれない。まずは渋滞の緩和対策。単純に価格変動制にして、緩和するそーだ。ETCのゲートも無くし無駄な出費を抑える。さらには、満員電車の緩和。これも価格変...
1

我が闘争 本 感想 ~堀江貴文の生い立ちを知りたい人が読む本~

我が闘争 著者 堀江貴文 いつだって、孤独だった。でも、誰かと分かり合いたかった。それでも、僕は闘い続けてきた。だから今、もう一度「宣戦布告」。堀江貴文、早すぎる自叙伝。幼少期、九州での窮屈だった時代、憧れの東京、東大時代、恋、起業、結婚、離婚、ITバブル、近鉄バファローズ買収への名乗り、衆議院選挙立候 補、ニッポン放送株買い占め、時価総額8000億円、ライブドア事件、逮捕、検察との闘い、服役、出所、そ...
0

スマホ人生戦略 お金・教養・フォロワー35の行動スキル 著者 堀江貴文

スマホ人生戦略 お金・教養・フォロワー35の行動スキル著者 堀江貴文新たな知識を求めてこの本と出逢う。堀江貴文氏は他の人と違うスマホのアプリを使用しているわけではない。スマホというツールを使って見ている景色ぐ違うとの事だ。人生を変えるために必要な武器、それがスマホという考え方。とりあえず、『やりたいことのためにスマホを使い尽くす、やりたい事がなければとりあえず使い尽くす、使い尽くして今以上の景色を...
0

99%の人が気づいていないお金の正体 著者 堀江貴文

99%の人が気づいていないお金の正体著者 堀江貴文新たな知識を求めてこの本と出逢う。お金の正体はズバリ信用である。堀江貴文氏と言えば、以下の本を読ませて頂いた。『夢を叶える「打ち出の小槌」』、『時間革命』、『小説 多動力』、『捨て本』、『ハッタリの流儀』、『あり金は全部使え』、『疑う力』、『バカとつき合うな』、『我が闘争』、『マネーと国家と僕らの未来』など読ませて頂いた。今回はお金の正体となる。信用が...
0

夢を叶える「打ち出の小槌」 著者 堀江貴文

夢を叶える「打ち出の小槌」著者 堀江貴文新たな知識を求めてこの本と出逢う。堀江貴文氏の言われる、打ち出の小槌は『信用』の事である。これからの時代、信用があるかどうかだ話が変わる。むしろ生き方すら変わる。だからこそ、新しい生き方を模索するのである。信用とは、周りがどう評価するかであり、絶対的な信用があるわけではない。多くの人に認められているかどうかである。信用はあいまいなものだから、自信さえあればご...
0

時間革命 著者 堀江貴文

時間革命著者 堀江貴文新たな知識を求めてこの本と出逢う。1秒ですら無駄に生きるな、まさに強いメッセージである。バカに恵む時間はない、強い強いメッセージである。自分から牢屋の外に出れるのに何故出ない?自由がそこにあるのに何故手に入れようとしない?本当に自由を欲しがっているのか?君は本当に求めているのか?堀江貴文氏はといかける。本当に求めているのかと?最近のビジネスはスキマ時間の有効活用である。これが...
0

小説 多動力 著者 堀江貴文

小説 多動力著者 堀江貴文 新たな知識を求めてこの本と出逢う。宇宙旅行士になるのが夢だった。子供の頃は結構、憧れる職業である宇宙旅行士。異次元の世界を舞台として教えてくれる教訓。『専門外の情報は恥ずかしがらず詳しい人に聞く』などである。大切なことは、自分の時間を生きるという事である。その為には仕事を選ぶ必要がある。ブラック企業が嫌なら、今すぐやめればいいそんな考え方もあります。ブラック企業だとぶつ...
0

捨て本 著者 堀江貴文

捨て本著者 堀江貴文新たな知識を求めてこの本と出逢う。大切なモノを捨てていくことが、本当に大切なモノにアクセスする手段となる。時代の変化点にきている、ブランドより自分にとって必要なものが優先される。自分が求める質を大切にしていれば、低い年収でも幸せは手に入る。お金で買えるものに、時間と資金を投じるのは無意味である。獲得と所有を一緒にしてはならない。獲得は報酬である。所有はリスクである。金で満たさ...
0

ハッタリの流儀 著者 堀江貴文

ハッタリの流儀著者 堀江貴文新たな知識を求めてこの本と出逢う。ハッタリの流儀とはまずはハッタリでも良いから前に進めると言うことである。既に時代は労働はオワコンの時代に突入した。AIに仕事が奪われるといった心配をするのはやめよう、テクノロジーの発展によってわれわれはもっと面白いことができるからである。便利になって浮いた時間で、ひたすら好きなことをしよう。単純作業は捨てて自分にしかできないことを徹底的に...
0

あり金は全部使え 著者 堀江貴文

あり金は全部使え著者 堀江貴文新たな知識を求めてこの本と出逢う。貯める馬鹿ほど貧しくなる。なんて過激な言葉だと思う。しかしそれが堀江さんらしい生き方ではないかと考える。逆に考えると、お金を使うほどチャンスが増えると言うことである。これは、前向きなポジティブな考え方ではないかと思う。考え方を変えようと言う本になる。今生きてる人生が楽しければ考え方を変える必要は無い、楽しく生きるためにどのような考え方...
0

疑う力 著者 堀江貴文

疑う力著者 堀江貴文新たな知識を求めてこの本と出逢う。「常識」の99%嘘だ、すごい見出しである、堀江氏。とにかく常識を疑う勇気を持つこと、そして嘘を嘘と見破る力を養う事を推奨している。正直に物事を語る、これが九州男児かもしれない。アマゾンが構築した物流システムはもはやインフラそのものだと書かれている。今のままでは課税制度では日本が国際競争に勝てないだからこそ変化が必要です。財務官僚は既得権益を独占続け...
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

カテゴリ

フリーエリア